Pocket

今回は天皇賞(秋)の予想と出走馬分析を中心とした記事を書いていきたいと思います。

天皇賞(秋)も枠順が確定しいよいよ明後日となりました。

ほんとに豪華なメンバーが揃い凄く楽しみな一戦になることは間違いないですね。

有力馬はそれなりにどの馬も能力を発揮できそうな枠順になりました。

早速ですが予想&出走馬分析に入っていきたいと思います。

ですが…
まずは枠順から

【枠順】

1枠01番 サクラアンプルール
1枠02番 サトノクラウン

2枠03番 ネオリアリズム
2枠04番 リアルスティール

3枠05番 ヤマカツエース
3枠06番 ディサイファ

4枠07番 キタサンブラック
4枠08番 レインボーライン

5枠09番 ソウルスターリング
5枠10番 ミッキーロケット

6枠11番 ロードヴァンドール
6枠12番 ステファノス

7枠13番 グレーターロンドン
7枠14番 サトノアラジン
7枠15番 マカヒキ

8枠16番 カデナ
8枠17番 ワンアンドオンリー
8枠18番 シャケトラ

このような枠順になりました。
枠順別の過去10年のデータがこのようになっています。

1枠 【2.2.1.14】
2枠 【2.1.0.17】
3枠 【0.0.3.17】
4枠 【2.3.2.13】
5枠 【1.2.0.17】
6枠 【2.0.1.17】
7枠 【1.2.1.22】
8枠 【0.0.2.26】

やはり大外枠を引いてしまった馬は
コーナリングで距離ロスを被るので、
他の馬よりも厳しい条件でのレースになります

 

【出走馬分析】

<キタサンブラック>

前走は、外枠から前目につけていったが、シュヴァルグラン、シャケトラが譲らず、外目3番手。
行きたがる面を宥めて進んでいたが、勝負所で手応えに余裕がなく、失速。
結果的には中途半端な競馬で全く流れに乗れなかった。
ここでもやはり力は上位なので好勝負できると思うが、秋G1ならジャパンカップがベスト

<リアルスティール>

前走は、3月のドバイでは出走回避し、実質的に7ヵ月半ぶりの実戦だった。
それでも仕上がっており、直線は外目から伸びてきた。内の馬を交わして抜け出し、
外のサトノアラジンに抜かせず、久しぶりの勝利。
この馬は折り合いさえしっかりつければ能力は発揮する。
だが今回は距離延長と乗り替わりが課題ではある。
また前走久しぶりレースでの激走だったので、その反動はどうかな?
という不安もある。

<サトノクラウン>

前走は、体重が10kg増えていたのは回復してきた分。
外枠から向こう正面でじわじわ上がっていったが、いったん抑えて息を入れた。
4コーナーで外を回り、直線は大外を抜け出して1着。JRAのGIは初制覇。
この馬は上りの掛かる中距離型の馬で、荒れ馬場も得意
今回は条件はあうかもしれない

<サトノアラジン>

前走は、ゲートの出はもうひとつだったが、外枠から中団に位置していた。
直線は外から伸びて2番手に上がり、さらにリアルスティールに迫ったが、
クビ差で及ばずに2着。それでも58kgで好走。
外枠巧者。2000mでも距離は問題なくこなすはず。
包まれずにスムーズに競馬をできれば、一発もある

<グレーターロンドン>

前走は、4ヵ月ぶりの実戦だったが、仕上がっていた。
スタートは遅めながらも中団には位置。直線は外から追い込んできた。
末脚は先着馬に劣らないもので、ダイワキャグニーを交わして3着。
今回は2000mの距離延長にかなり不安を感じる。
ベスト条件ではない。

<ソウルスターリング>

前走は、最内枠から、ゲートの出はあまりよくなかったが、二の脚で前へ行き、先手をとっていった。
ただ、直線はダイワキャグニーに並んでこられ、伸びを欠き、圏外に去った。
叩き良化型の馬なので一回叩いて良くなるかもしれないが、
やはり、そこまで強いのかも疑問?
荒れ馬場も合うかもわからないので、抑え程度。

<ステファノス>

前走は、3ヵ月半ぶりの実戦でも仕上がっていた。中団の前目から好位へ上がっていった。
直線、追われてしっかり伸びてきた。内からルージュバックに抜け出されたが、ゴール手前で2番手に上がった。
一昨年も昨年も馬券内にきているし、このコースではキッチリ力を出してくると思う。

<ヤマカツエース>

前走は、先団を見ながら追走。じわじわ好位へ上がっていった。
ただ、直線は伸び切れず、外からサクラアンプルール、ナリタハリケーンに交わされた。
やや間隔がひらいた影響もあったか。
それでも久々としてはまあ良かった内容。
今回、枠も良いところを引いてくれましたし、
この馬の能力は十分に発揮できる条件は揃っている。

<マカヒキ<>

前走は、大阪杯以来の実戦だったが、仕上がっていた。
先団を見る位置に上がって追走。勝負所での手応えはもうひとつで、
直線、追われても俊敏に反応できなかったが、大きくは離されていない。
使っての変わり身に期待。

 

 

枠順確定後で最も注目している馬は

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク