Pocket

今回は、日本ダービー2018無料予想と

有力馬分析と買い目を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週の日曜東京メインは

競馬の祭典・日本ダービー。

全てのホースマンが夢見る舞台で、

3歳馬の頂点を決めるレース。

2015年生まれのサラブレッド

6955頭の頂点が決する。

そのうち一生に一度の

大舞台に立つことが

できるのはわずか18頭。

今年は過去10年で2位タイとなる

重賞勝ち馬13頭がメンバーに名を連ねるが、

例年にない混戦ムードを

断ち切るのは、果たしてどの馬か。

ここでは、有力馬分析をし

予想と買い目を書いていきます。

 

 

【日本ダービー2018】枠順

1枠1番ダノンプレミアム
1枠2番タイムフライヤー
2枠3番テーオーエナジー
2枠4番アドマイヤルンバ
3枠5番キタノコマンドール
3枠6番ゴーフォザサミット
4枠7番コズミックフォース
4枠8番ブラストワンピース
5枠9番オウケンムーン
5枠10番ステイフーリッシュ
6枠11番ジャンダルム
6枠12番エポカドーロ
7枠13番グレイル
7枠14番エタリオウ
7枠15番ステルヴィオ
8枠16番ジェネラーレウーノ
8枠17番ワグネリアン
8枠18番サンリヴァル

 

【日本ダービー2018】オッズ

1番人気ダノンプレミアム        2.3
2番人気ブラストワンピース     5.1
3番人気キタノコマンドール     7.4
4番人気ワグネリアン             10.4
5番人気エポカドーロ             10.6
6番人気ステルヴィオ             15.5
7番人気ゴーフォザサミット    18.9
8番人気ジェネラーレウーノ    21.5
9番人気グレイル                   28.6

 

【日本ダービー2018】コース紹介(東京芝2400m)

中央競馬を代表する主要コース。

日本ダービーやジャパンCが

行われる舞台。

スタートは正面スタンド前直線から。

スタート後、平坦のホームストレッチを走り、

ゴール板を一度通過。

そこからグルリとコースを一周する。

最初の1コーナーまでの距離は約350m(Aコース時)。

1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。

約450mある長いバックストレッチを通り、

3コーナー手前にさしかかるところで

緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては

下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

スタート直後は先行争いが

あるため少し流れるが、

1~2コーナーに入れば落ち着く。

全体的にはスローペースで、

最後の直線勝負が基本。

G1でも飛ばす馬がいなければ

ペースは遅くなり、走破時計も速くならない。

全馬が力をフルに発揮できるコース形態で、

瞬発力とスタミナの両方を

バランスよく持ち合わせている

馬でないと勝つのは難しい。

脚質的にもあらゆるタイプが対応できる。

●水準ラップ(3F-3F-3F-3F)

3歳以上重賞(35.9-37.1-37.1-34.6=2.24.7)

 

好走枠→内枠(勝率:9.0%)(複勝率:24.1%)

好走脚質→差し(勝率:9.3%)(複勝率:26.0%)

 

 

【日本ダービー2018】有力馬分析

<ダノンプレミアム>

弥生賞で無傷の4連勝を達成。

東京ではサウジアラビアRCをレコード。

挫跖による調整遅れで

皐月賞は回避の憂き目にあったが、

目標を日本ダービーに切り替えて、

先週は7ハロンから半マイル50秒を切る

好時計で追い切られた。

ここまでレース間を開いて

使われてきたことを思えば

久々を気にする必要はないかも。

初距離の弥生賞では力む面が見られた。

力があり余っているであろう点を踏まえて、

折り合い面は課題に。

2歳王者の復活成るかは

そのあたりがポイント。

 

<キタノコマンドール>

すみれSを破格の好時計で勝った

キタノコマンドールにとって

皐月賞の馬場状態はマイナス材料だった。

揉まれるのを嫌って最後方に控え、

長く脚を使って追い上げている。

当時が他より少ないキャリア3戦目。

GⅠでの経験は大きな財産になる。

もともと距離が延びての

期待が大きかった。

姉がジャパンC2着、

オークス3着の舞台。

本領発揮といきたい。

 

<ゴーフォザサミット>

ゴーフォザサミットは

共同通信杯4着、スプリングS7着と

物足りないレースが続いた。

距離が延びた青葉賞では

スムーズに流れに乗り、

抜け出す脚も速く2着に2馬身差。

小回りの中山からガラリ一変。

東京で2勝目を挙げ、

明らかにこのコースが向く。

勝てば藤沢和厩舎は

レイデオロに続いて2年連続の勝利。

再度同舞台なら。

 

<ブラストワンピース>

新馬は5番人気。

大型で馬体に余裕があり、

追い切りも遅れていたが、

2着以下を寄せつけなかった。

2カ月半ぶりのゆりかもめ賞は2番人気。

稍重の馬場を気にしたのか、

前半、いい位置を取れなかったが、

エンジンのかかりが早く、

終わってみれば4馬身差の楽勝。

東京2戦2勝。

日本ダービーと同じ2400メートルで

勝っている点が強みになる。

1番人気に推された毎日杯は初の右回り。

2番手で折り合いをつけ、クビ、クビの

次位争いに2馬身差。

2着ギベオンがNHKマイルCでも2着だから、

レベルの高さは疑いようがない。

一戦毎に成長を示し、当初の予定通り、

トライアルはパスして本番へ。

今回もスケールの大きな走りを見せてくれそう。

 

<エポカドーロ>

ハナ差2着のスプリングSで

一線級の能力を示し、

一気に抜け出してきた。

皐月賞の勝ちっぷりは鮮やか。

離れた4番手がまさに

絶好位となったレースで

展開の利が大きかったが、

抜け出す脚の速さは目を引いた。

母が短距離系。距離延長は課題になるが、

自身は折り合いがつき、

再度抜け出す場面があるか。

抑えが利くレースぶりから

更に距離が延びても有力視できる。

 

<ステルヴィオ>

皐月賞で初めて

ダノンプレミアム以外の馬に敗れた。

大きく離して先行した3頭のうち1頭でも

3着に残った馬場状態を思うと

4着以下は勝負圏外の位置取り。

追い比べで一歩でも

先んじた点は評価できる。

スプリングSでは

皐月賞馬エポカドーロを

負かしているし、東京も経験済み。

巻き返しの可能性は十分に。

 

<ジェネラーレウーノ>

京成杯以来となった

皐月賞は増減なくいい仕上がり。

3頭で離して逃げる形となり、

4~5番手の2頭に流れが向いたが、

前3頭では唯一掲示板を確保した。

成長段階での好走で能力が高い。

主導権を握れそうなので距離が延びても。

 

<ワグネリアン>

デビューから3連勝。

年明けの弥生賞で2着し、

1番人気に押し出された

皐月賞は7着に終わった。

外から次々と行かれて

いつもより後方から。

このあたりは内枠の影響。

4角では更に外から並びかけてきた

キタノコマンドールにしばらく

食い下がっていたが、

結局グレイルにも及ばなかった。

予想以上に馬場状態に苦しんだようだ。

ここまでのベストパフォーマンスは

2着に3馬身差をつけた

東スポ杯2歳S。

コース替わりでリズム良く走れれば。

直線が長いコースで真価を発揮する。

 

<サンリヴァル>

サンリヴァルは皐月賞2着。

これも位置取りの良さが

好結果につながった。

タイミング良く抜け出した

勝ち馬によく食い下がっている。

東京は初めてだが、

両祖母ともがオークス馬という配合で

距離延長は好条件になりそうだ。

 

 

【日本ダービー2018】無料予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ16
好位01101218
中位08一団
後方0215

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇06ゴーフォザサミット
▲09オウケンムーン
☆01ダノンプレミアム
穴13グレイル
△0204081215161718

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

追って伸びる脚が武器。

東京替わりはプラス材料。

この騎手なら脚も余さず

使ってくれる。

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴ー印

〇-▲穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク