Pocket

今回は、皐月賞2018G1予想と

出走馬の調教・一週前追い切りの評価②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

先週の桜花賞に続き、

今度は中山でクラシック第2弾の

皐月賞が行われる。

4戦4勝で断然の主役とみられていた

ダノンプレミアムが回避し、

一転して混戦ムードが漂うが、

馬券的には興味深くなった。

また、1~5着馬にはダービーの

優先出走権が与えられる。

その意味でも、目が離せない一戦だ。

小回りかつゴール前に急坂がある

トリッキーな中山コースで

勝利の凱歌をあげるのはどの馬か?

ここでは、出走馬の

調教・一週前追い切りの評価②をし

勝ち馬を導き出していきたいと思います。

 

 

【皐月賞2018】出走馬の調教・一週前追い切りの評価②

<ジャンダルム>

(前回) 栗CW良 末強目
→69.7 52.9 38.8 11.5 ⑦

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 41.5 27.0 13.3

4/4 栗CW良 一 杯
→82.3 67.0 51.8 37.3 11.6 ⑧
カザンの外を0.6秒追走0.5秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 56.3 40.8 26.5 12.9

【一週前追い切り評価】

(4日、栗東CW)

無駄肉のない研ぎ澄まされた好馬体

毎回稽古は動くが

とにかくキビキビした走りで、

相手に並ぶ間を与えなかった。

コーナーワークもスムーズ。

 

<ジュンヴァルロ>

(前回) 栗CW良 一 杯
→83.2 65.8 50.2 37.1 12.5 ⑨

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 58.4 43.4 29.0 14.4

4/5 栗CW良 末一杯
→88.0 71.6 54.7 39.6 11.4 ⑧
ワグネリアンの外を0.9秒先行アタマ遅れ

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 57.5 42.3 27.5 13.1

【一週前追い切り評価】

(5日、栗東CW)

ワグネリアンと併せたが、

道中はゆったり。

時計は遅くなったが、ラストは11秒4

加えてゴールを過ぎてから

目一杯追って負荷もかかっているし、

折り合いもスムーズ。

 

<ステルヴィオ>

(前回) 南W良 馬なり
→69.8 53.5 39.4 12.9 ③

3/30 南坂良 馬なり
→1回 61.4 44.9 29.6 14.4

4/4 南W良 馬なり
キリ 13.1
ゴールデンブレイヴの内同入

4/8 南坂良 馬なり
→1回 55.9 40.4 26.2 12.7

【一週前追い切り評価】

(4日、美浦南W)

道中はキリで見えなかったが、

直線は抑え切れないくらいの勢い。

バランスのいいフットワークで、

集中力も十分。

ひと叩きで更に上向いてきた。

 

<タイムフライヤー>

(前回) 栗坂良 末強目
→2回 52.5 38.5 25.4 12.7

4/5 栗CW良 一 杯
→82.1 66.5 51.1 37.3 12.6 ⑦
シンギュラリティの内を0.8秒追走3F併クビ遅れ

4/5 栗坂良 馬なり
→1回 69.1 48.7 31.1 14.2

4/8 栗坂重 馬なり
→2回 57.6 40.7 25.6 12.3
シンギュラリティに0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(5日、栗東CW)

ラストは相手に見劣ったし、

やや集中力を欠いたにしても、

馬場が軽いので

もう少し速い時計が出ても良かった。

馬体ももう少し成長が欲しい感じ。

 

<ダブルシャープ>

(前回) 栗CW良 直強目
→84.4 68.0 52.5 38.8 12.0 ⑧

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 60.1 43.8 28.7 14.3

4/4 栗CW良 叩一杯
→82.6 65.8 50.9 37.3 11.9 ⑧
マグマの内を0.3秒追走0.6秒先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 59.0 43.7 29.1 14.9

【一週前追い切り評価】

(4日、栗東CW)

ハードに追っていたし、

結構伸びが良かった。

ただ、追われてから頭が高くなった。

前走時よりリラックスしているが……。

 

<マイネルファンロン>

(前回) 南W良 馬なり
→83.4 67.8 52.5 38.6 13.0 ⑥

3/31 南W稍 馬なり
→57.1 41.3 13.6 ⑥

4/4 南W良 強 目
→66.8 51.6 37.8 13.2 ⑥
フィエールマンの外を0.4秒先行0.2秒遅れ

4/8 南W稍 馬なり
→57.3 40.8 12.8 ⑦

【一週前追い切り評価】

(4日、美浦南W)

先行して見劣ってしまったが、

時計的には十分に動いている。

体を大きく使って、集中力も十分。

力は出せる状態にある。

 

<ワグネリアン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.9 39.9 25.9 12.3

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 55.4 40.6 26.5 12.9

4/5 栗CW良 末強目
→87.1 71.0 54.3 39.3 11.4 ⑦
ジュンヴァルロの内を0.9秒追走アタマ先着

4/8 栗坂重 馬なり
→1回 55.3 40.7 26.9 13.5

【一週前追い切り評価】

(5日、栗東CW)

相手がゆっくり行ったため、

予定より若干遅くなったが、

問題ない範囲。

むしろ落ち着きがあって

折り合いがスムーズでラストは11秒4。

馬体もスカッと見せている。

高いレベルで安定。

 

【皐月賞2018】出走馬の調教・一週前追い切りの評価②まとめ

今回は、皐月賞2018

出走馬の調教・一週前追い切りの評価②

しました。

調教・一週前追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

4日の追い切りでは

支点がハミに定まって、

真っ直ぐしっかりと走れていた。

1600mがベストだとは思うけど、

中山2000mは今回で3回目。

同じ舞台を2度経験しているのは

大きな強み。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク