Pocket

今回は、毎日杯2018G3予想と

過去データ(10年分)傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事を書いていきたいと思います。

皐月賞に向けた「東上最終便」と言われる

3歳限定のG3戦。

ゆえに、新馬&未勝利勝ち上がり直後の

駆け込み出走が多いが

昨年は勝ったアルアインが皐月賞を勝ち、

3着馬キセキが菊花賞を制したように、

今年も大いに注目されるレースとなっている。

今年は、どの馬が毎日杯を制するのか、

ここでは、過去10年のデータから

傾向を分析し馬券のポイント

探っていくことにします。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【毎日杯2018】予想オッズ

1番人気ブラストワンピース  3.1
2番人気ギベオン                 3.9
3番人気シャルドネゴールド  4.3
4番人気ユーキャンスマイル  4.8
5番人気ファストアプローチ  7.9
6番人気インディチャンプ   10.1
7番人気マイハートビート   26.7
8番人気ノストラダムス      49.5
9番人気スズカテイオー      56.3

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【毎日杯2018】過去データ(10年)傾向・分析

【人気別】

1番人気 【4.2.2.2】
2番人気 【2.0.3.5】
3番人気 【1.3.1.5】
4番人気 【0.2.1.7】
5番人気 【1.1.0.8】

1番人気の成績が圧倒的に良い。

1着馬に関しては、

素直に人気サイドを信頼すべき。

1998年以降、1~3番人気が16勝を挙げており、

人気薄を1着で狙うのは

かなり難しい状況ができあがっている。

もっとも、1~3番人気の2着は7回にすぎず、

ヒモが紛れるケースのほうが

圧倒的に多いのも毎日杯の大きな特徴。

波乱傾向は決して弱くはない。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.0.9】
2枠 【1.3.0.8】
3枠 【2.1.0.12】
4枠 【1.1.3.12】
5枠 【3.1.1.12】
6枠 【0.1.1.16】
7枠 【0.2.3.15】
8枠 【2.0.2.16】

阪神1800mは3~4コーナー間の距離が長いため、

馬場の内側のコンディションが良ければ、

最初から内を通れる内枠の馬が

有利になりやすい形態。

枠順成績からも「やや内枠有利」

傾向が読み取れる。

勝率トップは5枠。

大きな差があるわけではないものの、

コースの特徴と合致するため、

軽く扱うことはできない。

真ん中よりも内寄りに入った馬は、

少しだけ評価を上げたほうが

いいと言える。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.0.0.10】
先行馬 【2.3.5.23】
差し馬 【5.4.1.34】
追込馬 【3.3.4.32】

<上り3F>

1位   【5.3.2.1】
2位   【3.1.2.4】
3位   【0.1.2.9】
~5位【1.3.2.15】
6位~【1.2.2.70】

<4角位置別>

4角1番手    【0.0.0.10】
2番手以内   【2.2.1.20】
3番手以内   【2.2.5.29】
4番手以内   【2.3.5.34】
5番手以内   【4.5.5.46】
7番手以内   【5.7.7.61】
10番手以内 【10.8.8.76】

2番手以下   【10.10.10.90】
3番手以下   【8.8.9.80】
4番手以下   【8.8.5.71】
5番手以下   【8.7.5.66】
7番手以下   【6.5.4.50】
10番手以下 【1.2.2.27】
13番手以下 【0.1.1.14】
16番手以下 【0.0.0.2】

脚質については、格段に差し優勢。

逃げと先行が上々の成績を

残しているようにも見えるが、

近年は下降の一途をたどっている。

2008年以降の勝ち馬の位置取りを検証すると、

10頭中8頭が4角5番手以下の馬であり、

信頼度の高さにおいては

中団待機組がベストと断言できる。

それを裏付けるのが上がり最速馬の強さ

2008年以降【5.3.2.1】という、

圧巻のパフォーマンスを見せつけている。

好走率が最も高いのは差し馬である。

 

【前走別】

<レース別>

共同通信杯組    【4.0.1.3】
アーリントン組 【2.2.0.11】
シンザン記念組 【2.0.0.2】
きさらぎ賞組    【1.2.0.4】
報知杯弥生賞組 【1.0.2.4】

<距離別>

1800m組 【5.6.5.35】
1600m組 【4.4.0.28】
2000m組 【1.0.4.14】
2200m組 【0.0.1.7】
1200m組 【0.0.0.1】

◆同距離 【5.6.5.35】
◆延長    【4.4.0.40】
◆短縮    【1.0.5.25】

<間隔別>

中3週組         【2.2.1.21】
中6週組         【2.2.0.8】
中5週組         【2.1.3.10】
中10週組以上 【2.0.1.8】
中2週組         【1.1.4.20】

 

【毎日杯2018】過去データ(10年)傾向・分析まとめ

◆1番人気の成績が圧倒的に良い。

◆「やや内枠有利」

◆内寄りに入った馬は、少しだけ評価を上げたほうがいい。

◆格段に差し優勢。

今回は、毎日杯2018の

過去データ(10年)傾向・分析をしました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

ロックディスタウンやタイムフライヤーに

僅差で食い下がった初戦を見ても、

重賞で勝ち負けできる力

十分に備えている。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク