Pocket

今回は、安田記念2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京5週連続GIは

最終戦となり、

上半期のチャンピオンマイラー決定戦、

安田記念が行われる。

過去10年を見ても、リピーターの活躍が

目立つレースとなっている。

春のマイル王決定戦ではあるが、

マイラーだけでなく、スプリンター、

中距離馬が集結。

ゆえにほぼ堅く収まることはなく、

毎年のように荒れているGIだ。

果たして、今年も波乱決着となるのか。

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【安田記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①

<アエロリット>

(前回) 南坂重 馬なり
→1回 53.9 39.6 26.3 13.2

5/25 南W良 馬なり
→68.3 53.3 39.8 12.8 ⑧

【一週前追い切り評価】

(25日、美浦南W)

単走で軽く流す程度だったが、

ストライドを大きく伸ばして

迫力は満点。

前向きさも十分にあり、

前走以上とも思える気配になった。

 

<ウインガニオン>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 51.7 37.9 25.1 12.5

5/24 栗坂稍 馬なり
→1回 54.3 39.2 25.3 12.3

【一週前追い切り評価】

(24日、栗東坂路)

間隔が詰まっているので

馬なりで済ませたが、

軽快な行きっぷりで動きも良かった。

まだまだこの馬が

得意な夏場ではないが、

ひと叩きで気配は良くなっている。

 

<キャンベルジュニア>

(前回) 南W重 馬なり
→53.9 39.2 12.9 ④

5/27 南W良 馬なり
→74.4 58.4 43.2 14.6 ④

【一週前追い切り評価】

(27日、美浦南W)

日曜日に軽く流す程度の

追い切りを消化。

馬体の張りは素晴らしく、

気合乗りも上々。

硬さも気にならない程度で、

前走時のデキは保つ。

 

<サトノアレス>

(前回) 南W重 馬なり
→68.3 52.6 39.2 13.1 ⑥

5/25 南坂稍 馬なり
→1回 59.9 44.0 29.2 14.5

5/27 南W良 馬なり
→56.2 40.8 13.2 ⑧
アルトリウスの内を0.8秒追走同入

【一週前追い切り評価】

(27日、美浦南W)

金曜日に坂路、

日曜日にウッドコースで時計を出す。

ピカピカの毛ヅヤで、

動きもキビキビ。

体調面での不安はなさそうだ。

(25日、美浦坂路)

軽快なフットワークで登坂。

頭は高いが馬体の張りと

毛ヅヤが目立つ。

折り合いもスムーズだった。

 

<サングレーザー>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 56.9 40.8 26.7 13.1

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 51.4 37.3 24.9 12.5
アカネサスを0.2秒追走0.1秒遅れ

5/23 栗坂良 馬なり
→1回 59.3 41.6 26.8 13.8

5/27 栗坂良 一 杯
→1回 51.8 37.1 24.2 12.3
アカネサスを0.1秒追走0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(23日、栗東坂路)

日曜にしっかり追う厩舎とあり、

この日はサッと伸ばす程度。

身のこなしは柔軟だったし、

黒光りがして馬体も見栄え。

いいデキと思える。

 

<スターオブペルシャ>

(前回) 南W重 馬なり
→68.1 52.4 38.6 12.9 ⑥

5/13 南W良 馬なり
→71.5 55.8 41.5 14.1 ⑨

5/16 南W良 馬なり
→69.3 53.0 39.3 13.1 ⑦
レッドゲルニカの内を0.6秒先行0.4秒遅れ

5/27 南W良 馬なり
→69.4 53.5 39.8 12.8 ⑧
ムーンクエイクの外を0.6秒先行同入

【一週前追い切り評価】

(27日、美浦南W)

水曜日は軽目の調整だったが、

日曜日にムーンクエイクと

5Fから追い切りを消化。

相変わらずの気合乗りで、

動きも機敏。

体調面での不安はなさそう。

(16日、美浦南W)

レース2週前の16日に

併せ馬を消化して、

1週前はキャンターでの調整。

動きに硬さなどはなく、

馬体の張りは目立つくらい。

好調持続と見て良さそうだ。

 

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.3 67.6 53.2 39.2 12.4 ⑥

5/20 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 42.4 28.6 14.4

5/23 栗CW良 直強目
→81.4 65.1 50.5 37.1 11.6 ⑧
ホシルミエールの外を0.6秒追走0.5秒先着

5/27 栗CW良 馬なり
→70.6 55.6 41.4 13.9 ③

【一週前追い切り評価】

(23日、栗東CW)

ラスト100mは右手前だったが、

まっすぐ走っており、凄い集中力。

四肢の回転も素晴らしく、

馬体も更にパワーアップ。

とにかく気迫が凄い。絶好調。

 

<ダッシングブレイズ>

(前回) 栗CW不 馬なり
→83.1 66.8 52.2 38.2 12.1 ⑦

5/23 栗CW良 一 杯
→83.6 67.8 53.1 38.4 11.5 ⑦
スターリングブルスの内を1.3秒追走0.9秒先着

5/25 栗坂良 馬なり
→1回 64.3 47.6 30.0 14.4

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 57.8 41.3 27.0 13.0

【一週前追い切り評価】

(23日、栗東CW)

3頭併せの内でしっかり先着。

やや太くは見せるが体形もある。

コズミも軽く、

テンションもそう上がっていない。

 

 

【安田記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①まとめ

安田記念2018出走馬の

調教・一週前追い切りの

評価をしました。

その中で調教・一週前追い切り

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

今回はマイルなので、

前半いかに流れに

乗れるかが鍵になる。

前走でも早目に動いて

押し切ったように、

スピードの絶対値と、

その持続力が持ち味なので、

広くて直線が長い東京なら、

後半はそれを生かせる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク