Pocket

今回は、東京新聞杯2018の無料予想と過去データ(10年分)の傾向・分析と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今年の、東京新聞杯は、前走久々の勝利を挙げたダノンプラチナや

GⅠ馬アドマイヤリード、東京巧者ダイワギャグニーなどの

好メンバーが揃った。

更に、2008年以降で3連単10万円超の配当が4度出現している波乱レースである。

今年は、どんなレースになるのか過去データ(10年分)の傾向を見て、

分析していきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【東京新聞杯2018】予想オッズ

1番人気グレーターロンドン3.0
2番人気ダイワキャグニー   4.1
3番人気リスグラシュー      5.6
4番人気ダノンプラチナ      5.9
5番人気クルーガー            6.8
6番人気アドマイヤリード   9.2
7番人気サトノアレス       20.2
8番人気デンコウアンジュ 29.9
9番人気ハクサンルドルフ 36.9

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【東京新聞杯2018】過去データ(10年)の傾向と分析

【人気別】

1番人気 【0.1.2.7】
2番人気 【2.0.1.7】
3番人気 【2.1.0.7】
4番人気 【0.1.1.8】
5番人気 【3.2.1.4】
6番人気 【1.1.1.7】
7番人気 【0.1.1.8】
8番人気 【2.0.0.8】
9番人気 【0.1.1.8】
10番人気【0.0.0.10】
11番人気【0.0.1.8】
12番人気【0.0.1.8】
13番人気【0.1.0.8】
14番人気【0.0.0.9】
15番人気【0.1.0.6】

1番人気は未勝利で、10年中7回で単勝オッズが4倍以上だったように、

押し出されて人気になった信頼度に欠けるタイプが多い。

これに対して好走が目立つのは、

3勝、2着2回、3着1回の5番人気

そして、6番人気以下の好走が穴馬券を演出している点も見逃せない。

前走オープン特別or重賞で4番人気以内だった馬が、

2勝、2着4回、3着2回と好成績を挙げている。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.4.12】
2枠 【1.2.0.14】
3枠 【4.2.0.13】
4枠 【3.0.2.14】
5枠 【0.2.1.16】
6枠 【0.1.2.16】
7枠 【0.2.1.17】
8枠 【1.0.0.18】

内枠(1~4枠)が圧倒的に有利で、

外枠(5~8枠)が圧倒的に不利

3コーナーまで距離があり、

枠による有利不利がないとされる東京芝1600mだが、

2008年以降のこのレースにおいては

1~4枠の【9.5.6.53】に対し、

5~8枠は【1.5.4.67】と

明らかに内枠が有利となっている。

秋開催から約2カ月あいた開催2週目でまだ馬場が荒れておらず、

なおかつコーナーでの距離ロスが発生しやすい

Dコース開催であることが要因として挙げられる。

前へ行った馬が好成績なことと合わせ、

この特徴もキッチリ押さえておきたい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.1.0.6】
先行馬 【3.2.5.24】
差し馬 【3.3.3.47】
追込馬 【1.4.2.42】

<上り3F>

1位   【1.4.0.7】
2位   【2.2.2.5】
3位   【0.0.3.9】
~5位【4.2.1.10】
6位~【3.2.4.88】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.0.7】
2番手以内   【4.1.1.16】
3番手以内   【5.2.4.25】
4番手以内   【6.3.5.30】
5番手以内   【6.4.7.44】
7番手以内   【8.5.7.59】
10番手以内 【10.6.8.82】

2番手以下   【8.9.10.113】
3番手以下   【6.9.9.104】
4番手以下   【5.8.6.95】
5番手以下   【4.7.5.90】
7番手以下   【4.5.3.74】
10番手以下 【2.4.3.48】
13番手以下 【0.3.1.25】
16番手以下 【0.0.0.3】

差し・追込が有利とされる東京芝1600mだが、

このレースに限っては先行勢も侮れない

特に逃げ馬は2008年以降、3勝、2着1回で、

4角4番手以内の馬が6勝している。

東京芝マイル戦と言えば好タイム決着というイメージがあるが、

それは春や秋開催のこと。

冬開催のここは少し時計のかかる馬場となり、

上がりの切れ脚だけでは届かない。

 

【世代別】

4歳 【4.3.3.21】
5歳 【2.3.6.32】
6歳 【4.2.0.26】
7歳 【0.2.1.27】
8歳 【0.0.0.11】
9歳 【0.0.0.1】

4歳、5歳、6歳馬で馬券内の大半を占めている。

高齢馬になると苦戦を強いられている。

若い馬が強く、ベテランの馬が弱い。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【5.8.8.77】
57.0㎏ 【3.1.2.20】
55.0㎏ 【2.1.0.7】
59.0㎏ 【0.0.0.1】
60.0㎏ 【0.0.0.1】

 

【前走別】

<レース別>

ニューイヤー組 【2.3.2.15】
阪神カップ組    【2.0.3.11】
エリザベス組    【2.0.0.1】
スポ京都金杯組 【1.3.3.28】
マイルCS組    【1.0.1.13】

<距離別>

1600m組 【6.8.6.76】
1400m組 【2.0.3.15】
2200m組 【2.0.0.2】
2000m組 【0.1.1.10】
3000m組 【0.1.0.0】

◆同距離 【6.8.6.76】
◆延長 【2.0.3.22】
◆短縮 【2.2.1.22】

<間隔別>

中10週組 【3.1.0.32】
中5週組   【2.1.1.10】
中6週組   【2.0.1.10】
中2週組   【1.3.1.15】
中3週組   【1.2.2.21】

 

【東京新聞杯2018】過去データ(10年分)の傾向と分析まとめ

◆1番人気は信頼度に欠ける。

◆6番人気以下の好走も目立つ。

◆内枠(1~4枠)が圧倒的に有利!

◆外枠(5~8枠)が圧倒的に不利!

◆4角4番手以内の馬が6勝している。

◆若い馬が強く、ベテランの馬が弱い。

 

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク