Pocket

今回は、平安ステークス2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

2013年に従来の1月から5月に

開催時期が移された平安ステークス。

距離も1800m→1900mに変更され、

同時期に行われていた旧東海ステークスと

開催時期および施行条件(グレードを除く)が

入れ替わるかたちになった。

それとともにメンバーのレベルがアップし、

今年もG3とは思えない好メンバーがそろった。

今年は、どの馬が平安ステークスを制するのか

ここでは、過去10年のデータから

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【平安ステークス2018】予想オッズ

1番人気グレイトパール          1.8
2番人気テイエムジンソク       2.5
3番人気サンライズソア          6.9
4番人気ミツバ                    12.5
5番人気クイーンマンボ        20.7
6番人気クインズサターン     29.2
7番人気ナムラアラシ           30.5
8番人気コスモカナディアン  79.8
9番人気アスカノロマン        81.0

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【平安ステークス2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【3.4.0.3】
2番人気   【1.0.0.9】
3番人気   【1.3.0.6】
4番人気   【1.0.3.6】
5番人気   【1.0.4.5】
6番人気   【1.1.1.7】
7番人気   【0.1.1.8】
8番人気   【0.1.0.9】
9番人気   【0.0.0.10】
10番人気 【1.0.0.9】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【1.0.0.9】
13番人気 【0.0.0.9】
14番人気 【0.0.0.9】
15番人気 【0.0.1.8】
16番人気 【0.0.0.8】

2010年以降、1番人気は

【3.1.0.4】とマズマズの信頼度。

1~3番人気のトータルも【5.4.0.15】で、

良くも悪くもないといった成績。

以下の人気についても同様で、

2勝を含む3着以内3回の

2桁人気の奮闘がやや目立つ程度

人気サイドから大穴まで、

まんべんなく馬券に絡んでいる印象だ。

つまり、「人気」というファクターを

それほど意識する必要はなく、

荒れるという前提で

考えたほうがいいレースということである。

 

【枠順別】

1枠 【3.0.1.14】
2枠 【2.2.0.15】
3枠 【0.1.3.14】
4枠 【1.2.1.16】
5枠 【2.1.2.15】
6枠 【1.2.1.16】
7枠 【0.0.1.19】
8枠 【1.2.1.16】

枠順については、2010年以降【3.0.3.8】という

好パフォーマンスを示している1枠が断然で、

それ以外はほとんど横並び。

ただし、7~8枠から馬券に絡んだ馬は、

すべて5番人気以内に支持された人気サイド。

7~8枠を理由に人気を落とすような馬は、

かなり割り引いて考えたほうがいい。

枠順の有利不利が少ない

コース形態ではあるが、

取捨に迷った際には、内~中枠に

入った馬のほうを優先すべきだ。

 

【脚質別】

逃げ馬 【2.1.0.8】
先行馬 【7.4.7.16】
差し馬 【1.4.3.55】
追込馬 【0.1.0.45】

<上がり3F>

1位   【2.5.2.3】
2位   【0.1.0.11】
3位   【3.0.0.3】
~5位【4.2.4.13】
6位~【1.2.4.94】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.0.7】
2番手以内   【7.3.2.10】
3番手以内   【9.4.5.13】
4番手以内   【9.5.7.23】
5番手以内   【10.5.8.38】
7番手以内   【10.5.8.48】
10番手以内 【10.9.10.81】

2番手以下   【8.9.10.117】
3番手以下   【3.7.8.114】
4番手以下   【1.6.5.111】
5番手以下   【1.5.3.101】
7番手以下   【0.5.2.80】
10番手以下 【0.2.1.57】
13番手以下 【0.1.0.32】
16番手以下 【0.0.0.7】

脚質については「先行勢有利」

2013年以降の勝ち馬は

すべて4角を3番手以内で通過。

3着以内馬15頭中12頭を

4角5番手以内の馬で占めている。

データ母数が少ないので

信頼度が低いとはいえ、

これだけ偏った傾向が出ているのだから、

重く受け止めるべき。

最後の直線が短いため、

2017年の勝ち馬グレイトパール(1番人気)の

ようにマクリを打てる馬ならともかく、

コーナーでの加速が苦手なタイプには

鬼門となるコース。

先行勢重視が鉄則だ。

 

【斤量別】

56.0㎏【4.3.5.91】
57.0㎏【3.3.0.17】
58.0㎏【2.3.2.5】
59.0㎏【1.0.0.2】
55.0㎏【0.1.3.8】

 

【年齢別】

4歳【2.2.2.31】
5歳【4.3.2.29】
6歳【2.3.3.34】
7歳【1.2.2.19】
8歳【1.0.1.9】
9歳【0.0.0.3】

 

【前走別】

<レース別>

アンタレスS組 【3.3.2.25】
東京大賞典組    【1.1.0.0】
JCダート組    【1.1.0.4】
ベテルギウス組 【1.0.1.7】
みやこS組       【1.0.0.0】

<距離別>

1800m組 【5.8.5.70】
2000m組 【3.1.1.9】
1600m組 【1.0.1.5】
2500m組 【1.0.0.3】
2400m組 【0.1.0.3】

◆同距離【2.4.3.35】
◆延長   【4.4.4.58】
◆短縮   【4.2.3.31】

<間隔別>

中4週組         【5.3.2.33】
中10週以上組 【2.0.1.20】
中3週組         【1.2.2.19】
中6週組         【1.1.0.5】
中9週組         【1.0.0.2】

最も有力なステップは、

2010年以降(旧東海ステークス時代を含む)に

5勝を含む10頭の連対馬を送り出している

前走アンタレスステークス組

特に好成績なのが「前走5番人気以内」

「同年のフェブラリーステークス出走」の2パターン。

条件をクリアした馬は、

その時点で勝ち負けの有力候補となる。

 

【平安ステークス2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、平安ステークス2018

データ分析・過去10年の傾向まとめ

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

末脚堅実で軽いダート向き。

今回も確実に

追い込んではくるだろうし

人気的にも丁度よい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク