Pocket

今回は、安田記念2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京5週連続GIは

最終戦となり、

上半期のチャンピオンマイラー決定戦、

安田記念が行われる。

過去10年を見ても、リピーターの活躍が

目立つレースとなっている。

春のマイル王決定戦ではあるが、

マイラーだけでなく、スプリンター、

中距離馬が集結。

ゆえにほぼ堅く収まることはなく、

毎年のように荒れているGIだ。

果たして、今年も波乱決着となるのか。

ここでは、過去10年の傾向・データ分析をして

好走しそうな穴馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、安田記念2018の予想オッズから

見ていきます。

【安田記念2018】予想オッズ

1番人気スワーヴリチャード   3.2
2番人気サングレーザー         4.7
3番人気ペルシアンナイト      4.8
4番人気リスグラシュー         7.0
5番人気サトノアレス          10.5
6番人気アエロリット          11.0
7番人気リアルスティール    12.0
8番人気レッドファルクス    15.0
9番人気キャンベルジュニア 27.9

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【安田記念2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【4.1.0.5】
2番人気   【2.1.0.7】
3番人気   【0.2.2.6】
4番人気   【0.0.0.10】
5番人気   【0.2.1.7】
6番人気   【0.1.1.8】
7番人気   【1.0.0.9】
8番人気   【2.1.0.7】
9番人気   【1.0.1.8】
10番人気 【0.0.2.8】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.2.8】
13番人気 【0.1.0.8】
14番人気 【0.0.0.9】
15番人気 【0.0.1.8】
16番人気 【0.1.0.8】

2016年まで1番人気が

4年連続で連対を果たしていたが、

昨年はイスラボニータが

8着と敗れ記録がストップ。

過去10年トータルでは【4.1.0.5】と

極端な数字が出ている。

対して2人気は不振傾向。

近5年で見ても【0.0.0.5】で、

2012年に優勝した

ストロングリターン以来、

好走馬が出ていない。

3人気は勝ち星こそないが、

2着2回3着2回で、

そのうち3回は近5年でのこと。

過去10年、5番人気以内の馬だけで

1~3着を占めたことは1度もなく、

2ケタ人気も2着2頭、

3着5頭と馬券圏内を賑わせている。

人気薄では16人気も馬券に絡んでおり、

範囲が広い。

単勝オッズを確認してみても

100倍台が好走している。

ただし、3着以内馬30頭中28頭は

単勝オッズ50倍未満だった。

なお、単勝オッズ20倍以上で

3着以内馬11頭中5頭は、

マイラーズC組だった。

 

【枠順別】

1枠 【0.2.1.16】
2枠 【2.1.3.13】
3枠 【2.1.1.15】
4枠 【0.0.1.18】
5枠 【3.1.0.16】
6枠 【0.2.2.16】
7枠 【2.1.1.23】
8枠 【1.2.1.25】

枠順別成績では

4枠は連対ゼロ。

5枠が勝率トップだが、

他枠との差はわずか。

連対率と複勝率は

分散されている印象が強く、

「枠順の有利不利は少ない」

というのが結論になる。

ただし、1~4枠の

単勝・複勝回収率が

妙に低いのは気になるところで、

対する5~8枠は

いずれも高水準で推移している。

こうした傾向を考慮すると、

期待値の面では内枠よりも

中~外枠が上位と認識できる。

ゆえに、取捨に迷った場合は

中~外枠を重視するスタンスのほうが、

好結果につながる可能性は

高くなりそうだ。

「中~外枠から中団~好位のポジション

→速い上がりを繰り出せそうな馬」は、

人気薄でも必ず押さえておきたい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.0.8】
先行馬 【3.2.2.28】
差し馬 【5.5.2.66】
追込馬 【1.2.6.40】

<上がり3F>

1位   【3.2.3.3】
2位   【1.4.1.4】
3位   【1.1.3.6】
~5位【3.0.1.24】
6位~【2.3.2.105】

<4角位置別>

4角1番手    【1.1.0.8】
2番手以内   【1.3.0.21】
3番手以内   【3.3.0.33】
4番手以内   【4.3.2.36】
5番手以内   【5.3.2.45】
7番手以内   【5.3.3.67】
10番手以内 【7.7.4.91】

2番手以下   【9.9.10.134】
3番手以下   【9.7.10.121】
4番手以下   【7.7.10.109】
5番手以下   【6.7.8.106】
7番手以下   【5.7.7.87】
10番手以下 【3.5.6.64】
13番手以下 【1.2.5.37】
16番手以下 【0.0.1.20】

脚質別の成績を見ると、

先行と差しがおおむね互角の成績。

2008年以降は4角10番手以下で

通過した馬が14頭も

馬券に絡んでいるので、

後方待機勢にもチャンスはある。

それを裏付けているのが、

前走の上がり3ハロン1~2位馬の成績だ。

3着以内馬30頭のうち

過半数の15頭を該当馬が占めている。

差し優勢の東京コースらしく、

決め手の鋭い馬が

幅を利かせる舞台と言えよう。

逃げの連対率と単勝回収率は

頭ひとつ抜けているが、

これは2016年1着→2017年2着の

ロゴタイプが大きく引き上げたもの。

1998年以降、同馬以外で

馬券に絡んだ逃げ馬は1頭しかいない。

こうした傾向を鑑みると、

逃げ脚質はマイナス材料

考えたほうが無難である。

 

【年齢別】

3歳【1.0.0.2】
4歳【2.2.1.25】
5歳【3.3.3.45】
6歳【4.2.5.38】
7歳【0.3.1.20】
8歳【0.0.0.11】
9歳【0.0.0.1】

過去10年、

6歳馬が4勝。5歳馬3勝、

4歳馬2勝、3歳馬1勝と

勝ち馬は6歳まで年齢を

重ねるに増えている。

3歳馬が初めて古馬と激突するG1で、

過去10年でわずか3頭と

少ない参戦の中から

11年はリアルインパクトが

金星を挙げている。

今年は重賞2勝の

タワーオブロンドンが

古馬の胸を借りる。

 

【前走別】

<レース別>

京王杯SC組    【2.3.2.32】
ダービーCT組 【2.0.0.1】
ヴィクトリア組 【2.0.0.12】
ドバイDF組    【1.0.0.0】
メイS組          【1.0.0.1】
マイラーズC組 【0.1.7.34】

<距離別>

1600m組 【5.4.7.79】
1400m組 【2.3.2.37】
1800m組 【2.1.0.8】
1200m組 【1.0.0.6】
2000m組 【0.2.1.9】

◆同距離【5.4.7.79】
◆延長【3.3.2.42】
◆短縮【2.3.1.20】

<間隔別>

中2週組 【4.3.2.45】
中8週組 【2.2.1.11】
中9週組 【2.0.0.8】
中1週組 【1.0.0.1】
中3週組 【1.0.0.15】

マイルを中心に使っている馬は

もちろん、短距離路線、中距離路線、

また海外からの参戦もあり、

馬券圏内があるローテーションは

国際色豊かでバラエティに富んでいる。

ステップレースは多彩だが、

中心となるのは京王杯SC組で、

出走頭数が多いため、

アベレージは低めに出ているが、

2勝、2着3回、3着1回と

数多く馬券に絡んでいる。

そこで9着以内であれば好走できる。

 

サンプル数は少ないが、

ダービー卿CT組は

高確率で優勝を出している

要注目のローテ。

そこで2着に0秒4差以上で

勝っているか、

2着かつすでにGIを

勝っていることが条件。

 

他気になるのは、

マイラーズC組。

連対馬8頭を

送り込んでいるのだが、

勝ち馬はおらず、何と3着馬が7頭。

サングレーザーには勝てない

ジンクス打破の期待がかかる。

 

国内GI組は前走が芝1200~1600mで、

3着以内が好走の目安だ。

あとは、海外GI組も注意が必要だ。

日本馬、海外馬に関係なく、

ドバイもしくは香港のGIで

2着以内だった馬に注目しておこう。

 

最後に大阪杯組について。

GII時代は【0.2.1.3】ではあるが、

GIになった昨年は【0.0.0.3】。

まだ判断はつきにくいが、

やはりGIになったぶん、

大阪杯での仕上げ度合、

レースの疲労度が違うだけに、

これまでの傾向は

通用しないかもしれない。

 

 

【安田記念2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、安田記念2018の過去10年傾向の

データ分析をしました。

現時点で注目している穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は収穫のあるレース。

東京の1600mでは勝ってないが、

東京コースは2勝2着2回

力を出せる舞台。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク