Pocket

今回は、桜花賞2018G1予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

上位5頭にオークスの優先出走権が

与えられる牝馬3冠ロードの初戦。

ここで好走した馬は

後に超一流馬の仲間入りをすることが多く、

今年の高松宮記念でも2015年の桜花賞馬

レッツゴードンキが2着に好走している。

今年は、どの馬が桜花賞を制するのか。

ここでは桜花賞の狙いどころを

調教・最終追い切りから

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【桜花賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<ラッキーライラック>

(前回) 栗CW良 稍一杯
→82.4 66.5 51.8 38.5 11.9 ⑦

3/28 栗CW良 末強目
→82.7 66.5 51.9 38.3 11.6 ⑦
ウォルビスベイの内1.8秒追走0.1秒先着

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 43.8 29.5 14.9

4/4 栗CW良 直強目
→84.6 67.1 52.3 38.2 11.6 ⑦
フェルメッツァの内0.4秒追走0.1秒先着

【調教評価】

前走同様古馬を

内から2~3馬身追走して、

余力を持って先着するという内容。

きっちりと折り合いがつき、

軽く気合をつけるとスッと加速。

一瞬内にモタれかけたが、

回転力十分に11秒6。

久々の前走時もスカッとした姿を

見せていたが、

今回も実にシャープな腹線。

高いレベルで安定。

 

<アマルフィコースト>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 40.2 25.9 12.6

3/28 栗CW良 稍一杯
→84.0 68.2 53.7 40.0 11.8 ⑧
ホイールバーニングの内1.8秒追走0.2秒先着

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 58.1 42.9 28.2 14.1

4/4 栗坂良 末強目
→1回 54.5 39.7 25.4 12.2
マルヨシャバーリーを0.4秒追走0.8秒先着

【調教評価】

道中は同厩舎の馬の

後ろにつけて折り合い重視。

1ハロン手前で内に入れると、

スムーズにスピードアップして入線。

今のところテンションが

上がっている様子はない。

前走は落馬したが、

順調に乗り込まれて影響はなさそう。

前向きさもあり仕上がりは良い。

 

<リバティハイツ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→2回 53.9 39.4 25.4 12.6

3/28 栗坂良 馬なり
→2回 53.5 39.4 26.2 12.9
アリストラインを0.5秒追走0.3秒先着

4/1 栗坂良 馬なり
→2回 58.5 42.8 27.8 13.4
セブンポイントを0.2秒追走同入

4/4 栗坂良 馬なり
→2回 54.2 39.4 25.5 12.0

【調教評価】

前走は8キロ減だったが、

この中間は馬体が

フックラして細い感じはなし。

馬なり主体ながらしっかり

乗り込まれて素軽い動き。

性格のいい馬で、

コンスタントに使われていても

落ち着きを保てているのが素晴らしい。

パワーと柔軟性を兼ね備えており

楽な手応えで1F12秒0を計測。好調。

 

<アンコールプリュ>

(前回) 栗CW良 強 目
→52.6 37.8 11.9 ⑥

3/29 栗CW良 末強目
→7F98.4 67.0 52.6 37.7 12.0 ⑦
アドマイヤキングの内0.9秒追走同入

4/4 栗坂良 強 目
→1回 54.9 40.5 26.3 12.8

4/6 栗坂良 馬なり
→58.4 43.5 28.8 13.6

【調教評価】

テンションが上がっている様子は

見受けられず、

スムーズに追い切られた。

先週のCWで長めから併せ馬を施し、

今週は坂路で単走ながら意欲的。

毛ヅヤが冴えて

体を大きく見せている点に好感。

あまり首を使わずピッチの利いた

フォームなので1ハロン延長がどうかだが、

気配は良好。

 

<レッドサクヤ>

(前回) 栗CW良 直強目
→66.9 51.7 38.0 12.1 ④

3/28 栗CW良 一 杯
→83.4 67.2 51.8 37.6 11.5 ⑥
ジョーダンキングの内を0.7秒追走0.9秒先着

4/1 栗坂良 末強目
→1回 58.3 42.9 27.5 12.7

4/4 栗CW良 一 杯
→67.0 51.5 37.6 11.6 ⑤

【調教評価】

マルタンガール着用も

ゆったりした仕草でリラックス。

仕掛けてからグッと重心を下げて

一気に加速した。

追われてからも

ゴールを過ぎてからも

勢いがあった。

もともと稽古は動くが、

フックラした馬体と合わせて好ムード。

 

<スカーレットカラー>

(前回) 栗CW良 馬なり
→52.5 38.0 12.1 ④

3/28 栗CW良 一 杯
→82.9 65.7 50.5 37.2 12.1 ⑧
アンクルダイチの外を0.1秒追走3F併1.1秒先着

4/1 栗CW良 馬なり
→60.9 44.7 13.7 ⑤

4/4 栗CW良 馬なり
→51.8 37.9 12.2 ⑧
クロースフレンドの外を0.5秒追走0.5秒先着

【調教評価】

頭が高くトモが甘い感じ。

馬体に丸みも欲しい。

ただ、依然脚捌きに切れはある。

直線では自らハミを取って

持ったまま併走相手をかわした。

力を出せる状態だ。

 

<トーセンブレス>

(前回) 南W良 馬なり
→68.0 53.1 38.8 13.0 ⑦

3/29 南坂良 不 明
→2回 60.4 44.8 29.8 14.5

4/1 南坂良 馬なり
→2回 58.9 43.9 29.3 14.5

4/4 南W良 馬なり
キリ 12.9

【調教評価】

キリの中で道中は

確認できなかったが、

直線はバランスのいい

フットワークで駆け抜けてきた。

気合も乗り、雰囲気は前走以上かも。

落ち着きが出てきたのは好材料。

 

<ハーレムライン>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 52.7 38.5 25.4 12.4

3/28 南坂良 不 明
→2回 53.9 39.5 26.0 13.2

4/1 南坂良 馬なり
→2回 63.7 46.5 30.1 14.8

4/4 南坂良 不 明
→2回 54.3 39.3 25.7 12.7

【調教評価】

道中は霧のため見えなかったが、

馬体は維持しているようだし、

小足を使った小気味のいい

フットワークだった。

テンションが高くならず落ち着き十分。

集中力を持続できており好気配を保つ。

 

【桜花賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①まとめ

今回は、桜花賞2018の

出走馬の調教・最終追い切り評価①

しました。

調教・最終追い切りで良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

タフさを要求される

中京の1600メートルで勝っているので、

1ハロンの距離延長は苦にならない。

どんなペースにも

対応してきた自在性もある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク