Pocket

 

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2017の無料予想と出走馬分析を中心とした

記事を書いていきたいと思います。

阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(芝1600m)が行われる。

GIIだったホープフルステークス(芝2000m)が、

今年からGIに昇格したことによって、

この朝日杯フューチュリティステークスが、

2歳マイル王を決める戦いとなった。

ここを制して一躍その名を高めるのはどの馬か、

出走馬分析し無料予想していきたいと思います。

 

まずは、枠順から見ていきます。

【朝日杯フューチュリティステークス2017】枠順

1枠1番ダノンプレミアム
1枠2番フロンティア
2枠3番タワーオブロンドン
2枠4番ライトオンキュー
3枠5番ケイアイノーテック
3枠6番アサクサゲンキ
4枠7番ヒシコスマー
4枠8番ファストアプローチ
5枠9番ムスコローソ
5枠10番ステルヴィオ
6枠11番カシアス
6枠12番ダノンスマッシュ
7枠13番アイアンクロー
7枠14番ダブルシャープ
8枠15番ケイティクレバー
8枠16番イシマツ

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】オッズ

1番人気ダノンプレミアム     2.7
2番人気タワーオブロンドン  4.3
3番人気ステルヴィオ           5.5
4番人気ダノンスマッシュ     7.4
5番人気アサクサゲンキ        20.8
6番人気ケイアイノーテック  21.7
7番人気フロンティア           22.9
8番人気ダブルシャープ        26.4
9番人気ファストアプローチ  36.0

上位4頭は一桁のオッズになっており、
以降の馬は20倍以上のオッズとなっている。

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】出走馬分析

<ダノンプレミアム>

2連勝でGⅠへ臨むダノンプレミアム。

序盤の1000mが初戦は61秒9、

2戦目は58秒3。この違うペースのなか、どちらも2番手でピタリと折り合い、

危なげなくアッサリ抜け出した。

スタートが速くてレースが上手。センス抜群

レコード勝ちで卓越したスピードも見せつけた。

阪神外回りは初戦勝ちの舞台。

トビが大きく、良馬場なら更に上のパフォーマンスができそう。

ここを目標に予定通りに仕上がっていて

現段階でマイナスポイントを探すのが難しい

 

<タワーオブロンドン>

前走は、最内枠から控えて追走。

勝負所では手応え抜群というほどではなかったが、

直線で追われてからの伸びは目立ち、

内の馬を交わして抜け出した。

重賞初制覇。

これで1400mで連勝。

勝ちっぷりも良かった。

阪神は前々走で勝っているコース。

初めての距離で相手も強くなるが、

終い勝負の脚質に外回りコースも合っていそう。

スプリンターっぽい体つきで、距離に不安はある

折り合いがしっかりつくなら1600mも十分こなせると思う。

前走だけ折り合えるなら問題なさそう。

 

<ステルヴィオ>

前走は、ダノンプレミアムの2着。

行き脚がつかず、外枠もあって後方から外を回る、

外を回って直線に入り、外からよく伸びてきたが、

ダノンプレミアムに並ぶことはできなかった。

直線の脚は目立っていたし、

勝ち馬とは枠順や位置取りの差が響いた

勝ち馬とは正反対の競馬を強いられたが、

速い上がりのなか、直線だけで0秒3差まで追い上げた。

負けて尚強し。着差ほどの力量差はない

初めての関西への輸送は課題だが、

急かさず済む阪神マイルは合っていそう

完成度で他馬をリードしている印象

前走で敗れた相手もいるが、この馬の力を出し切ればと思っている。

 

<ダノンスマッシュ>

前走は、ほかに行く馬がいたので、無理はせず、好位。

道中、前とやや離れる場面もあったが、

直線に入って、追われてからは鋭く伸びた。

抜け出して1着。これで芝1400mで連勝。

気を抜いたり逆手前で走ったりと若さが残るが、

それでもオープン勝ち。

ノーステッキで、未勝利勝ちから更に着差を広げた。

潜在能力にはかなりのものがある。

初戦こそ行きたがったが、

前走では緩い流れでも問題なく折り合えた。

これならマイルに対応できそう。

少しレースは開いたが、仕上がりも動きもいい。

どんどん力をつけているし、

競馬も上手になっている印象。

マイルは初めてだが、

折り合いの心配がない分不安は少ない

 

<アサクサゲンキ>

前走は、スタートが良く前で運び、

序盤は先行馬を見ながら好位にいたが、

早めに上がっていった。

直線、逃げていたタイセイプライドを交わして先頭に立ったが、

外からタワーオブロンドンに抜け出され、

内からカシアスに交わされて3着。

結果的には先頭に立つのが早すぎて目標にされてしまった感じ。

今回は距離が延びるし、できれば脚をためる形で運ぶのがベスト

 

<フロンティア>

前走は、先行馬を見ながら好位を進んだ。

前走は向正面で不利があり、

自分の形で競馬ができなかった。

直線、やや外目に出されて追い出されたが、

前の2頭にやや離された。

さらに外を伸びてきた、

ケイアイノーテックに交わされて4着。

休み明けで反応できないところもあったかと思う。

先週は、しっかりと負荷をかけて時計を出している。

今週は調整程度の追い切りだったが、

動きは良かった。

上積みを見込める状態

 

<ケイアイノーテック>

前走はデビュー勝ち以来5カ月ぶりの実戦。

勝ち馬には離されたが、重賞を勝っている馬と並んで追い負けなかった。

3着は高く評価できる。

太目もなく、22キロ増はそのまま成長分だろう

レースセンスのいい馬で、タメが利いて速い脚もある。

容易には崩れないタイプだ

その後も順調で、久々を叩いた分の上積みは大きそう

新馬勝ちが阪神マイル。コース替わりに不安もない。

 

<ダブルシャープ>

今夏、初めての芝挑戦だったクローバー賞で

タワーオブロンドンを下してオープン勝ち。

札幌2歳Sも、テンに行けず、

勝負どころでグルッと外を回るロスの大きな競馬で小差3着。

能力は高い。中央転入緒戦になるが、

調整は順調で、6日の動きも上々。

今回は、道中で行きたがった

前走と同じワンターンのマイル戦。

太目感のない仕上がり

スムーズな競馬でどれだけやれるか

 

<ファストアプローチ>

前走はうまく立ち回った割にしまいの伸びが今ひとつ。

少し距離が長い印象を受けた。

父は欧州の名マイラーだし、

血統的にも1600メートルあたりがちょうどよさそう

大型馬なので中間の調教量を増やし、

先週末、今週としっかり乗り込んで態勢を整えた。

中間の調整も順調。

フットワークが大きく、長く脚を使える点からも、

ワンターンの外回りも合うと思う。

外回りの阪神コースに舞台が移るのはプラス

距離は問題ない

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】無料予想

人気ブログランキングへ
〇10ステルヴィオ
▲05ケイアイノーテック
☆02フロンティア
穴14ダブルシャープ
△08ファストアプローチ

◎軸馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

阪神外回りは初戦勝ちの舞台。

トビが大きく、本日は、良馬場で、

更に上のパフォーマンスができそう。

ここを目標に予定通りに仕上がっていて

好調を維持している。

 

<買い目>

馬単

◎→印

3連単

◎→印→印

 

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク