Pocket

今回は新潟大賞典2018と無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

新潟大賞典は、ハンデ重賞らしく波乱が目立ち、

1番人気馬が11連敗中で、2桁人気馬が

近3年続けて連対。

そのぶん妙味はたっぷりだけに、

状態はもちろん、速い時計が出る

新潟特有の芝への対応力など、

しっかり適性を見極めたいレースだ。

今年は、どの馬が新潟大賞典を制するのか、

ここでは、過去10年の傾向から

データ分析し勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは予想オッズから見ていきます。

【新潟大賞典2018】予想オッズ

1番人気トリオンフ               2.7
2番人気ステファノス            3.6
3番人気スズカデヴィアス      5.6
4番人気マイスタイル            5.8
5番人気ハクサンルドルフ      8.4
6番人気トーセンマタコイヤ  19.7
7番人気カレンラストショー  21.5
8番人気ステイインシアトル  26.6
9番人気アウトライアーズ     43.0

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【新潟大賞典2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【0.1.2.7】
2番人気   【2.1.1.6】
3番人気   【3.2.0.5】
4番人気   【0.0.2.8】
5番人気   【3.0.0.7】
6番人気   【1.1.2.6】
7番人気   【0.0.1.9】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【0.0.1.9】
10番人気 【1.1.0.8】
11番人気 【0.2.0.8】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【0.1.0.9】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【0.0.0.10】
16番人気 【0.1.0.7】

2008年以降、1番人気は【0.1.2.7】と未勝利。

2~3番人気もトータル【5.3.1.11】と、

5頭の勝ち馬を出している半面、

複勝率は50%を割り込んでおり、

人気サイド全体の信頼度は決して高くない。

対照的に10番人気以下は6連対をマーク。

ハンデ戦らしく人気薄の台頭が目立つのが、

当レースの特徴である。

馬連の3桁配当は一度もないので、

中穴~大穴を積極的に狙っていきたいところだ。

 

【枠順別】

1枠 【2.0.1.17】
2枠 【0.3.2.15】
3枠 【3.4.1.12】
4枠 【0.1.1.17】
5枠 【3.1.1.15】
6枠 【1.0.2.16】
7枠 【0.0.1.19】
8枠 【1.1.1.17】

枠順別成績を見ると、

連対率と複勝率の高さは

「内>中>外」という序列。

しかし、単勝回収率では

4~5枠が他を圧倒している。

それを踏まえると、

内枠と中枠はほぼ互角と言えそう。

対照的に外枠である6~8枠は、

複勝率こそ微差の一方で、

勝率は低水準。

単勝・複勝回収率の低さも目立っており、

「やや外枠不利」ととらえたほうが自然である。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.0.0.10】
先行馬 【2.3.2.28】
差し馬 【6.6.3.46】
追込馬 【2.1.5.43】

<上がり3F>

1位   【5.3.3.2】
2位   【3.2.1.7】
3位   【0.1.2.5】
~5位【2.1.3.18】
6位~【0.3.1.95】

<4角位置別>

4角1番手    【0.0.0.10】
2番手以内   【1.2.1.22】
3番手以内   【2.3.1.28】
4番手以内   【2.3.2.38】
5番手以内   【2.4.3.43】
7番手以内   【5.7.3.63】
10番手以内 【8.9.5.84】

2番手以下   【10.10.10.118】
3番手以下   【9.8.9.106】
4番手以下   【8.7.9.100】
5番手以下   【8.7.8.90】
7番手以下   【7.4.7.76】
10番手以下 【4.2.7.49】
13番手以下 【1.0.2.25】
16番手以下 【0.0.0.6】

脚質に関しては、

以前は先行有利の

傾向が強かったが、

近年は差し優勢。

2008年以降の3着以内馬30頭中21頭が

4角6番手以下に位置していた。

ただし、4角14番手以下から連対を

果たした馬はゼロ。

直線の長い新潟外回りコースではあるが、

後方から追い込むのは

難しいと考えたほうがいい。

最後の直線が平坦である影響は、

想像以上に大きいのである。

 

【世代別】

4歳   【2.3.2.24】
5歳   【3.1.4.26】
6歳   【3.4.2.27】
7歳   【1.2.2.27】
8歳   【1.0.0.12】
9歳   【0.0.0.11】
11歳 【0.0.0.1】

 

【斤量別】

56.0㎏ 【5.3.7.21】
57.0㎏ 【3.2.0.25】
55.0㎏ 【2.2.1.34】
54.0㎏ 【0.2.0.17】
57.5㎏ 【0.1.0.4】

2008年以降のトップハンデの成績は

【2.2.1.13】。

ただし、3着以内馬の

斤量は56~57キロで、

57.5キロ以上背負わされた馬の

馬券絡みはゼロ。

トップハンデ以外でも

57.5キロ以上の好走例は皆無で、

重ハンデを課された馬は

大きな減点材料となる。

一方、軽ハンデ馬も不振傾向で、

54キロは未勝利、53キロ以下は

すべて4着以下に終わっている。

つまり、55~57キロの

「適度に背負っている馬」が

最も強いレースと言える。

 

【前走別】

<レース別>

福島民報杯組    【3.0.3.17】
中日新聞杯組    【2.1.0.16】
産経大阪杯組    【1.1.1.11】
フェブラリー組 【1.0.0.0】
大阪城S組       【1.0.0.0】

<距離別>

2000m組 【7.4.6.62】
1600m組 【2.1.1.13】
1800m組 【1.2.2.21】
2400m組 【0.2.1.19】
2200m組 【0.1.0.4】

<間隔別>

中10週以上組 【2.2.5.27】
中3週組         【2.2.4.30】
中7週組         【2.1.0.16】
中2週組         【2.0.0.5】
中4週組         【1.2.1.18】

 

【新潟大賞典2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、新潟大賞典2018

データ分析・過去10年の傾向

見ました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

2000メートルのGIで2着3回と

中距離実績は最上位で、

2015年の天皇賞・秋(2着)では

メンバー最速の上がり3ハロン33秒4を

繰り出しているように、

直線の長い左回りコースは打ってつけの舞台。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク