Pocket

今回は、皐月賞2018G1予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析、

予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

先週の桜花賞に続き、

今度は中山でクラシック第2弾の

皐月賞が行われる。

4戦4勝で断然の主役とみられていた

ダノンプレミアムが回避し、

一転して混戦ムードが漂うが、

馬券的には興味深くなった。

また、1~5着馬にはダービーの

優先出走権が与えられる。

その意味でも、目が離せない一戦だ。

小回りかつゴール前に急坂がある

トリッキーな中山コースで

勝利の凱歌をあげるのはどの馬か?

ここでは、過去データ(10年分)の傾向を分析し

勝ち馬のポイントを

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【皐月賞2018】予想オッズ

1番人気ワグネリアン           3.0
2番人気ステルヴィオ           3.2
3番人気キタノコマンドール  6.8
4番人気オウケンムーン        7.4
5番人気ジャンダルム           8.7
6番人気タイムフライヤー    13.2
7番人気エポカドーロ          15.7
8番人気ジェネラーウーノ    19.7
9番人気グレイル                39.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【皐月賞2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気   【2.2.2.4】
2番人気   【1.3.0.6】
3番人気   【2.1.2.5】
4番人気   【2.1.2.5】
5番人気   【0.0.0.10】
6番人気   【0.2.0.8】
7番人気   【1.0.0.9】
8番人気   【1.1.2.6】
9番人気   【1.0.0.9】
10番人気 【0.0.0.10】
11番人気 【0.0.1.9】
12番人気 【0.0.1.9】

いずれの券種も高めの水準。

9番人気→4番人気→12番人気で

決着した2017年を筆頭格に、

荒れ模様の強い一戦となっている。

人気別で検証すると、

2008年以降の1番人気の成績は【2.2.2.4】。

悪くはないが、信用するには

少し足りない印象。

一方で、2~4番人気は【5.5.4.16】という上々の成績。

1番人気の「足らず」を補って

あまりある活躍を見せている。

また、人気サイドが強い半面、

中穴である6~9番人気の好走が

多いのも皐月賞の大きな特徴だ。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.1.16】
2枠 【1.3.0.16】
3枠 【1.1.1.17】
4枠 【1.1.1.17】
5枠 【0.1.2.17】
6枠 【2.0.3.15】
7枠 【2.1.1.25】
8枠 【2.2.1.24】

「内枠有利」と言われることが多い

中山芝の多頭数。

しかし、枠順別成績を検証すると、

内・中・外の差はほとんどなし。

どの枠も複勝率はおおむね横並びで、

勝率と連対率も五十歩百歩の状況だ。

全ての枠が

2回以上馬券絡みがあって、

6~8枠が2勝ずつ。

6枠に3着が3回あって複勝率が高いが、

7枠、8枠は該当馬が多いこともあって、

アベレージに大きな差はない。

内枠を優先すべき理由はなきに等しい。

メディアやファンのイメージとは異なり、

枠順の有利不利はほとんどない

極めてフラットなレース。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.1.11】
先行馬 【1.3.3.27】
差し馬 【8.4.6.65】
追込馬 【0.3.1.44】

<上がり3F>

1位   【3.3.0.4】
2位   【2.3.0.7】
3位   【3.1.3.3】
~5位【1.2.2.17】
6位~【1.1.5.116】

<4角位置別>

4角1番手    【1.0.1.8】
2番手以内   【1.0.2.17】
3番手以内   【1.3.3.31】
4番手以内   【2.3.4.36】
5番手以内   【4.4.7.52】
7番手以内   【6.4.8.59】
10番手以内 【9.6.8.85】

2番手以下   【9.10.9.139】
3番手以下   【9.10.8.130】
4番手以下   【9.7.7.116】
5番手以下   【8.7.6.111】
7番手以下   【5.6.2.92】
10番手以下 【2.4.2.67】
13番手以下 【0.3.1.44】
16番手以下 【0.1.0.17】

脚質については、

先行勢と中団待機組がほぼ互角の成績。

一方、追い込み勢の信頼度はかなり低い。

4角13番手以下から勝利した馬は皆無。

4コーナー地点で最も後ろの

位置取りだった

2016年の優勝馬ディーマジェスティは

4コーナー10番手。

同馬は3コーナー手前あたりから

徐々に進出し、直線手前では

完全に先行勢を射程圏内にとらえていた。

また、道中は最後方に位置していた

2012年の優勝馬ゴールドシップにしても、

4コーナーでは6番手まで押し上げている。

つまり、後方から直線一気を決めるのは至難の業で、

2~3着に食い込むのが精一杯。

勝負どころでまくれる馬か、

中団より前目のポジションを

取れる馬から入ったほうが

ベターであるのは間違いない。

 

【前走別】

<レース別>

共同通信杯組    【4.0.1.5】
スプリングS組 【3.1.2.42】
報知杯弥生賞組 【2.5.4.33】
毎日杯組          【1.0.0.12】
若葉S組          【0.3.1.18】

<距離別>

1800m組 【8.1.4.72】
2000m組 【2.8.6.55】
1600m組 【0.1.0.8】
1400m組 【0.0.0.1】
2200m組 【0.0.0.11】

◆同距離【2.8.6.55】
◆延長   【8.2.4.81】
◆短縮   【0.0.0.11】

<間隔別>

中3週組 【3.4.3.61】
中8週組 【3.0.0.5】
中5週組 【2.4.4.31】
中7週組 【1.0.0.2】
中2週組 【1.0.0.14】

好走馬を最も送り出している

ステップは前走弥生賞組。

ただし、出走馬が多いローテでもあるので

好走率は低めになっている。

勝ち馬は2010年のヴィクトワールピサ(1番人気)を

最後に出ておらず、強調材料は少ない。

2、3着が多いだけに実力は

相手筆頭というのが妥当か。

 

それよりも注目すべきは

トライアルを経由しない別路線組だ。

とりわけ、2012年以降は共同通信杯毎日杯など、

前走で1800m以下を使われていた

馬に好走例が集中。

5勝含む6連対という、

圧巻のパフォーマンスを見せつけている。

以前まで共同通信杯と皐月賞は

相性が悪かったが、

2012年のゴールドシップが優勝して以来、

その傾向が激変。

2012年以降は5頭中4頭が優勝しており、

王道ローテとなっている。

基本的に共同通信杯優勝馬が狙い目だが、

2着から本番で優勝した馬もいるので、

連対馬は注目しておきたい。

 

同じ皐月賞トライアルのスプリングS組は、

ここ2年連続で馬券に絡んでいない。

ただ、過去10年で見ると、

成績はそれほど悪く、

前走2着以内かつ

前走1人気だった馬は注目しておこう。

 

意外な盲点となっているのが

若葉S組で勝鞍こそないが2着馬が3頭出ている。

「最も速い馬が勝つ」の格言通り、

相応のスピードを要求される

一戦であることは間違いない。

 

<前走着順>

前走1着     【8.4.5.50】
前走2着     【1.3.2.26】
前走6着     【0.1.2.19】
前走4着     【1.1.0.8】
前走5着     【0.0.0.5】
前走6~9着【0.0.2.23】
前走10着~【0.0.0.16】

過去10年、勝ち馬は前走4着以内で、

中でも前走1着は8勝と、

前走からの勢いは非常に重要。

前走5着以下からの

巻き返しは非常に困難で、

馬券絡みは3着馬が2頭。

09年セイウンワンダー、11年ダノンバラードともに

重賞を勝っていた。

 

【皐月賞2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆1番人気の成績は、悪くはないが、信用するには少し足りない印象。

◆中穴である6~9番人気の好走が多い。

◆枠順の有利不利はほとんどない。

◆先行勢と中団待機組がほぼ互角の成績。

◆追い込み勢の信頼度はかなり低い。

◆好走馬を最も送り出しているステップは前走弥生賞組。

◆基本的に共同通信杯優勝馬が狙い目。

◆前走1着は8勝と、前走からの勢いは非常に重要。

今回は、皐月賞2018の過去データ(10年分)

傾向を分析しました。

その中で現時点で

気になっている穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

スプリングステークスでは後続に

3馬身半の差をつけての2着。

落ち着きがあるのが長所で

大舞台でも力を出し切れそう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク