Pocket

今回は、桜花賞2018G1予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

上位5頭にオークスの優先出走権が

与えられる牝馬3冠ロードの初戦。

ここで好走した馬は

後に超一流馬の仲間入りをすることが多く、

今年の高松宮記念でも2015年の桜花賞馬

レッツゴードンキが2着に好走している。

今年は、どの馬が桜花賞を制するのか。

ここでは桜花賞の狙いどころを

調教・最終追い切りから

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【桜花賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②

<リリーノーブル>

(前回) 栗CW良 直強目
→68.2 52.6 38.1 11.5 ⑥

3/30 栗坂良 馬なり
→1回 60.6 44.7 29.8 14.2

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.1 42.3 27.7 12.8

4/4 栗CW良 末一杯
→84.4 66.9 51.3 37.0 11.3 ⑦

【調教評価】

例によって中間は坂路で、

最終追い切りだけCWという調整。

手前がなかなか替わらなかったのと、

若干トモの甘さを感じたのは不満だが、

上がり重点で馬場も

軽かったとはいえ終い11秒3という優秀な数字

パワフルな脚さばきで、

ゴール前はズバッと伸びた。

筋肉が浮いて毛ヅヤが

冴えてパワフルな馬体も印象的。

 

<アンヴァル>

(前回) 栗CW良 一 杯
→7F96.4 64.9 51.5 38.8 12.7 ⑦

3/28 栗坂良 一 杯
→1回 53.5 39.5 25.6 12.6
ワントゥワンを0.2秒先行アタマ遅れ

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.1 42.7 27.8 12.8

4/4 栗CW良 直強目
→84.2 66.7 52.3 38.3 11.9 ⑤
アルマーズの内を0.5秒追走アタマ遅れ

【調教評価】

ややテンションが高いし、

なぜか稽古で遅れることが多いが、

同じ遅れでも今回は余力を

持って差してくる感じで軽快。

馬場の荒れた時間帯に

追って負荷もかかっている。

しなやかなフットワークで

ゴール前はスッと加速して併入。

気配は前走以上だ。

 

<コーディエライト>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.3 38.6 25.0 12.6

3/28 栗坂良 一 杯
→1回 52.2 38.1 24.9 12.6

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 42.3 28.3 14.1

4/4 栗坂良 馬なり
→1回 51.8 37.9 24.9 12.8

【調教評価】

前走より楽に時計が

出ていくらか上向き。

馬なりで好時計を計測したが、

攻め駆け馬で終始右手前のまま。

ただ、GⅠでは

パワー不足の感が否めない。

 

<デルニエオール>

(前回) 栗CW良 馬なり
→54.3 39.4 11.9 ⑦

3/29 栗CW良 強 目
→86.7 68.9 53.7 39.1 11.9 ⑧

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 42.8 27.6 13.8

4/4 栗CW良 直強目
→53.1 38.7 11.7 ⑧

【調教評価】

前走時よりは折り合いが

スムーズだったし、

毛ヅヤが冴えている。

少し前肢の伸びが

足りなかった感じはあるが、

筋肉が浮いて馬体重より大きく見せる。

大人になってきた。

少し力みはあったが許容範囲内。

仕掛けてからの反応も良く、

引き続き好調だ。

 

<アーモンドアイ>

(前回) 南W良 馬なり
→67.2 51.4 38.0 13.3 ⑥

3/28 南W良 不 明
キリ
ダノングレースと併走

4/1 南W稍 馬なり
→87.8 72.1 55.5 40.6 14.3 ③

4/4 南W良 不 明
キリ
マンハイムと併走

【調教評価】

3月中旬から順調に

追い切りを消化してきた。

2週に渡ってキリの中での追い切り。

しっかり確認できた1日は

長目から軽く流す感じで

素軽い動きは見せていた。

体はほぼ仕上がっており、

及第点以上といえるのではないか。

馬体もたくましくなっている。

 

<レッドレグナント>

(前回) 南W良 馬なり
→53.2 38.1 13.1 ④

3/29 南W良 不 明
キリ

4/1 南坂良 末強目
→1回 53.7 38.2 24.9 12.3
バスクインザサンを1.2秒追走0.2秒先着

4/4 南W良 馬なり
キリ 12.4
バスクインザサンの内同入

【調教評価】

道中は分からないが、

直線は抑え切れない手応えで

併走馬をアオる勢い。

脚捌きも力強く、

ここ目標にキッチリ体調を上げてきた。

体の張りも良くなり、

前走以上。

 

<プリモシーン>

(前回) 南W良 直強目
→55.8 40.1 12.7 ④

3/28 南W良 不 明
キリ
ワイルドカードと併走

4/1 南坂良 馬なり
→1回 55.4 40.2 26.2 12.4

4/4 南W良 馬なり
キリ 12.5
プロムナードの内0.4秒先着

【調教評価】

道中は見えなかったが、

直線は3頭併せの最内から

抜群のフットワークで

抜け出してきた。

反応も鋭く、久々の不安はなさそう。

軽く仕掛けた程度だったが、

ラストは矢のような伸び

仕上げに抜かりはない。

 

<フィニフティ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→67.5 51.9 38.1 12.3 ⑦

3/25 栗坂良 末強目
→1回 57.8 40.5 25.7 12.4

3/29 栗CW良 一 杯
→81.8 66.2 52.0 38.1 12.1 ⑦
ダノンサンシャインの内1.1秒追走クビ先着

4/4 栗CW良 直強目
→67.3 51.1 37.7 11.9 ⑥

【調教評価】

ひと息入ったが、

細めで胴長の体形で太くはない。

首をうまく使って、

道中から切れのあるフォーム。

少しテンションが高い点は気になるし、

骨格からもう少し馬体重は欲しいが、

バネは十分感じた。

1週前に一杯に追った時点で、

既に態勢は整っており、

あとは当日リラックスできるかどうか?

 

<マウレア>

(前回) 南W良 末一杯
→66.9 52.5 38.4 12.8 ⑦

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 60.1 42.0 26.8 13.5

3/29 栗CW良 強 目
→82.4 66.4 51.2 37.7 11.7 ⑦
ヤングマンパワーの内0.8秒追走0.2秒先着

4/5 栗CW良 強 目
→81.4 66.1 51.8 38.0 12.0 ⑦
ヤングマンパワーの内0.7秒追走クビ先着

【調教評価】

栗東入厩。

武豊騎手を背に折り合いも

スムーズで追走先着。

滞在で落ち着きがあるし、

それに伴い馬体がフックラしてきている。

とにかく抜かせまいという闘争心が凄い。

前走時も良かったが、

それ以上の気配だろう。

素軽さ満点のフットワークで、

ラストも余力十分。

 

<ツヅミモン>

(前回) 栗CW良 直一杯
→67.3 51.4 37.7 11.6 ⑦

3/28 栗坂良 末強目
→1回 51.7 37.6 24.4 12.4

4/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 42.9 28.4 13.4

4/4 栗CW良 馬なり
→81.4 66.4 51.9 38.7 12.3 ⑤

【調教評価】

例によって太く見せるが、

大トビでバテない走り。

ただ、終始内目を回ったにしては

やや時計は地味。

本格化は秋以降かも。

完歩の大きい迫力のある

フットワークで楽に好時計をマーク。

馬体も充実。

 

【桜花賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②まとめ

今回は、桜花賞2018

出走馬の調教・最終追い切り評価②

しました。

調教・最終追い切りで良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

桜花賞に直行するのは予定通りで

素質は引けを取らないので、

うまく輸送をクリアしてくれれば。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク