Pocket

 

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2017の予想と

有力馬の調教・一週前追い切りを中心とした記事を書いていきたいと思います。

今年の平地G1は残すところ後3戦になりました。

後3戦全力で予想し的中に繋げていきたいと思います。

それでは、朝日杯フューチュリティステークスの有力馬の調教・一週前追い切りを

見ていき分析していきたいと思います。

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】有力馬の調教・一週前追い切り

 

<ダノンプレミアム>

(前回) 栗CW稍 直強目
→84.7 67.5 52.4 38.1 11.9

11/30 栗CW良 末強目
→87.0 70.2 55.1 40.4 13.0

12/3 栗坂良 馬なり
→1回 55.6 39.3 24.9 12.0

12/7 栗CW良 一 杯
→84.4 67.7 51.9 37.7 11.2
フロンティアの内を0.3秒追走0.6秒先着

◆調教評価

(7日、栗東CW)
3頭併せの内で追走して一気に先着と、
素晴らしいパフォーマンスを見せたいた。
毛ヅヤがピカピカだし、大トビでダイナミックに11秒2の時計
道中のゆったりした走りも好感をもてる。

 

<タワーオブロンドン>

(前回) 南坂稍 馬なり
→1回 56.5 41.2 26.0 12.5

12/5 南坂重 馬なり
→1回 59.2 43.5 27.9 13.7

12/6 南W良 馬なり
→69.8 53.6 39.1 13.3

12/10 南坂良 馬なり
→1回 54.0 40.1 26.8 13.2

◆調教評価

(6日、美浦南W)
抜群の行きっぷりで、道中は必死になだめるような感じ。
全身を使って力強さ満点のフットワークを感じた。
万全のデキ

 

<ステルヴィオ>

(前回) 南W良 馬なり
→82.0 67.5 52.7 38.7 12.9

12/6 南W良 直一杯
→83.0 68.6 54.2 39.6 12.7
クリミアタイガーの内を0.6秒追走0.4秒先着

12/8 南坂良 馬なり
→1回 60.6 44.6 29.4 14.6

12/10 南坂良 馬なり
→1回 54.9 39.3 25.4 12.7

◆調教評価

(6日、美浦南W)
追走して力強く先着を果たしてきた。
馬体の張りは目立つほどで、
フットワークも今まで以上にパワフルな印象
1週前の気配としては文句なく順調。

<ダノンスマッシュ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→82.4 65.7 50.9 37.5 12.1 ③

11/29 栗CW良 馬なり
→86.2 69.7 54.0 39.7 12.3 ⑦
オメガラヴィサンの内を1.2秒追走同入

12/3 栗坂良 馬なり
→1回 56.5 41.1 27.1 13.5
オメガラヴィサンを0.2秒先行同入

12/6 栗CW良 末強目
→78.9 63.8 49.8 36.8 11.7 ⑥
オメガラヴィサンの内を1.9秒追走0.3秒先着

◆調教評価

(6日、栗東CW)
少し硬いフットワークだったが、
この馬としては集中力があって、
ハミ受けがスムーズだった。
緩かった馬体も締まっていて好印象

 

<フロンティア>

(前回) 栗CW良 一 杯
→82.3 65.3 50.8 37.4 11.5

12/3 栗坂良 馬なり
→1回 57.9 41.3 26.3 12.8
ミリラニを0.1秒先行同入

12/7 栗CW良 一 杯
→85.3 68.8 52.9 38.8 11.8
ダノンプレミアムの外を0.3秒先行0.6秒遅れ

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 52.8 38.8 25.5 12.8
プリンセスタイムを0.1秒追走1.2秒先着

◆調教評価

(7日、栗東CW)
やや気性がキツく鞍上に逆らうような面がある分、
伸びが足りなかった。
全体に頭が高い。
ポテンシャルは高くても、若い感じ
精神面の不安はある

 

<アサクサゲンキ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.2 38.5 25.4 12.8

12/3 栗坂良 馬なり
→1回 59.1 43.9 28.6 14.3

12/6 栗坂良 一 杯
→1回 52.0 38.1 25.4 13.2
ミッキードーヴィルを0.1秒先行0.5秒先着

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 57.9 42.4 27.7 14.1

◆調教評価

(6日、栗東坂路)
上がりは少し要したが、
実戦並みの追い比べでしっかりと先着。
ガッチリとした逞しい馬体も目立つ。
今回もいいデキで臨めそう。

 

<ダブルシャープ>

12/3 栗CW良 馬なり
→60.9 45.4 14.5 ⑦

12/6 栗CW良 稍一杯
→82.3 67.1 51.6 37.7 12.4 ⑧
ターフェルムジークの外を1.5秒先行0.8秒先着

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 59.2 42.7 26.4 12.2

◆調教評価

(6日、栗東CW)
ゴールを過ぎてからノメッたが、
闘争心が強い。
シャドーロール着用でラストは内にモタれ加減も、
馬っぷりがいいし、この馬としてはリラックスしている。

 

<ケイアイノーテック>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 51.5 37.1 24.3 12.0

12/6 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 40.3 25.7 12.6

12/9 栗坂良 馬なり
→1回 60.8 44.4 29.4 14.8

12/10 栗CW良 馬なり
→60.5 45.1 14.9 ⑦

◆調教評価

(6日、栗東坂路)
上がり重点で時計はそう目立たないが、
バネの利いたフットワークは目についた
馬体の張りも良く、体調面には何の不安もない。

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】有力馬の調教・一週前追い切りまとめ

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2017の有力馬の調教・一週前追い切りを

見ていきました。

そのなかでも、調教・一週前追い切りで良かった有力馬を、

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

帰厩後も順調に調整ができていて、

中間の動きも凄くいい。

フロンティアの内を0.3秒追走0.6秒先着と

あっという間に置き去りにした。

毛ヅヤがピカピカだし、大トビでダイナミックに11秒2の時計。

道中のゆったりした走りも好感をもてる。

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク