Pocket

 

神戸新聞杯2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

ダービー馬レイデオロが出走してきます。

当然の1番人気で支持を集めていますが、あくまでもここは叩き台

今回ならレイデオロを逆転できる馬もいるはず。

ダービー2着、3着馬はいないが逆転候補を探していきたいと思います。

 

神戸新聞杯2017予想と過去データ、枠順

まずは現時点のオッズから

<人気>                 <単勝オッズ>
1番人気 レイデオロ       2.1
2番人気 キセキ           3.5
3番人気 サトノアーサー     5.8
4番人気 ダンビュライト     11.9
5番人気 マイスタイル      17.5
6番人気 カデナ         18.0
7番人気 ベストアプローチ    18.7
8番人気 アドマイヤウイナー 44.2
9番人気 アダムバローズ     80.6

 

一桁人気の馬はこんな感じのオッズになっています。

 

神戸新聞杯が行われる舞台は、阪神芝2400m(外)。

このコースの紹介と傾向から!

阪神芝2400m(外)

スタート地点は芝2000mと同じ、正面スタンド前直線右寄りのところ。

そこから外回りコースを使用して、グルリと一周回る。最後の直線距離は、

476.3m(Bコース)。直線半ばまで下りが続き、残り200m付近でゴール前の急坂。

約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。

基本はスローの瞬発力勝負で、とにかく速い上りが求められ、

神戸新聞杯では34秒前後の決め手が必須

 

好走枠→内枠 (勝率:9.1%) (複勝率:26.1%)

好走脚質→逃げ (勝率:15.9%)(複勝率:30.2%)

 

◇有力馬の枠の配置はこのようになっています

5枠8番 レイデオロ

4枠5番 キセキ

2枠2番 サトノアーサー

 

【神戸新聞杯過去10年のデータ】

【枠順別】

1枠 【1.0.2.10】
2枠 【0.0.1.16】
3枠 【2.1.0.15】
4枠 【1.1.0.16】
5枠 【2.3.2.13】
6枠 【1.1.2.15】
7枠 【0.2.2.18】
8枠 【3.2.1.16】

5枠(勝率:10.0%)(連対率:25.0%)(複勝率:35.0%)
8枠(勝率:13.6%)(連対率:22.7%)(複勝率:27.3%)

この2枠が良い成績をのこしている。

それでもそこまで大差がないのも事実なのでやはり、レース運び、

位置取りも重要になってくるだろう!

 

【人気別】

1番人気 【6.2.0.2.】
2番人気 【1.1.4.4】
3番人気 【2.2.1.5】
4番人気 【0.0.1.9】
5番人気 【0.1.2.7】

 

1番人気 (勝率:60.0%)(連対率:80.0%)(複勝率:80.0%)

1番人気の成績が圧倒的に良いのがわかる。

人気馬の信頼度が極めて高いレースになっている。

二桁人気馬が馬券に絡んだのはゼロ

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.1.8】
先行馬 【2.1.2.30】
差し馬 【6.6.4.41】
追込馬 【1.2.3.49】

脚質は問われないコース。

 

2017神戸新聞杯まとめ

 

レイデオロは馬券的に軽視できないので重視していく。

できる限り点数は絞って的中させていきたいと思います。

レイデオロの取りこぼしも普通にあると見ている。

逆転候補と考えている馬は

この馬人気ブログランキングへ

枠もベストですし、急坂のあるコースもベストだと思う。

神戸新聞杯の過去データからもこの枠が一番勝率もいいです。

位置取りは重要になってきますが、マイペースで上手くレース運びができれば、

この馬でも逆転は可能と見た。

穴狙いではあるが、有力馬と違って休み明けでないのも良い要素だろう。

★予想はここに24日昼過ぎに更新致します★

予想

◎ →人気ブログランキングへ
〇 8.レイデオロ
▲ 2.サトノアーサー
☆ 3.ダンビュライト
△ 4.ベストアプローチ
△ 9.マイスタイル (穴)
△ 11.カデナ
△ 5.キセキ

 

【買い目】

馬連 ◎-〇▲☆4 (◎-〇少し厚めに)

三連複 ◎-▲☆4.9ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク