Pocket

今回は皐月賞2018G3予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

先週の桜花賞に続き、

今度は中山でクラシック第2弾の

皐月賞が行われる。

4戦4勝で断然の主役とみられていた

ダノンプレミアムが回避し、

一転して混戦ムードが漂うが、

馬券的には興味深くなった。

また、1~5着馬にはダービーの

優先出走権が与えられる。

その意味でも、目が離せない一戦だ。

小回りかつゴール前に急坂がある

トリッキーな中山コースで

勝利の凱歌をあげるのはどの馬か?

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りを評価し

勝ち馬のポイントを

探っていきたいと思います。

 

【皐月賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<タイムフライヤー>

(前回) 栗坂良 末強目
→2回 52.5 38.5 25.4 12.7

4/5 栗CW良 一 杯
→82.1 66.5 51.1 37.3 12.6 ⑦
シンギュラリティの内を0.8秒追走3F併クビ遅れ

4/8 栗坂重 馬なり
→2回 57.6 40.7 25.6 12.3
シンギュラリティに0.2秒先着

4/11 栗CW良 末一杯
→79.0 63.6 49.5 36.7 12.3 ⑥
ユラノトの内を0.4秒追走3F併アタマ先着

【調教評価】

道中のフットワークが力強いし、

追われてからの反応が今イチでも、

前走とは比較にならないほど

負荷がかかっている。

体つきにパワフル感が欲しいが、

攻め強化して時計は自己ベスト。

闘志を内に秘めた迫力のある走りで、

優秀な時計をマーク。

状態はアップ。

 

<ワグネリアン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.9 39.9 25.9 12.3

4/5 栗CW良 末強目
→87.1 71.0 54.3 39.3 11.4 ⑦
ジュンヴァルロの内0.9秒追走アタマ先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 55.3 40.7 26.9 13.5

4/11 栗CW良 馬なり
→86.1 69.2 53.8 40.0 13.0 ⑥

【調教評価】

今回は最終追い切りもコース。

先週からの調整過程を考えると、

少し軽い印象はあるが、

体はスカッとしているし、

若干力んだ程度で、

全体に落ち着きがある。

テンションを上げないよう入念な調整。

毛ヅヤもさえて体の張りは申し分ない。

コズミも許容範囲で、脚捌きに切れ。

 

<ジャンダルム>

(前回) 栗CW良 末強目
→69.7 52.9 38.8 11.5 ⑦

4/4 栗CW良 一 杯
→82.3 67.0 51.8 37.3 11.6 ⑧
カザンの外0.6秒追走0.5秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 56.3 40.8 26.5 12.9

4/11 栗CW良 末強目
→52.9 38.3 11.4 ⑦
サトノシャークの内0.6秒追走0.3秒先着

【調教評価】

軽く気合をつけると

一気に加速してはじけた。

追走してアッサリ先着。

回転力十分だし、

毛ヅヤが冴えてビジュアルがいい。

馬場が軽く上がり重点とはいえ

ラストは11秒4。

高い操作性も持ち味。

前走時もいい仕上がりだったが、

叩いて中身は更に充実してくるはず。

ハードに乗り込んで態勢は万全。

 

<スリーヘリオス>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 40.9 26.8 13.3

4/11 栗CW良 一 杯
→84.0 67.0 51.5 37.7 12.5 ⑤
オンワードマリーの内0.7秒追走アタマ遅れ

【調教評価】

追走したとはいえ、

格下にアオられて物足りない動き。

硬さがなく芝はこなせる

フットワークだが、

ここではパワー不足の印象。

 

<キタノコマンドール>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.6 68.7 52.5 38.1 11.7 ⑦

4/5 栗CW良 稍一杯
→84.5 68.4 53.3 39.7 11.8 ⑨
サトノゲイルの外0.9秒追走0.2秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 57.1 41.6 27.0 13.5

4/11 栗CW良 馬なり
→54.2 39.5 12.2 ⑦
スヴァルナの内0.4秒追走0.1秒遅れ

【調教評価】

先週までにしっかりと

負荷をかけ、

今週は感触を確かめる程度。

道中緩ペースでも

折り合いがスムーズで、

落ち着いていながら

行きっぷりがいい。

ゴールを過ぎてからも勢いが衰えず、

時計以上に負荷がかかっている。

左手前になるのが早く、

内にモタれる面も見せなかった。

仕上がり良好。

 

<アイトーン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.7 38.4 25.0 12.5

4/4 栗CW良 一 杯
→82.1 66.0 51.1 38.4 11.9 ⑧
ナムラタメゴローの外を0.5秒追走3F併0.4秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 60.3 44.8 30.1 15.0

4/11 栗坂良 強 目
→1回 54.2 39.8 25.7 12.5

【調教評価】

少しハミをかんでいるが、

一定のリズムで

安定した脚力を発揮。

四肢の柔軟性を保って

シャープな伸び脚。

目立つほどの動きでもないが、

順調に調整され、

一度使われた分の上積みは見込める。

 

<エポカドーロ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→67.7 52.1 38.2 12.2 ⑧

3/31 栗プール 2 周

4/5 栗CW良 馬なり
→88.2 71.6 54.8 40.7 13.0 ⑧
ファントムライトの内0.9秒追走同入

4/11 栗CW良 稍一杯
→85.8 69.0 53.5 39.4 11.6 ⑧
イダエンペラーの内0.6秒追走0.1秒先着

【調教評価】

残り1Fで仕掛けると

スッと加速して先着。

先に手が動いたし肩ムチが一発入り、

未勝利相手に手応えで見劣った。

ゴールを過ぎてからの勢いも負けて……。

しかし、ラストは11秒6だから

相手が動き過ぎた印象。

本格化は秋だろうが、

ハミ受けは大人に。

切れのある脚さばきで気配は良い。

 

<ケイティクレバー>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.5 67.1 52.9 39.4 12.1 ⑤

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 60.1 44.1 29.5 14.5

4/5 栗CW良 馬なり
→85.9 69.2 53.8 39.6 12.1 ⑦
ウォーターシャウトの内0.4秒追走0.5秒先着

4/11 栗CW良 馬なり
→85.5 68.5 53.1 38.6 11.7 ⑦
ウォーターシャウトの内1.3秒追走0.4秒先着

【調教評価】

控えることも想定しているようで

今週も前に馬を置く形。

道中スムーズに折り合い、

直線も軽快に駆け抜けて楽々と先着。

持ったまま加速してラストは

併走相手を突き放した。

馬体も大きく見せており、

気配は引き続き上々。

 

【皐月賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①まとめ

今回は、皐月賞2018

出走馬の調教・最終追い切り

評価しました。

そのなかでも良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

デビュー時はここまで

距離がもつイメージはなかった。

しかし、競馬するなかで

走れるようになり、

前走は道中もリラックスして

走れていた。

中山の2000メートルは3回目になるし、

ゆとりを持ったローテーションで

臨めるので期待したい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク