Pocket

 

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2017の予想と穴馬の調教・最終追い切りの分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

2歳GⅠということでここが最終目標の馬がほとんど。

ほぼ全馬、出来る限りの調教をして万全な状態で挑んでくることになりそう。

当然、穴馬にも人気馬に割って馬券内に入れるチャンスが十分ある。

今回は、穴馬で馬券内に入れそうな馬を、

調教・最終追い切りから分析し探していきたいと思います。

 

それでは、早速ですが穴馬の調教・最終追い切りの分析していきます。

【朝日杯フューチュリティステークス2017】穴馬の調教・最終追い切りの分析

<ファストアプローチ>

(前回) 南W良 馬なり
→70.0 54.2 39.9 13.1

12/10 南坂良 馬なり
→2回 54.9 39.4 25.4 12.8
レッドゲルニカを0.4秒追走同入

12/13 南坂良 馬なり
→1回 54.6 39.9 26.1 13.4

レッドオーガーを0.1秒追走0.2秒先着

12/15 南坂良 馬なり
→1回 64.8 47.7 30.6 14.9

【調教評価】

抜群の行きっぷりで、

併せ馬の内で鞍上が抑えるのに苦労するぐらい

毛ヅヤも良く、右手前に替えると、グイッと伸びてきた。

 

<カシアス>

(前回) 栗CW良 強 目
→79.8 64.3 50.1 37.9 12.0

12/6 栗CW良 稍一杯
→78.7 64.5 51.7 39.7 14.5
ナンヨーアーミーの外を1.5秒追走0.9秒遅れ

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 59.3 42.3 26.7 12.5

12/13 栗坂良 馬なり
→1回 54.6 39.6 25.4 12.2

【調教評価】

身のこなしが軽く、スイスイと進んでくる。

1週前は案外だったが、今週は良かった

落ち着きも十分で、1ハロン延長はこなせそう

 

<ヒシコスマー>

(前回) 栗CW良 強 目
→81.2 65.6 51.4 37.8 12.4

12/13 栗CW良 馬なり
→85.2 67.8 51.5 38.1 12.0
エスポワールパレスの外を0.6秒追走クビ先着

【調教評価】

3頭併せの中。

抜け出そうとして耳を極端に絞ったように、

気性面でまだ若く、粗そう

ただ、推進力のある走りで元気一杯。

馬体も締まっている。肉体面は充実している。

 

<ケイティクレバー>

(前回) 栗CW良 馬なり
→86.1 69.2 53.2 38.6 12.1

12/13 栗CW良 直強目
→87.3 69.5 53.8 39.1 11.9

【調教評価】

いつもの調整、いつものアクション。

やや細く見せるし、馬体の成長を感じないが、

右手前ながらしっかりした伸び。活気もある。

 

<ムスコローソ>

(前回) 南W稍 一 杯
→66.9 52.0 38.2 13.2

12/6 南W良 強 目
→67.2 52.8 39.4 13.1
アルタイルの内を0.6秒追走同入

12/10 南坂良 馬なり
→1回 56.8 42.7 28.7 14.2

12/13 南W良 一 杯
→69.4 53.7 39.3 13.5
アッラサルーテの内を1.0秒追走同入

【調教評価】

アオられたが、攻め駆けする古馬を追いかけてのもの。

脚取りはしっかりしており、

何より意欲的にやれたことを評価したい。

 

<ライトオンキュー>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 52.4 38.0 24.9 12.5

12/6 栗CW良 馬なり
→82.0 67.5 53.1 39.0 12.4
トップディーヴォの内を0.5秒追走同入

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 56.7 41.1 26.1 12.3

12/13 栗坂良 馬なり
→1回 54.1 39.1 25.6 12.9

【調教評価】

間隔が詰まっているので、馬なりでサラッと。

うまく手前を替えて、最後までスムーズに走れていた。

馬体も充実し、好調。

 

<イシマツ>

12/7 栗坂良 馬なり
→1回 51.4 37.9 25.1 12.5
ニシノベースマンを0.6秒追走0.3秒先着

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 42.0 27.6 14.3

12/14 栗坂良 一 杯
→1回 50.7 37.8 25.1 13.0
ルイを0.4秒追走0.5秒先着

【調教評価】

地方からの転入馬。木曜追い。

手足が長いが、全体に馬体が薄く、

まだ非力な印象。

 

<アイアンクロー>

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 54.5 40.1 26.7 13.4

12/6 栗CW良 一 杯
→83.2 68.8 54.9 41.7 13.9

12/9 栗CW良 直一杯
→72.0 55.2 40.0 11.7

12/13 栗坂良 馬なり
→1回 53.1 38.6 25.2 12.6

【調教評価】

前走よりも馬体が逞しく見え、

動きも力感アップ。

中間は速い時計があまり多くないのが気になるが、

気配自体は良くなっている。

 

【朝日杯フューチュリティステークス2017】穴馬の調教・最終追い切りの分析まとめ

今回は、下位人気の馬の調教・最終追い切りの分析をしていきました。

そのなかでも、人気馬に割って馬券内に入れるチャンスがある

穴馬を紹介いたします。

人気ブログランキングにて公開しています。

穴馬は・・・

この馬人気ブログランキングへ

大型馬なので中間の調教量を増やし、

先週末、今週としっかり乗り込んで態勢を整えた。

フットワークが大きく、長く脚を使える点からも、

外回りの阪神コースに舞台が移るのはプラスになる。

距離は問題ない。

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク