Pocket

今回は、弥生賞2018GⅡの予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

皐月賞のトライアルであり、

3歳牡馬クラシック第1冠と同じ舞台。

ここで3着以内だった馬は優先出走権が与えられる。

過去の優勝馬には、

ミスターシービー(1983年)、

シンボリルドルフ(1984年)、

ディープインパクト(2005年)と

3頭の三冠馬が名を連ね、

近10年でも、勝ち馬からは

ロジユニヴァース(2009年ダービー)、

ヴィクトワールピサ(2010年皐月賞)、

マカヒキ(2016年ダービー)、

2着馬からもワンアンドオンリー(2014年ダービー)が

クラシックホースへと飛躍。

春のクラシックに直結するレースとなっている。

まさに目が離せない一戦だ。

それでは、調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を探していきたいと思います。

 

【弥生賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

<オブセッション>

(前回) 南W良 馬なり
→70.9 54.4 40.0 13.0 ⑧

2/21 南W良 馬なり
→70.3 54.4 40.3 13.4 ⑧
アヴニールマルシェの内を0.4秒追走3F併同入

2/25 南坂良 馬なり
→2回 55.1 40.0 25.6 12.5
ドラゴンストームを0.4秒追走同入

2/28 南W良 馬なり
→69.2 53.5 39.5 13.0 ⑧
ドラゴンストームの外を0.8秒追走同入

【調教評価】

ずっと舌を出しながらの走りだが、

それでもちょっとその気になると

相手をアオるくらいの勢い。

まだまだ成長の余地はありそうだが、

その分、大物感溢れる動きだった。

馬体もひと回り大きくなった。

 

<アラウン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.0 38.2 25.2 12.7
中間軽め

【調教評価】

疲れ自体はなさそうだが、

脚さばきが硬くて気配はひと息。

変わり身は疑問。

 

<ジャンダルム>

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 52.5 37.9 24.5 12.1

2/22 栗CW良 一 杯
→83.1 67.6 52.6 38.2 11.4 ⑧
サトノダイヤモンドの外を0.6秒先行0.2秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 40.8 26.2 12.8

2/28 栗CW良 末強目
→69.7 52.9 38.8 11.5 ⑦
シャルドネゴールドの内を0.4秒追走0.2秒先着

【調教評価】

2馬身追走から

軽快に先着と動きの良さは

目立っていた。

中間の気配も上々。

軽く仕掛けた程度でスッと伸びて先着。

先週も良かったが、

切れがあって動きは

ブランクを感じさせない。

体もほぼ仕上がっている。

 

<リビーリング>

(前回) 南W稍 馬なり
→83.6 68.0 53.5 39.6 13.1 ⑧

2/21 南W良 馬なり
→72.4 56.4 41.6 13.6 ⑦
ユナリオンスの内を0.4秒追走0.2秒先着

2/25 南W良 馬なり
→70.8 55.2 40.2 13.9 ⑧

2/28 南W良 馬なり
→84.5 68.7 53.7 39.8 13.4 ⑧
ミッキージョイの内を0.4秒追走同入

【調教評価】

長めから乗られたが、

しっかり我慢ができていた。

気性面で成長が見られる。

 

<ヘヴィータンク>

2/18 栗坂良 馬なり
→1回 58.7 42.3 27.6 13.3
マユキを2.1秒先行同入

2/21 栗坂良 馬なり
→1回 55.4 40.9 27.0 13.5

2/28 栗CW良 稍一杯
→73.0 58.2 44.6 14.1 ⑦
ジャスパープリンスの外0.5秒遅れ

【調教評価】

時計、動きともに目立たず、

気配は平凡な印象。

使いつつの良化待ちだろう。

 

<アサクサスポット>

(前回) 南W良 馬なり
→68.1 53.1 38.9 13.2 ⑤

2/16 南W良 馬なり
→88.4 71.9 57.1 42.6 14.5 ⑧

2/22 南W重 強 目
→69.7 54.5 40.0 12.9 ⑦
ユウセイフラッシュの外を0.4秒先行同入

2/28 南W良 馬なり
→68.5 53.7 39.5 13.2 ⑦
アンヴェイルドの内を0.6秒追走0.1秒先着

【調教評価】

加速がついてからの

フォームは迫力十分。

実戦を使われ、体も締まってきた。

 

<トラストケンシン>

(前回) 南坂良 馬なり
→55.9 39.9 25.7 12.5

2/25 南坂良 馬なり
→2回 58.4 41.2 26.6 13.0

2/28 南坂良 馬なり
→2回 60.9 41.9 26.9 13.2

2/28 南坂良 末一杯
→50.9 37.1 24.5 12.4
アッキーを0.6秒追走0.2秒先着

【調教評価】

前を行く僚馬2騎を

あっさりとらえると、

ラストは豪快に伸びて先着。

好調子。

 

<ワグネリアン>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 54.5 40.0 26.1 12.7

2/22 栗CW良 一 杯
→7F96.0 65.5 51.0 37.3 12.0 ④
エタリオウの内を0.8秒追走0.2秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 56.9 41.6 26.8 12.6

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 53.9 39.9 25.9 12.3

【調教評価】

前2週コースでビッシリと追われており、

最終追い切りはいつも通り坂路でサラッと。

それでもそこそこの時計が出たし、

ゴール前はグッと加速する感じで迫力十分。

スムーズに折り合い、

ラストはスパッと切れた。

馬体も太目感なくできており、

万全の態勢で臨めそう。

 

<ダノンプレミアム>

(前回) 栗CW良 馬なり
→52.3 37.4 11.6 ④

2/22 栗CW良 馬なり
→85.1 68.7 53.8 39.0 11.2 ⑧
ゼンノタヂカラオの内を0.4秒追走0.5秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 41.0 26.5 13.2

2/28 栗CW良 馬なり
→85.0 68.2 52.7 38.2 11.6 ⑤

【調教評価】

今週もほぼ馬なりのままで

スッと加速して弾むような動き。

ゴール前は持ったままで

鋭く伸びでフィニッシュ。

休み明けとは思えないほど、

張り、毛ヅヤもいい。

中間も順調で態勢は万全。

ビシビシやっているわけではないが、

ビジュアル的には好仕上がり。

 

<サンリヴァル>

(前回) 栗CW良 直一杯
→85.9 68.6 53.2 38.5 11.4 ⑦

2/21 栗坂良 一 杯
→1回 51.7 38.2 24.5 12.3
アンヴァルを0.8秒追走0.2秒先着

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 61.2 45.4 29.2 14.1

2/28 栗CW良 稍一杯
→83.0 66.1 50.6 37.1 11.8 ⑤
クルークハイトの内を0.5秒追走同入

【調教評価】

今週は追走する形で終い重点。

ラスト1ハロンでまだ後ろだったが、

最後はシャープに伸びて同入。

終始、リズム良く運んで

軽快にフィニッシュ。

中間も入念。

仕上がりは良好だ。

このひと追いで馬体も仕上がりそう。

 

【弥生賞2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回、弥生賞2018の

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

しました。

最終追い切りを見て良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

先週の動きが抜群だったし、今週も上々の反応。

短期間だったが、放牧を挟んで馬も成長している。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク