Pocket

今回は、日本ダービー2018の無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週の日曜東京メインは

競馬の祭典・日本ダービー。

全てのホースマンが夢見る舞台で、

3歳馬の頂点を決めるレース。

2015年生まれのサラブレッド

6955頭の頂点が決する。

そのうち一生に一度の

大舞台に立つことが

できるのはわずか18頭。

今年は過去10年で2位タイとなる

重賞勝ち馬13頭がメンバーに名を連ねるが、

例年にない混戦ムードを

断ち切るのは、果たしてどの馬か。

6955頭の頂点に立つ馬を

出走馬の調教・一週前追い切りから

探っていきたいと思います。

 

【日本ダービー2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②

<ジェネラーレウーノ>

(前回) 南W良 直一杯
→53.0 39.0 13.1 ⑦

5/11 南W稍 馬なり
→68.4 52.9 38.2 12.4 ⑦

5/17 南W良 強 目
→64.8 50.0 36.8 12.5 ⑧
ナスノセイカンの内1.3秒追走0.3秒先着

5/20 南坂良 末強目
→1回 56.7 38.4 24.5 12.3

【1週間追い切り評価】

(17日、美浦南W)

相手は馬なりではあったが、

1秒以上追いかけて

内に潜り込むと

軽く仕掛けただけで

一気に抜き去ってきた。

素晴らしい反応の速さで、

力強さに溢れた

フットワークも目を引いた。

皐月賞の疲れはスッカリ抜けて、

いい雰囲気になった。

 

<ジャンダルム>

(前回) 栗CW良 末強目
→52.9 38.3 11.4 ⑦

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 58.3 42.8 28.1 13.5

5/16 栗CW良 一 杯
→83.2 68.3 53.2 39.0 11.5 ⑧
サトノノブレスの内0.8秒追走0.3秒先着

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 55.2 40.1 26.0 12.5

【1週間追い切り評価】

(16日、栗東CW)

毎回毛ヅヤが冴えて

毎回稽古の動きは鋭い。

回転力十分に

古馬オープンを突き放す。

朝イチの馬場とはいえ、

ラスト11秒5は優秀。

 

<ステイフーリッシュ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 55.5 40.0 25.4 12.6

5/15 栗坂重 馬なり
→1回 60.1 44.8 29.4 14.5

5/18 栗坂良 馬なり
→1回 53.7 39.1 25.5 12.8

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 60.6 44.5 29.8 14.8

【1週間追い切り評価】

(18日、栗東坂路)

朝一番の開場直後に追われたが、

リズミカルな走りでグングンと伸びた。

馬体細化が見られないのも何より。

疲れなどまったく見られず、

いい状態をキープ。

 

<ステルヴィオ>

(前回) 南W良 馬なり
→53.7 38.7 12.8 ③

5/16 南W良 馬なり
→81.4 66.4 51.7 37.6 12.7 ④
ヴェラヴァルスターの内0.6秒追走0.2秒先着

5/18 南坂良 馬なり
→1回 61.7 45.2 29.6 14.6

5/20 南坂良 馬なり
→1回 55.2 39.9 25.2 11.9

【1週間追い切り評価】

(16日、美浦南W)

ルメール騎手を背に古馬を追走。

抑えたままの手応えで並びかけ、

最後は手綱を放して

スッと1馬身先着。

力が漲った走りは相変わらずで、

集中力も素晴らしい。

デキは万全。

 

<タイムフライヤー>

(前回) 栗CW良 末一杯
→79.0 63.6 49.5 36.7 12.3 ⑥

5/12 栗坂良 馬なり
→2回 57.4 40.4 25.6 12.5
タニノミステリーを0.8秒追走同入

5/16 栗CW良 一 杯
→80.6 65.6 51.1 37.4 12.3 ⑦
ダノンロッソの内1.2秒追走0.7秒先着

5/20 栗坂良 末一杯
→2回 57.3 40.9 26.0 12.2
ケルンウィナーを0.6秒追走0.7秒先着

【1週間追い切り評価】

(16日、栗東CW)

例によって耳覆いなしの

メンコを着用。

前のかき込みが良く、

重心の低い走り。

相手が頭を上げている時に、

一気に突き放す。

ややトモは甘いが、

稽古の感じはずっといい。

 

<ダノンプレミアム>

(前回) 栗CW良 馬なり
→85.0 68.2 52.7 38.2 11.6 ⑤

5/13 栗CW良 馬なり
→43.2 14.2 ⑧

5/17 栗CW良 強 目
→7F95.6 63.8 49.9 36.8 11.3 ⑦
ダノンレーザーの外0.8秒追走同入

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 62.3 45.2 29.0 13.9

【1週間追い切り評価】

(17日、栗東CW)

3頭併せで3角は内を回って、

直線だけ外に出す稽古。

目一杯でなくとも、

推進力十分の走りで、

特にゴールを過ぎてからの

勢いは目立った。

落ち着きもあるし、

弥生賞時同様、

筋肉が浮いた迫力ある馬体。

中間一頓挫あって休んだが、

1角まで追って

相当ハードにやれており、

ほぼ影響はなさそう。

 

<テーオーエナジー>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 50.5 36.9 24.1 12.4

5/16 栗坂良 馬なり
→1回 53.7 38.0 24.2 12.0

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 56.5 39.9 24.7 11.8

【1週間追い切り評価】

(16日、栗東坂路)

もともと攻め駆けするタイプだが、

軽快なフットワークで

駆け上がってきた。

割と軽い走りをするので、

芝も十分こなせそう。

 

<ブラストワンピース>

(前回) 南W良 強 目
→52.3 37.2 12.6 ④

5/13 南坂良 馬なり
→1回 56.6 41.6 27.2 12.9

5/16 南W良 直一杯
→80.0 65.2 50.6 36.1 12.5 ⑤
カルヴァリオの内0.5秒追走0.2秒先着

5/20 南坂良 馬なり
→1回 56.7 41.8 26.3 12.3

【1週間追い切り評価】

(16日、美浦南W)

池添騎手が跨って、

6Fからペースアップ。

先行した相手が

動くこともあるが、

かなり必死に追って

何とか先着した形。

まだ少し重さは残るが、

フットワークはド迫力。

レースまでにどこまで

引き締めるかだろう。

 

<ワグネリアン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→86.1 69.2 53.8 40.0 13.0 ⑥

5/13 栗坂良 馬なり
→1回 55.4 40.1 25.9 12.5

5/16 栗CW良 一 杯
→7F92.8 62.6 49.7 36.8 11.7 ⑥
ポポカテペトルの内0.9秒追走0.5秒先着

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 43.1 28.7

【1週間追い切り評価】

(16日、栗東CW)

馬場入場時に既に発汗が多く、

テンションが高いのは気になるが、

芝並みの自己ベストをマークと、

さすがの脚力。

馬体がもう少し

パワーアップすればいいが、

現状でも十分スキルは高い

 

 

【日本ダービー2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②まとめ

今回は、日本ダービー2018

出走馬の調教・一週前追い切り

評価しました。

その中でも良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

調教では、自己ベストをマーク。

エンジンのかかりは遅いけど、

追って味のある馬。

東京の2400mは魅力的

デキも絶好。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク