Pocket

今回は、皐月賞2018無料予想と

有力馬分析、コース紹介(中山2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

先週の桜花賞に続き、

今度は中山でクラシック第2弾の

皐月賞が行われる。

4戦4勝で断然の主役とみられていた

ダノンプレミアムが回避し、

一転して混戦ムードが漂うが、

馬券的には興味深くなった。

また、1~5着馬にはダービーの

優先出走権が与えられる。

その意味でも、目が離せない一戦だ。

小回りかつゴール前に急坂がある

トリッキーな中山コースで

勝利の凱歌をあげるのはどの馬か?

有力馬の分析をし勝ち馬を

探っていきたいと思います。

 

【皐月賞2018】枠順

1枠1番タイムフライヤー
1枠2番ワグネリアン
2枠3番ジャンダルム
2枠4番スリーヘイオス
3枠5番キタノコマンドール
3枠6番アイトーン
4枠7番エポカドーロ
4枠8番ケイティクレバー
5枠9番オウケンムーン
5枠10番ジェネラーレウーノ
6枠11番マイネルファンロン
6枠12番グレイル
7枠13番ダブルシャープ
7枠14番サンリヴァル
8枠15番ステルヴィオ
8枠16番ジュンバルロ

 

【皐月賞2018】オッズ

1番人気ワグネリアン           3.9
2番人気ステルヴィオ           4.1
3番人気キタノコマンドール  6.1
4番人気ジャンダルム           9.2
5番人気オウケンムーン        9.5
6番人気エポカドーロ          11.8
7番人気タイムフライヤー    12.1
8番人気ジェネラーレウーノ 14.2
9番人気サンリヴァル          22.3

 

【皐月賞2018】コース紹介(中山2000m)

スタート地点は4コーナーを

曲がり終えたホームストレッチの右端。

単純に芝1800mのスタート地点が200m右へ

スライドしたところで、

最初の1コーナーまでの距離は

約405m(Aコース時)。

1~2コーナーの中間までは上り坂。

その後は内回りコースに入り、

向正面の直線は平坦。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、

緩い下り坂になっている。

最後の直線距離は310mと、

中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には

高低差2.4mの急坂がある。

なお、仮柵によるコース設定は

A、B、Cの3パターン。

最初のコーナーまでの距離が

十分ある上、途中1度目の

急坂があるので、

前半からペースはさほど速くならない。

1~2コーナーまではゆったり流れ、

向正面に入るとペースアップ。

3コーナーの残り600m地点から

ラストスパートに入る。

最後の直線に入ると

2度目の急坂により、

最後の1ハロンの時計がグッとかかる。

他場の2000mよりもタフなレースに

なりやすくスタミナを要する。

勝ち時計も2分を切りにくい。

スロー~平均ペースで

流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。

前半の先行争いが激しくなり、

ハイペースになった時のみ派手な追い込み、

大外一気が決まる。

枠順は内枠が有利。

外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。

好走脚質→先行(勝率:12.1%)(複勝率:34.0%)

 

【皐月賞2018】有力馬分析

<ワグネリアン>

弥生賞で2着。

無敗馬同士の対決で敗れはしたが、

上がりは勝ち馬を0秒4凌いだ。

頭数増でGⅠの舞台。

前走ほど流れが落ち着くことは

ないだろうし、

中山2000メートルを1度経験したことで、

レースはしやすい。

時計もホープフルSより0秒2速かった。

一挙に世代のトップに躍り出る。

 

<ステルヴィオ>

スプリングSをハナ差でも勝ち切り、

中山を経験して本番の舞台へ。

5戦3勝。

ダノンプレミアム以外に敗れていないし、

GⅠの舞台も経験していて、

優位な立場

2歳時は馬体に緩さがあり、

無理せず後方から末を

伸ばす競馬をしていたが、

前走では流れに乗ることができた。

成長している。

スピード色が濃い配合だが、

レースを見る限り、初の2000メートルに

何ら不安を感じさせない。

 

<キタノコマンドール>

2000メートルで新馬を勝ち、

2200メートルのすみれSも連勝。

キャリアが浅く一線級との手合わせがないが、

その分、未知の魅力がある。

前走は少頭数で2着馬が

逃げ粘る流れを外から

追い上げそのまま押し切った。

スケールの大きさを感じさせる

勝ちっぷりの良さ。

頭数増も含めて課題は少なくないが、

ここで勝ち負けするようなら、

より条件が良くなる

日本ダービーでも楽しみな存在になる。

 

<エポカドーロ>

相手強化のスプリングSで

ハナ差2着の頑張りを見せた。

大逃げの2番手で自らはマイペース。

経験の差を思えば勝ち馬に

差されたのも仕方がないところだが、

後続には3馬身半の差をつけた。

落ち着きがあるのが長所。

大舞台でも力を出し切れそう。

 

<タイムフライヤー>

2歳時5戦3勝。

中山2000メートルで

GⅠのホープフルSを勝っている。

若葉Sは勝ち馬の逃げ切り。

後手に回って苦しい競馬を強いられ、

2着と互角の上がり34秒9。

本番前としては悪くない走りとも取れる。

当然のように巻き返してくるはず。

 

<ジャンダルム>

ホープフルS2着。

弥生賞は3着。

中山2000メートルを続けて経験している。

2戦2勝の1600メートルで

見せるほどの脚は使えていないが、

距離に慣れて先行差し自在。

引き続き上位を狙える位置。

 

<ジェネラーレウーノ>

新馬のあとひと息入れ、

復帰後は3連勝。

中山は2戦2勝。

2000メートルは3戦3勝。

葉牡丹賞が同開催ホープフルSと同タイム。

京成杯で0秒2時計を詰めた。

レース間が開いて息が保つかどうか。

放牧を挟み余力を残して

本番を迎えることが

できる点は悪い条件ではない。

 

<グレイル>

菊花賞当日の不良馬場で

新馬を勝ち、

京都2歳Sでは

タイムフライヤーを負かした。

仕上がりは悪くなかった

共同通信杯7着に不満は残るが、

自身の上がり33秒9では

外枠で流れに泣かされた内容。

見直す必要がありそう。

 

【皐月賞2018】無料予想

<印付き予想>

◎15ステルヴィオ
〇07エポカドーロ
▲01タイムフライヤー
☆12グレイル
人気ブログランキングへ
△0305
×021114

穴馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

放牧を挟んで体に幅が出てきた。

たとえ馬場が渋っても大丈夫そう。

ハナにはこだわらないので、

出たなりで先行できれば。

 

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク