Pocket

 

今回は、有馬記念2017の無料予想とキタサンブラック・有力馬の出走馬分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

キタサンブラックが昨年に続きファン投票1位。

キタサンブラックはこれがラストランとなるが、

多くのファンからの支持に応えることができるかどうか。

キタサンブラックと他の有力馬の出走馬分析をしていきます。

 

【有馬記念2017】有力馬の出走馬分析

<キタサンブラック>

中山実績【2.1.2.0】

2500m実績【0.1.1.0】

中山2500m実績【0.1.1.0】

右回り実績【7.2.3.1】

左回り実績【4.0.1.1】

天皇賞(春)を2年続けて勝ち、今年は春秋連覇。

4歳時にジャパンCに優勝し、GⅠを計6勝。

宝塚記念③⑨着。有馬記念は③②着。

不足しているのはグランプリのタイトル

昨年はサトノダイヤモンドにクビ差の惜敗だった。

今年もファン投票1位。

今季限りでの引退が発表され、

天皇賞(秋)で不良馬場の激闘を制したあと、

前走のジャパンCは3着。

この馬らしい堂々としたレース運びで後続には4馬身差をつけた。

評価が下がる内容ではない。

1週前の追い切りで十分に負荷をかけられ、

悔いのない仕上げ。チャンピオンとして有終の美を飾りたい。

 

<スワーヴリチャード>

中山実績【0.0.0.1】

2500m実績【1.0.0.0】

中山2500m実績【未】

右回り実績【1.1.0.1】

左回り実績【2.2.0.0】

日本ダービーでレイデオロの2着したあと、

秋の復帰が遅れたが、初の古馬相手となったアルゼンチン共和国杯で

2着に2馬身半差。

圧倒的な勝ちっぷりを見せた。

今季2戦目、ジャパンCを使った馬たちより

ローテーションにゆとりがあり

3歳の上昇度に魅力一杯。

東京②①②①着の巧者で、

コース替わり有利とは言えないが、

皐月賞でもレイデオロとクビ差だったし、

当然、春以上のパフォーマンスを見込める。

古馬との斤量差も魅力

 

<シュヴァルグラン>

中山実績【0.0.0.1】

2500m実績【1.0.0.1】

中山2500m実績【0.0.0.1】

右回り実績【5.5.4.5】

左回り実績【2.0.1.0】

天皇賞(春)③②着。昨年のジャパンCも3着。

常にキタサンブラックの後を追い続けてきた。

今年の宝塚記念ではようやく先着を果たしたが、

自身が8着では意味がない。

そして迎えたのが今年のジャパンC。

京都大賞典から十分にレース間を開き、

大外枠の前年と違い枠も絶好。

好位で折り合い、直線力強く抜け出すと

3歳レイデオロの追撃も斥けた。

姉ヴィルシーナ、妹ヴィブロスに続き、

見事GⅠを射止めた。

前走のレースぶりなら小回り中山にも対応できそう。

 

<ミッキークイーン>

中山実績【0.0.0.1】

2500m実績【0.0.0.1】

中山2500m実績【0.0.0.1】

右回り実績【4.3.3.1】

左回り実績【1.2.0.2】

昨年の有馬記念5着。

宝塚記念は3着。

牡馬相手でも上位を争う力がある。

ぶっつけとなったエリザベス女王杯でも

目立つ脚で前2頭に迫った。

1度使われての上積みは十分だろう。

小回り向きとは言えないが、ツボに嵌まれば昨年以上も。

 

<サトノクラウン>

中山実績【1.0.0.1】

2500m実績【未】

中山2500m実績【未】

右回り実績【4.0.0.3】

左回り実績【2.1.1.3】

サトノクラウンはキタサンブラックと同じ世代。

皐月賞で先着を許したが、日本ダービーでは3着とこちらが上だった。

宝塚記念で国内GⅠを制覇。

天皇賞(秋)はクビ差2着。

馬体減の影響が感じられた大阪杯のあとは体重を減らすこともなく、

充実ぶりが目立っていた。

ジャパンCは外を追い上げたにしても負け過ぎだが、

1週前はポリトラックで追い切り、

攻めパターンを変えてきた。

これが気性面を含めいい方向に働けば。

 

<レインボーライン>

中山実績【0.0.0.2】

2500m実績【0.0.0.1】

中山2500m実績【0.0.0.1】

右回り実績【3.3.2.5】

左回り実績【0.0.2.4】

レインボーラインは天皇賞(秋)3着。

キタサンブラック、サトノクラウン相手に食い下がった。

宝塚記念は5着。ジャパンC6着も悪くはないが、

3歳の昨年と同じ着順では成長したとまでは言い難い。

勝ち星から遠ざかっていることもあり、もう一歩の奮起を。

 

<シャケトラ>

中山実績【1.0.0.0】

2500m実績【1.0.0.0】

中山2500m実績【1.0.0.0】

右回り実績【4.1.0.2】

左回り実績【0.0.1.2】

宝塚記念4着。

この秋2戦が冴えないが、

中山2500メートルは日経賞を勝った舞台

右回りで見直す手はありそうだ。

 

【有馬記念2017】有力馬の出走馬分析まとめ

今回は、有力馬の出走馬分析をしました。

現時点で気になっている有力馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

 

前走は、ダービー以来の実戦で体重は10kg増だったが、成長分

圧倒的な勝ちっぷりを見せた

今季2戦目、ジャパンCを使った馬たちより

ローテーションにゆとりがあり

3歳の上昇度に魅力一杯。

コース替わり有利とは言えないが、

当然、春以上のパフォーマンスを見込める。

古馬との斤量差も魅力。

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク