Pocket

今回は、福島牝馬ステークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

ヴィクトリアマイルのステップレースの

ひとつである福島牝馬ステークス。

舞台となる福島芝1800mは

最後の直線こそ約290mと短いものの、

都合3回の上りをクリアせねばならず、

イメージ以上にスタミナ

を要するコースである。

牝馬限定のローカルG3らしく

波乱傾向はかなり強く、

好走候補を

絞り込みづらいレースとなっている。

今年はどの馬が

福島牝馬ステークスを制するのか

出走馬の調教・最終追い切りから

勝ち馬を分析したいと

思います。

 

【福島牝馬ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価

<サルサディオーネ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.7 37.4 24.8 12.6

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 44.6 28.9 14.3

4/17 栗坂良 馬なり
→1回 43.4 27.7 13.5

4/18 栗P良 馬なり
→81.0 64.1 49.8 36.8 11.9 ⑧

【調教評価】

前進気勢にあふれて

軽快さが際立つ内容。

馬体の張りも良く、

出来自体はいい。

 

<ベアインマインド>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 56.9 41.5 27.4 13.6

4/8 南坂良 馬なり
→2回 59.6 44.2 29.5 14.6

4/11 南W良 強 目
→84.9 69.6 54.3 39.6 13.4 ⑥
ノヴァの内0.3秒追走同入

4/18 南W重 馬なり
→54.2 39.1 13.2 ⑤
ノヴァの外0.2秒先行0.4秒先着

【調教評価】

追われる相手に

合わせる余裕の走り。

鋭いフットワークからも、

態勢は万全。

 

<レイホーロマンス>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 40.3 25.9 12.9

4/11 栗CW良 一 杯
→82.2 65.0 49.9 36.4 11.8 ⑤

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 58.6 42.8 27.9 13.5

4/18 栗坂不 馬なり
→1回 55.0 39.7 25.8 12.4

【調教評価】

全体時計はそう目立たないが、

抜群の脚捌きで

ゴール前の伸びは素晴らしかった

1週前はコースでも好稽古を披露

先週ビシッと追っており、

直前は軽めで十分。

ひ弱さが解消し気配は前走以上

文句ないデキ

 

<カワキタエンカ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.4 41.7 27.2 13.1

4/5 栗坂良 馬なり
→1回 58.6 42.8 28.1 13.4

4/11 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 42.1 27.2 12.6

4/18 栗坂不 馬なり
→1回 57.8 42.1 27.0 12.8

【調教評価】

軽め中心の調整は

勝った前回と同様。

道中は頭を上げて

少し行きたがる面があったが、

ゴール前の伸びはなかなかシャープ。

そんなに速い時計は

出していないが、

気性的にソフトな仕上げが合うタイプ。

落ち着きがあって気配は引き続き上々。

 

<トーセンビクトリー>

(前回) 栗CW良 叩一杯
→67.2 51.6 37.0 11.8 ⑥

4/11 栗CW良 馬なり
→70.1 54.1 39.1 12.0 ⑦
サトノワルキューレの内0.5秒追走クビ遅れ

4/15 栗坂不 一 杯
→1回 52.1 37.8 24.9 12.6
エルビッシュを0.9秒追走0.2秒遅れ

4/18 栗坂不 一 杯
→1回 53.0 38.0 24.9 12.8

【調教評価】

行きっぷりひと息。

走りやすい朝一番の

馬場にしては、鋭さを欠いた。

上昇味に乏しい。

 

<ゲッカコウ>

(前回) 南W良 馬なり
→69.5 54.6 40.6 13.4 ⑥

4/11 南W良 強 目
→67.4 52.6 37.9 12.7 ③

4/15 南W稍 馬なり
→54.6 40.1 12.9 ③

4/18 南W重 馬なり
→69.4 54.1 39.6 12.9 ⑦

【調教評価】

行きたがる面を見せるなど、

力みが目立つ。

乗ってはいるが、良化はひと息。

 

<キンショーユキヒメ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.4 65.8 51.4 38.4 12.1 ⑦

4/5 栗CW良 馬なり
→83.8 67.2 51.9 38.3 12.8 ⑦

4/11 栗CW良 一 杯
→81.0 64.6 49.9 36.5 11.8 ⑧

4/18 栗CW不 一 杯
→82.3 65.9 51.0 37.3 12.0 ⑥

【調教評価】

重たい馬場にも苦戦することなく

パワフルな走り。

さらに出来は上がってきた。

 

<ノットフォーマル>

(前回) 南W良 一 杯
→67.1 52.4 38.3 12.9 ⑤

4/11 南W良 馬なり
→84.3 68.9 54.3 40.4 13.3 ⑧

4/14 南W良 馬なり
→55.6 41.4 13.3 ⑨

4/18 南P良 馬なり
→54.5 39.8 12.3 ⑤

【調教評価】

このところ攻めを控える変化。

テンションが治まり馬体も回復。

雰囲気はOK。

 

<ブラックオニキス>

(前回) 南W良 直一杯
→66.9 52.9 39.0 13.0 ⑤

4/4 南W良 不 明
キリ

4/11 南W良 一 杯
→83.4 67.7 52.4 38.9 13.0 ⑨

4/18 南W重 末強目
→84.6 68.4 53.4 38.6 12.6 ③
パムッカレの外0.5秒先行0.4秒先着

【調教評価】

ケイコは動くとはいえ、

最後は突き放す切れのある伸び脚。

出来は悪くない。

 

<ロッカフラベイビー>

(前回) 南W良 馬なり
→68.6 53.6 39.6 13.2 ⑧

4/11 南W良 馬なり
→69.1 52.9 39.0 13.1 ⑧
サンティールの外0.6秒先行同入

4/15 南W稍 馬なり
→53.6 39.5 13.1 ⑥

4/18 南W重 馬なり
→69.9 54.0 39.4 13.5 ⑧
ウインソリティアの内0.4秒追走同入

【調教評価】

入念な乗り込みを消化して、

直前は相手を圧倒してみせた。

態勢は整っている。

 

<ワンブレスアウェイ>

(前回) 南W良 馬なり
→67.7 52.5 38.5 12.9 ⑥

4/13 南坂良 馬なり
→1回 59.8 43.9 29.3 14.9

4/15 南W稍 馬なり
→67.1 51.7 37.8 12.7 ⑦

4/18 南W重 馬なり
→68.1 52.5 38.2 12.9 ⑧

【調教評価】

馬場の大外を回しながらも、

手応え、勢いは衰えず。

舌を出していたが、

スピード感に溢れる動きは

好調時と変わりはなかった。

馬体の張りも良く、

デキは高いレベルで安定している。

 

<デンコウアンジュ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 53.8 39.2 25.3 12.5

4/11 栗プール 2 周

4/18 栗坂不 馬なり
→1回 54.6 39.5 25.7

【調教評価】

間隔は詰まるが、

さばきに硬さもなく素軽い動き。

馬体減りもなく好ムード。

少し硬い感じもしたが、

キビキビとした動きではあった。

中1週でも疲れはなさそう。

 

【福島牝馬ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価

今回は、福島牝馬ステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り評価を

しました。

この中でも調教・最終追い切り

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

確実に力をつけていることは

間違いがない。

別定戦でも今の充実ぶりなら

いい勝負をできる能力はある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク