Pocket

 

今回は、無料予想と有力馬の調教・一週前追い切り分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

断トツでのファン投票1位のキタサンブラックがラストランで出走してきます。

ずっとグランプリは1着になれてないキタサンブラックは、

最後は期待に応えれるのか。

疲れや反動もある馬もいるので、調教・一週前追い切りみて

分析していきたいと思います。

 

【有馬記念2017】有力馬の調教・一週前追い切り分析

<キタサンブラック>

(前回) 栗CW良 末強目
→84.8 69.4 54.1 40.1 12.9

12/9 栗CW良 馬なり
→7F99.7 67.9 53.8 39.9 12.6
メールドグラースの外を3F併0.1秒先着

12/13 栗CW良 一 杯
→7F95.0 64.1 50.6 37.9 12.2
アキトクレッセントの外を1.3秒追走同入

(13日、栗東CW)

脚いろは見劣ったが、大きく追走したし、

相手は攻め駆けするタイプで、

自身はあまり攻め駆けしないタイプ。

7Fから意欲的に追われ、

元気一杯。毛ヅヤが冴えているし、

馬体は依然充実

 

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→80.4 65.2 50.3 37.0 11.7

12/10 栗CW良 馬なり
→75.4 58.6 42.8 13.6

12/12 栗坂良 馬なり
→1回 59.4 44.2 29.3 15.0

12/14 栗CW良 一 杯
→7F95.8 63.0 49.4 36.5 11.8
リッジマンの外を0.7秒追走4F併0.5秒先着

(14日、栗東CW)

行きっぷりが良く、ゴール前70mから追って、

準オープン馬をアッサリ突き放す。

先週の一番時計であり、自己ベスト

内にモタれることもなく、

トモなどがしっかりしたよう。文句ないパフォーマンス

 

<シュヴァルグラン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 41.0 26.5 12.7

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 42.2 27.8 14.1

12/12 栗坂良 馬なり
→1回 59.4 44.3 29.7 15.0

12/14 栗CW良 一 杯
→82.8 65.9 51.4 38.0 12.4
エタリオウの内を0.4秒追走0.2秒遅れ

(14日、栗東CW)

3頭併せの内。

外の2頭よりはかなり内を回ったが、

中の2歳馬にはアッサリ遅れてしまう。

ただ、もともと稽古にはムラがあるタイプ

馬体の張りや肌艶は良く、そう心配はいらない

 

<ミッキークイーン>

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 52.0 37.6 24.4 12.1

12/7 栗坂良 強 目
→1回 53.3 38.6 25.3 12.6
ストロングタイタンを1.3秒追走クビ遅れ

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 59.1 43.1 28.3 14.2

12/14 栗坂良 一 杯
→1回 53.2 38.5 24.9 12.0
マウントゴールドを0.2秒追走同入

(14日、栗東坂路)

1週前は坂路。

これは昨年と違う調整パターンだが、

併せてしっかりとやれただけに、

さほど問題ないと見る。

久々を叩いた上積みは、当然見込めるだろう。

 

<サトノクラウン>

(前回) 南W重 末強目
→54.5 38.4 14.0

12/10 南W良 馬なり
→58.7 43.2 14.5

12/14 南P良 一 杯
→65.6 50.5 36.4 11.5
キャンベルジュニアの内を0.2秒追走同入

(14日、美浦南P)

デビュー以来初めてポリトラックコースでの追い切り。

キャンベルジュニアには完全にアオられたが、

ゴール前はギアが変わるような感じで力強い伸び。

疲れや反動はなく、力は十分に出せそう

 

<レインボーライン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.9 41.5 26.9 12.9

12/14 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 40.1 26.0

(14日、栗東坂路)

サーッと伸ばす程度だったが、

柔軟なフォームで駆け抜けた。

馬体もフックラとしていて、いい感じ。

大きな上積みまでは感じないが、状態は安定。

 

<ヤマカツエース>

(前回) 栗CW良 稍一杯
→80.6 65.6 51.0 37.8 11.5

12/10 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 41.7 26.9 13.3

12/13 栗CW良 一 杯
→81.1 64.4 50.5 37.6 12.3

(13日、栗東CW)

ラストは右手前になったが、

そう内にモタれることはなかった。

普段のキャンターは重心が高いが、

ギャロップは結構重心の低い走り。

毎回のように稽古は動くが、この中間もいい感じ。

 

【有馬記念2017】有力馬の調教・一週前追い切り分析まとめ

有力馬の調教・一週前追い切り分析をしてみて

現時点で注目している馬を紹介します。

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

落ち着きも出てきたし、

背腰の状態もしっかりしてきた。

春よりも成長は窺える。

東京に比べて器用さが必要だし、

枠順の有利不利もあるけど、

ジョッキーがうまくコントロールしてくれればいけるはず。

有馬という大きな舞台で一線級相手だし、

あくまで挑戦者としてだが、十分に

能力はあるし通用する。

更に、一週前追い切りでは、

先週の一番時計であり、自己ベストを更新している。

内にモタれることもなく、トモなどがしっかりしたよう。

一週前追い切りでは文句のないパフォーマンスをしている。

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク