Pocket

今回は、福島牝馬ステークス2018無料予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

ヴィクトリアマイルのステップレースの

ひとつである福島牝馬ステークス。

舞台となる福島芝1800mは

最後の直線こそ約290mと短いものの、

都合3回の上りをクリアせねばならず、

イメージ以上にスタミナ

を要するコースである。

牝馬限定のローカルG3らしく

波乱傾向はかなり強く、

好走候補を

絞り込みづらいレースとなっている。

今年はどの馬が

福島牝馬ステークスを制するのか

ここでは、過去データ(10年分)から

馬券のポイントを

探っていきたいと思います。

 

まずは予想オッズから見ていきます。

【福島牝馬ステークス2018】予想オッズ

1番人気カワキタエンカ           2.3
2番人気トーセンビクトリー     3.7
3番人気デンコウアンジュ        6.4
4番人気レイホーロマンス        6.7
5番人気ゲッカコウ               11.9
6番人気エンジェルフェイス   14.3
7番人気キンショーユキヒメ   20.0
8番人気ブラックオニキス      21.3
9番人気ワンブレスアウェイ   26.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【福島牝馬ステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気   【2.1.2.5】
2番人気   【0.1.1.8】
3番人気   【3.1.2.4】
4番人気   【0.4.0.6】
5番人気   【2.1.0.7】
6番人気   【0.0.0.10】
7番人気   【1.0.0.9】
8番人気   【0.0.0.10】
9番人気   【1.1.0.8】
10番人気 【0.0.1.9】
11番人気 【0.1.0.9】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【0.0.3.7】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【1.0.0.9】
16番人気 【0.0.1.8】

人気別成績を見ると、

1~3番人気の複勝率が

いずれも40%を割り込んでいるように

信頼度は並以下。

対照的に5番人気は

勝率、連対率、複勝率のすべてが

1~3番人気と遜色ないうえに、

単勝・複勝回収率は100%超の

高水準を誇る。

さらに6~9番人気も単勝回収率100%超という、

素晴らしい成績を残している。

10番人気以下についても

複勝回収率は100%超のハイアベレージ。

人気薄を積極的に買うべきレース

あることは間違いない。

 

【枠順別】

1枠 【2.2.1.14】
2枠 【1.0.1.18】
3枠 【3.1.3.13】
4枠 【4.2.0..14】
5枠 【0.0.3.17】
6枠 【0.3.0.17】
7枠 【0.0.2.18】
8枠 【0.2.0.18】

このレースのデータで

最も注目したいのが、

枠順(馬番)別成績だ。

なぜなら、1~4枠の勝率と回収率が

突出して高いからである。

単純に1桁馬番と2桁馬番の

2008年以降(新潟開催除く)の成績を比較しても、

1~9番が9勝を含む13連対であるのに対し、

10~16番は未勝利、2着5回と大きく見劣る。

10番以降の馬番に入ると、

実力馬でも相当厳しい戦いに

なると考えたほうがいい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.2.9】
先行馬 【4.3.4.25】
差し馬 【4.4.2.58】
追込馬 【1.3.2.37】

<上がり3F>

1位   【1.3.1.6】
2位   【2.1.1.7】
3位   【2.2.1.5】
~5位【4.2.3.21】
6位~【1.2.4.90】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.1.6】
2番手以内   【3.2.4.17】
3番手以内   【3.3.5.24】
4番手以内   【5.3.6.34】
5番手以内   【6.3.6.41】
7番手以内   【7.7.7.67】
10番手以内 【9.8.7.92】

2番手以下   【8.9.9.123】
3番手以下   【7.8.6.112】
4番手以下   【7.7.5.105】
5番手以下   【5.7.4.95】
7番手以下   【4.6.4.80】
10番手以下 【2.3.3.52】
13番手以下 【0.0.1.23】
16番手以下 【0.0.1.4】

脚質別成績が逃げ、先行優勢となるのは、

小回りのコース形態からも当然の話。

差し馬の好走もそれなりに

見られるのだが、

2008年以降、4角11番手以下で

通過して勝利した馬は、

2017年のウキヨノカゼ1頭のみ。

マクリを打てる馬ならともかく、

後方一手のタイプには

厳しいコースだ。

軸馬には必ず、

中団よりも前の

ポジションが取れる馬が良い。

 

【世代別】

4歳 【3.5.3.65】
5歳 【5.5.3.40】
6歳 【1.0.3.15】
7歳 【1.0.1.9】

世代別では、5歳馬が

圧倒的に良い成績で次いで

4歳勢が良い成績を残している。

 

【斤量別】

54.0㎏ 【10.6.5.83】
56.0㎏ 【0.3.0.5】
53.0㎏ 【0.1.3.25】
58.0㎏ 【0.0.1.1】
55.0㎏ 【0.0.1.15】

 

【前走別】

<レース別>

中山牝馬S組 【8.7.4.50】
愛知杯組       【2.0.0.5】
四国新聞杯組 【0.1.0.0】
福島民報杯組 【0.1.0.0】
初音S組       【0.1.0.2】

<距離別>

1800m組 【8.8.4.68】
2000m組 【2.2.2.15】
1600m組 【0.0.3.27】
2200m組 【0.0.1.1】
2400m組 【0.0.0.1】

◆同距離【9.8.4.68】
◆延長   【0.0.3.41】
◆短縮   【1.2.3.20】

<間隔別>

中5週組         【7.6.4.51】
中10週以上組 【2.1.3.25】
中2週組         【1.1.0.11】
中3週組         【0.1.1.4】
中1週組         【0.1.0.17】

前走で中山牝馬ステークス

出走していた馬は

間違いなく買いと言える。

2008年以降の3着以内馬

30頭中20頭を占め、

勝ち馬のうち9頭までが、

この組であるのも強調材料。

同組すべての連対馬に共通する

9着以内かつ着差0.5秒以内

クリアしていれば、

人気薄でも決して侮れない

 

【福島牝馬ステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

今回は、福島牝馬ステークス2018

過去データ(10年分)の傾向・分析

しました。

現時点で注目している穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は、後手に回ったのがひびいた。

外を回らされたことを考えれば

悲観する必要はない。

福島での勝ちもあり

スタートさえ決めれば

いい勝負になる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク