Pocket

今回は、安田記念2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京5週連続GIは

最終戦となり、

上半期のチャンピオンマイラー決定戦、

安田記念が行われる。

過去10年を見ても、リピーターの活躍

目立つレースとなっている。

春のマイル王決定戦ではあるが、

マイラーだけでなく、スプリンター、

中距離馬が集結。

ゆえにほぼ堅く収まることはなく、

毎年のように荒れているGIだ。

果たして、今年も波乱決着となるのか。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【安田記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.3 67.6 53.2 39.2 12.4 ⑥

5/23 栗CW良 直強目
→81.4 65.1 50.5 37.1 11.6 ⑧
ホシルミエールの外0.6秒追走0.5秒先着

5/27 栗CW良 馬なり
→70.6 55.6 41.4 13.9 ③

5/30 栗CW良 馬なり
→7F92.0 63.0 50.1 37.2 11.8 ⑥

【最終追い切り評価】

先週素晴らしい切れを見せたが、

今週も折り合って実にキビキビした動き。

芝並みの時計で自己ベストタイ

張りのある皮膚で絞り込んで

更に充実した馬体。

内にモタれる面も見せていない。

心身ともに充実して、絶好調。

 

<サトノアレス>

(前回) 南W重 馬なり
→68.3 52.6 39.2 13.1 ⑥

5/25 南坂稍 馬なり
→1回 59.9 44.0 29.2 14.5

5/27 南W良 馬なり
→56.2 40.8 13.2 ⑧
アルトリウスの内0.8秒追走同入

5/30 南W良 馬なり
→69.0 53.1 39.1 12.4 ⑧
アルトリウスの内1.8秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

道中から抜群の行きっぷりで、

直線も回転の速いフットワークで

アッサリ追い抜いてきた。

しっとりと濡れたような馬体で、

気合乗りも満点。

本格化を思わせる気配。

 

<ダッシングブレイズ>

(前回) 栗CW不 馬なり
→83.1 66.8 52.2 38.2 12.1 ⑦

5/23 栗CW良 一 杯
→83.6 67.8 53.1 38.4 11.5 ⑦
スターリングブルスの内1.3秒追走0.9秒先着

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 41.3 27.0 13.0

5/30 栗CW良 直強目
→85.3 68.6 53.8 39.2 11.7 ⑧

【最終追い切り評価】

道中ハミを噛んだし、

やや腹回りを立派に見せる。

ただ、依然動きは鋭いし、

仕草に活気がある。

長距離輸送で絞れるなら。

 

<アエロリット>

(前回) 南坂重 馬なり
→1回 53.9 39.6 26.3 13.2

5/25 南W良 馬なり
→68.3 53.3 39.8 12.8 ⑧

5/30 南W良 馬なり
→69.0 53.8 39.8 12.9 ⑧

【最終追い切り評価】

間隔がないだけに、

2週続けて単走で馬なり。

それでも全身を大きく使って、

迫力は数字以上。

集中力も十分で、力は出せる。

 

<ペルシアンナイト>

(前回) 栗CW良 馬なり
→52.3 37.2 11.7 ⑦

5/24 栗CW稍 一 杯
→81.7 66.5 52.2 38.2 11.4 ⑥
サトノノブレスの内0.4秒追走0.3秒先着

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 41.3 27.1 13.6

5/30 栗CW良 直強目
→85.0 68.4 52.6 38.7 11.5 ⑦
サトノノブレスの内1.3秒追走0.5秒先着

【最終追い切り評価】

この中間CWコースで

4回速い稽古をしているが、

すべてラスト11秒台。

その数字通り大トビで

ダイナミックなフォーム。

そして、ゴールを過ぎてからも凄い勢い。

意識的に馬体を絞って

更にビジュアルアップ。

ひと息入ったが、

いきなりピークかもしれない。

 

<レーヌミノル>

(前回) 栗CW不 馬なり
→84.9 68.9 53.4 40.3 12.2 ⑨

5/23 栗CW良 馬なり
→88.9 73.0 58.0 43.1 13.2 ⑧

5/30 栗CW良 強 目
→82.0 65.3 50.8 37.5 12.2 ⑨
キタサンヴィクターの外0.6秒追走1.0秒先着

【最終追い切り評価】

例によって折り合いがスムーズで、

重心の低い走り。

馬体もフックラして、

大外を回って楽に好時計をマーク。

パフォーマンスは

いつものように文句なし。

もう少しやれる。

 

<ウエスタンエクスプレス>

5/31 東ダ稍 馬なり
→54.8 38.2 12.1 ②

【最終追い切り評価】

木曜日に終い重点で軽く流す程度。

550キロもある大きな体で、

素軽さよりも力強さが

目を引くフットワーク。

左回りで少しモタれたが、

気にならない程度。

落ち着きがあるのは何よりで、

力は出せる状態と言えるだろう。

 

<キャンベルジュニア>

(前回) 南W重 馬なり
→53.9 39.2 12.9 ④

5/27 南W良 馬なり
→74.4 58.4 43.2 14.6 ④

5/31 南W稍 馬なり
→52.0 37.6 13.1 ④
サトノメサイアの内0.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

格下馬相手ではあったが、

最後まで手綱を抑えたままで追走同入。

素晴らしい集中力で、

身のこなしも実に柔らかかった。

毛ヅヤもピカピカで、

状態面は言うことなし。

 

 

【安田記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①まとめ

今回は、安田記念2018

出走馬の調教・最終追い切り評価

しました。

その中でも、調教・最終追い切り

良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

先週より追い切りの息遣いが良く、

無事にきているのが何より。

もともといい馬でしたが、

大人になってさらに

しっかりしてきた印象。

ベストはマイル。

この条件なら

逆転劇を見せる可能性は

十分ありそう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク