Pocket

今回は、日経賞2018G2予想と

過去データ(10年分)傾向・分析、

予想オッズを中心とした記事

書いていきたいと思います。

有馬記念と同じ中山芝2500mで施行される古馬G2。

1着馬に天皇賞・春の

優先出走権が与えられる重要な一戦。

この時期に行われるようになったのは

1984年からで、85年シンボリルドルフ、

87年ミホシンザン、93年ライスシャワー、

2013年フェノーメノは

ここを勝って盾取りに成功している。

今年は、どの馬がこのレースを制するのか、

それでは過去10年のデータから

傾向を分析し馬券のポイント

探っていくことにします。

 

【日経賞2018】予想オッズ

1番人気キセキ                       2.7
2番人気トーセンバジル           3.9
3番人気ゼーヴィント              5.4
4番人気ロードヴァンドール     6.5
5番人気ガンコ                       6.7
6番人気サクラアンプルール     8.6
7番人気ソールインパクト      17.8
8番人気チェスナットコート   43.5
9番人気ノーブルマーズ         56.8

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【日経賞2018】過去データ(10年)傾向・分析

【人気別】

1番人気 【4.1.1.4】
2番人気 【1.2.1.6】
3番人気 【0.1.3.6】
4番人気 【3.1.1.5】
5番人気 【0.1.0.9】

阪神で施行された2011年には

3連単930円、

中山芝2500mで行われた

2008年と2016年にも

2000円台の配当が出るなど

堅く収まることもある一方、

単勝万馬券のコパンチが勝って

3連単45万馬券が出現した

2012年のようなケースもあり、

人気傾向はとらえづらい

1番人気は2008年以降【4.1.1.4】と

及第点にあるものの、

単勝オッズ1倍台の2頭が

3、5着に敗れているように過信は禁物。

 

【枠順別】

1枠 【2.2.0.7】
2枠 【0.0.2.11】
3枠 【0.1.0.15】
4枠 【1.1.2.13】
5枠 【2.4.1.11】
6枠 【2.2.0.14】
7枠 【1.0.3.15】
8枠 【2.0.2.16】

スタート後の直線部分が200m弱しかなく、

外枠不利とされる中山2500mだが、

このレースはほとんど

フルゲートにならないので、

外枠の不利は限定的である。

2008年以降にこのコースで

行われた過去9回(阪神開催除く)では、

1~4枠の2勝、2着4回、3着4回に対し、

5~8枠が7勝、2着5回、3着5回と優勢。

8枠も2013年フェノーメノ、

2016年ゴールドアクターが勝利しており、

大外が圧倒的に不利な

有馬記念のようなイメージは持たなくてもいい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.0.9】
先行馬 【6.5.4.24】
差し馬 【3.4.4.34】
追込馬 【0.1.2.35】

<上り3F>

1位   【7.1.2.1】
2位   【1.5.3.3】
3位   【1.2.2.4】
~5位【0.0.2.19】
6位~【1.2.1.75】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.0.7】
2番手以内   【3.2.0.17】
3番手以内   【6.4.3.28】
4番手以内   【7.5.4.33】
5番手以内   【8.6.5.40】
7番手以内   【8.8.6.54】
10番手以内 【10.9.10.74】

2番手以下   【8.9.1095】
3番手以下   【7.8.10.85】
4番手以下   【4.6.7.74】
5番手以下   【3.5.6.69】
7番手以下   【2.2.4.53】
10番手以下 【1.1.2.33】
13番手以下 【0.0.0.16】
16番手以下 【0.0.0.1】

中山芝2500mはコーナーを

6度回るとあって先行勢が息を入れやすく、

前が有利なコース形態である。

2008年以降にこのコースで

施行された9回(阪神開催除く)では、

4角5番手以内

7勝、2着6回、3着4回と他を圧倒している。

早め進出がセオリーとなるコースだけに、

直線一気は決まりにくい。

2010年1着のマイネルキッツ、

2012年2着のウインバリアシオンなど、

レースの上がりより2秒近く速い脚が

使えるようなタイプでない限り、

後ろからの馬には厳しいと

考えたほうがいいだろう。

 

【世代別】

4歳   【4.4.3.22】
5歳   【3.1.3.19】
6歳   【2.2.2.21】
7歳   【1.2.2.22】
8歳   【0.0.0.8】
9歳   【0.1.0.7】
10歳 【0.0.0.3】

過去の傾向から、

4歳馬が圧倒的に良い

成績を残している。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【4.4.4.40】
58.0㎏ 【2.1.2.10】
59.0㎏ 【2.0.1.1】
57.0㎏ 【1.4.1.38】
55.0㎏ 【1.1.2.11】

 

【前走別】

<レース別>

有馬記念組    【3.4.2.6】
AJCC組    【2.2.1.12】
日経新春杯組 【2.0.2.5】
京都記念組    【1.3.0.7】
ジャパンC組 【1.1.0.2】

<距離別>

2200m組 【3.5.1.22】
2500m組 【3.4.2.13】
2400m組 【3.1.2.14】
3400m組 【1.0.2.13】
1800m組 【0.0.2.14】

◆同距離 【3.3.3.13】
◆延長    【6.6.4.67】
◆短縮    【1.1.3.21】

<間隔別>

中10週組 【4.5.4.30】
中8週組   【3.2.1.14】
中4週組   【1.1.1.14】
中9週組   【1.0.1.5】
中6週組   【1.0.0.2】

2008年以降、

前走レース別では

同コースの有馬記念出走馬

【3.4.2.6】と高相性であり、

2016年には上位3着を独占している。

有馬記念組以外では

AJCC、日経新春杯、京都記念と

いった前走G2組が好走しており、

昇級馬を含む前走が非重賞だった馬は

2009年2番人気アーネストリーの4着が最先着。

上がり馬タイプより実績馬が強いレース。

 

【日経賞2018】過去データ(10年)傾向・分析まとめ

◆1番人気は2008年以降【4.1.1.4】と及第点。

◆5~8枠が7勝、2着5回、3着5回と優勢。

◆前が有利なコース形態である。

◆4歳馬が圧倒的に良い成績。

◆有馬記念出走馬が【3.4.2.6】と高相性。

今回は、日経賞2018の

過去データ(10年)傾向・分析をしました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

今回も主導権を

握ることになるだろうし

小回りの中山を味方

単騎で逃げるとしぶといタイプ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク