Pocket

今回は、目黒記念2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京競馬場・芝2500mで

行われる目黒記念ですが、

日本ダービーの終わりに

開催される名物レース。

同日開催のダービーとは

わずか100mの距離差だが、

流れが異なるために

波乱が起こりやすくなっている。

注目は昨年の勝ち馬フェイムゲーム。

全7勝中5勝が東京コースのレースで、

目黒記念以外にも

同距離のアルゼンチン共和国杯、

3400メートルのダイヤモンドS3勝と、

長い距離の重賞で

無類の強さを発揮している。

2018年目黒記念、

フェイムゲームの連覇はあるのか?

ここでは、過去データ10年を分析し

勝ち馬を探っていきたいと思います

 

【目黒記念2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【1.5.1.3】
2番人気   【0.1.1.8】
3番人気   【2.0.1.7】
4番人気   【1.1.1.7】
5番人気   【1.0.0.9】
6番人気   【0.0.2.8】
7番人気   【1.1.1.7】
8番人気   【3.0.1.6】
9番人気   【0.1.0.9】
10番人気 【0.0.0.10】
11番人気 【1.0.0.9】
12番人気 【0.1.0.9】
13番人気 【0.0.1.8】
14番人気 【0.0.0.9】
15番人気 【0.0.0.9】
16番人気 【0.0.0.9】
17番人気 【0.0.1.7】
18番人気 【0.0.0.7】

1番人気は2008年以降

1勝、2着5回、3着1回。

軸としては及第点ながらも、

取りこぼしが目立つ。

勝ち馬の人気は

3、8、5、7、1、4、8、11、3、8と

バラついており、

単勝オッズ帯では4.0~4.9倍が2勝、

15.0~19.9倍が4勝となっている。

これに対し、4.0倍未満と30.0倍以上は

未勝利である。

狙いどころが絞りにくいレースだが、

1~5番人気なら天皇賞組と、

3勝、2着3回、3着2回の前走2400m戦出走馬、

7~8番人気では4勝を挙げている。

 

【枠順別】

1枠 【1.2.3.13】
2枠 【2.0.1.16】
3枠 【1.2.0.16】
4枠 【1.0.1.17】
5枠 【0.2.2.16】
6枠 【1.1.2.15】
7枠 【3.0.0.25】
8枠 【1.3.1.23】

スタートから1コーナーまで500m近くあり、

テンのペースも落ち着くとあって、

枠による有利不利はない。

ただし、馬番1番枠が

2015年11番人気の

ヒットザターゲットが勝利するなど、

2008年以降で1勝、3着3回と

まずまず頑張っているのに対し、

大外馬は1勝のみ。

その1勝も12頭立てで行われた

2010年に記録されたものなので、

多頭数の年の大外馬は割り引いて考えたい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.0.9】
先行馬 【3.3.4.29】
差し馬 【6.6.4.57】
追込馬 【0.0.2.46】

<上がり3F>

1位   【4.0.0.6】
2位   【2.3.4.7】
3位   【1.2.0.3】
~5位【1.1.2.19】
6位~【2.4.4.106】

<4角位置別>

4角1番手    【1.1.0.8】
2番手以内   【3.1.1.18】
3番手以内   【3.3.3.28】
4番手以内   【4.4.4.38】
5番手以内   【4.4.4.44】
7番手以内   【5.8.6.58】
10番手以内 【9.10.7.81】

2番手以下   【9.9.10.133】
3番手以下   【7.9.9.123】
4番手以下   【7.7.7.113】
5番手以下   【6.6.6.103】
7番手以下   【6.4.6.91】
10番手以下 【4.1.3.66】
13番手以下 【0.0.2.44】
16番手以下 【0.0.0.19】

瞬発力勝負の東京芝戦だけに、

2008年以降では

上がり3F最速馬が4勝、

2位馬が2勝、2着3回、4着4回と良績を誇る。

ただし、2500m戦はスタート後が

急坂で前半のペースが落ち着きやすく、

またその急坂を2度上るとあって

末脚一辺倒のタイプは

取りこぼすケースが多い。

4角4番手以内の馬が

活躍傾向にあるのに対し、

4角12番手以下は総じて不振。

2010年の1番人気トップカミング(4角12番手)や

2014年の2番人気アウォーディー(4角13番手)が

出走馬最速の上がり3Fタイムをマークするも、

順に9着、4着に敗れている。

 

【斤量別】

54.0㎏【3.0.2.32】
56.0㎏【2.3.1.30】
57.0㎏【2.2.1.10】
55.0㎏【1.2.2.23】
58.0㎏【1.1.1.5】

前走と同斤量馬、

また2、3着がそれぞれ1回ある

前走から3キロ以上斤量が

減った馬に注目できる。

 

【年齢別】

4歳【3.2.4.25】
5歳【2.7.2.30】
6歳【2.1.1.33】
7歳【2.0.2.28】
8歳【1.0.1.15】
9歳【0.0.0.8】

年齢別では7歳以上の

ベテラン勢に妙味があり、

2015年以降だけを見ても

2勝、3着3回と好調だ。

なお、舞台となる東京芝2500mは

直線の急坂にゲートが置かれるため

前半のペースが落ち着きやすい。

 

【前走別】

<レース別>

メトロポリタ組 【2.2.3.34】
天皇賞(春)組 【2.2.1.20】
大一ハンC組    【2.1.1.6】
新潟大賞典組    【2.0.1.13】
ダイヤモンド組 【1.0.1.0】

<距離別>

2400m組 【5.3.4.53】
2000m組 【2.3.1.26】
3200m組 【2.2.1.21】
3400m組 【1.0.1.0】
2500m組 【0.1.3.9】

◆同距離【0.1.3.9】
◆延長   【7.7.5.103】
◆短縮   【3.2.2.29】

<間隔別>

中3週組         【2.3.1.23】
中4週組         【2.2.2.35】
中6週組         【2.2.1.8】
中2週組         【2.1.2.30】
中10週以上組 【1.1.3.19】

天皇賞からの転戦馬は、

2008年以降2勝、2着1回、3着1回と好相性だが、

2009年2着ジャガーメイル(ハンデ57キロ)を

除き好走馬は今走でのハンデが56キロ以下。

57.5キロを背負った

2013年1番人気アドマイヤラクティは

10着に敗れている。

別路線では2勝、2着2回、3着3回の

メトロポリタンステークス組が狙い目。

 

 

【目黒記念2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、目黒記念2018

データ分析・過去10年の傾向まとめを

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

ここ2週の動きは上々。

仕上がりは悪くない。

東京の2500メートルは

合うはずだし、

好レースを期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク