Pocket

今回は、福島牝馬ステークス2018の無料予想と

有力馬の分析、コース紹介(福島芝1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

ヴィクトリアマイルのステップレースの

ひとつである福島牝馬ステークス。

舞台となる福島芝1800mは

最後の直線こそ約290mと短いものの、

都合3回の上りをクリアせねばならず、

イメージ以上にスタミナ

を要するコースである。

牝馬限定のローカルG3らしく

波乱傾向はかなり強く、

好走候補を

絞り込みづらいレースとなっている。

今年はどの馬が

福島牝馬ステークスを制するのか

有力馬の分析無料予想

書いていきます。

 

 

まずは、枠順・オッズから見ていきます。

【福島牝馬ステークス2018】枠順

1枠1番サルサディオーネ
2枠2番ベアインマインド
3枠3番レイホーロマンス
4枠4番カワキタエンカ
5枠5番トーセンビクトリー
5枠6番ゲッカコウ
6枠7番キンショーユキヒメ
6枠8番ノットフォーマル
7枠9番ブラックオニキス
7枠10番ロッカフラベイビー
8枠11番ワンブレスアウェイ
8枠12番デンコウアンジュ

 

【福島牝馬ステークス2018】オッズ

1番人気カワキタエンカ         3.3
2番人気トーセンビクトリー   4.0
3番人気レイホーロマンス      6.3
4番人気デンコウアンジュ      7.7
5番人気ゲッカコウ               8.1
6番人気キンショーユキヒメ  11.5
7番人気ワンブレスアウェイ  13.2
8番人気ブラックオニキス     16.0
9番人気ベアインマインド     31.2

 

【福島牝馬ステークス20182018】コース紹介(福島芝1800m)

スタート地点は正面スタンド前より少し右。

スタート後、若干の勾配を上り、

最初の1コーナーまでの距離は

約305m(Aコース時)。

1~2コーナーはほぼ平坦。

向正面直線に入ると、

間もなく緩い上り坂がある。

3~4コーナーはスパイラルカーブ。

コース全体の高低差は1.8m。

残り400m付近から下り坂。

さらに最後の直線の残り約150mから

再び上るというコース形態。

最後の直線距離はAコース時が292m、

Bコース時が297.5m、Cコース時が299.7m。

前半、中盤、後半の3ハロンの水準ラップは

それぞれ35秒台半ばから後半になる。

実際にはレースによってペースの緩急がつくが、

概ね平均ペースのイメージでとらえてよい。

全体的にはローカルのセオリー通り、

逃げ~先行馬の連対率が25%前後で最も高い。

回収率も優秀。

人気がない馬でも粘り込むことがある。

Cコース→Aコース→Bコースの順に

逃げ馬の成績がよい。

枠順は内枠が若干有利で、

特に逃げ~先行馬が内枠を引いたら

大きなアドバンテージになる。

好走脚質→逃げ(勝率:14.0%)(複勝率:37.2%)

 

【福島牝馬ステークス20182018】有力馬分析

<カワキタエンカ>

外枠から先行した桜花賞で

一流のスピードを示し、

秋にはローズS2着、秋華賞5着の好成績。

4カ月ぶりの洛陽Sが思わぬ大敗。

牝馬らしくデリケートな面を残しているが、

攻めを工夫した中山牝馬Sでは

落ち着きを取り戻し、

楽な逃げ切り勝ちだった。

当時はハンデ戦。

重い斤量を背負っていた馬との

差が詰まることになるが、

小回り福島ならスピードの違いを発揮

前走時同様、テンションを

上げ過ぎない様に調整され、

小回りなら逃げ切りを

 

<トーセンビクトリー>

昨年の中山牝馬Sを勝ち、

今年は4着止まりだったが、

勝ち馬とは3キロの斤量差があった。

早目のレースを強いられた分、

末脚の切れに影響したか。

前年の中山牝馬Sの勝ち馬で、

有馬記念では凡走したが、

アメリカJCC5着と

牡馬一線級相手に健闘した。

その前走から斤量が

2キロ軽くなった。

先着を許した2頭が

増量されていることを

思えば大いに有利。

クイーンS2着もあり、

牝馬限定重賞では

明らかに上位の存在。

見直しを

 

<デンコウアンジュ>

中山牝馬S組以外では

デンコウアンジュが注目できる。

昨年当レースでは意表をつく、まくりを

見せて4着。

あれで目覚めたようで、

次走のVマイル2着につなげた。

安定感に欠ける点は否めないに

しても前々走の東京新聞杯は4着だし、

牝馬同士なら軽く扱えない。

展開不向きだった阪神牝馬Sから

一変して驚けない。

昨年当レースでは4着だったが、

3角2番手の機動力を見せており、

脚の使いどころひとつで

上位争い十分。

 

<ワンブレスアウェイ>

中山牝馬Sでは

勝ち馬が逃げ切った流れで

出遅れが応えた。

着順こそ11着だが、

3着レイホーロマンスとは0秒3差だし、

着順から受ける印象ほど

崩れたわけではない。

昨夏、阿武隈Sを勝ったように

小回り自体に問題はなく、

スタートさえ決まれば巻き返し。

 

<レイホーロマンス>

愛知杯2着に続き、中山牝馬Sでは3着。

牝馬重賞で安定して

勝ち負けするだけの力をつけた。

馬体減が気になったが、

レース最速の上がりをマーク。

ハンデ戦だった前2走と違い、

斤量が重くなる点が問題だが、

愛知杯2着に続いての好走だし、

力をつけていることは間違いがない。

近走の安定感なら引き続き上位争いに。

 

<ブラックオニキス>

中山牝馬S5着。

イレ込みが目についた

愛知杯からの変わり身が大きかった。

3着とは

アタマ、クビ差。

今後へメドを立てた

秋華賞でも6着健闘。

重賞で勝ち負けできる力を秘めている。

1キロ斤量は重くなったが、

4歳の上昇度を見込めば。

 

 

<ゲッカコウ>

本来の位置でレースを

運ぶことができた中山牝馬Sでは

6着とマズマズの結果。

本来の位置でレースを

運べたことで粘りを増した。

福島2勝のコース実績があり、

前走同様に流れに乗れば

更に頑張りを増すはず。

 

【福島牝馬ステークス2018】無料予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ040801
好位0609
中位一団
後方0310

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇04カワキタエンカ
▲06ゲッカコウ
☆07キンショーユキヒメ
穴11ワンブレスアウェイ
△0305
×0212

◎の軸馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

福島のこの距離も合うイメージ。

ハマるかハマらないかだが、

力はあるしロスなく

運んでうまく脚を温存できれば。

<参考買い目>

三連複

一頭軸流し

◎-〇▲☆穴△

フォーメーション

◎-〇▲☆穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク