Pocket

今回は、天皇賞・春2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週からGI戦線が再開され、

6月3日の安田記念まで

6週連続で頂上決戦が

繰り広げられる。

その初戦は最強ステイヤーを

決定する天皇賞・春。

一昨年、昨年と連覇した

キタサンブラックが引退した

今年は4歳の新星、5歳の成長株が

加わり大混戦の様相を呈している。

今年はどの馬が天皇賞・春を制し

最強ステイヤーになるのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<ミッキーロケット>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.0 37.1 24.8 12.9

4/18 栗坂不 一 杯
→1回 51.5 37.3 24.9 13.0
サンライズノヴァを0.2秒追走同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 58.3 42.4 28.0 13.9

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 52.6 37.8 24.8 12.8
ブラックスピネルを0.2秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

1週前と違って併せ馬の内にいたので、

ゴール前は内にモタれていた。

それでも力強い動きで同格に先着。

馬場状態を考えれば、

時計も合格点が与えられるものだった。

仕上がり良好。

 

<チェスナットコート>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 55.2 41.1 26.7 13.3

4/18 栗坂不 馬なり
→1回 53.4 38.9 25.4 12.7
ディープインラヴに0.4秒先行同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.0 43.1 28.5 14.6

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 52.9 38.6 25.2 12.6
タイセイサミットを0.7秒追走同入

【最終追い切り評価】

右手前のままであおられたが、

意欲的に追われて元気いっぱい。

併せた相手も攻め駆けするタイプ。

前回に比べると時計は大幅に短縮。

上積みを見込んでもいいのでは。

 

<シホウ>

(前回) 栗CW良 直一杯
→83.0 66.9 52.1 38.2 11.8 ⑧

4/18 栗CW不 叩一杯
→83.2 67.2 52.3 38.9 12.2 ⑧
コウザンアプローチの内0.2秒追走クビ遅れ

4/22 栗CW良 馬なり
→87.7 71.1 55.1 42.8 12.9 ⑧

4/25 栗坂不 強 目
→1回 53.2 39.1 25.9 13.1
ロードヴォルケーノを0.2秒追走クビ先着

【最終追い切り評価】

しっかりと乗り込まれてきたし、

最終追い切りは余力を残して先着。

馬体もなかなか見栄えがし、

この馬にすれば反応が良く、

手応え優勢にしぶとく先着。

デキに関しては何の不安もない。

気配は上向いてきた。

 

<カレンミロティック>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.8 38.2 25.4 12.9

4/22 栗CW良 馬なり
→74.5 58.1 42.8 13.3 ⑧

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 53.6 39.0 25.6 13.0

4/27 栗坂良 馬なり
→61.2 44.4 28.9 14.2

【最終追い切り評価】

1週前は格下相手に遅れているが、

コースではそう動かない

タイプなので問題なし。

坂路で追われた今週の動きはしっかり。

体つきも良く、

10歳という年齢を感じさせない。

前走ぐらいの状態。

 

<ヤマカツライデン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 50.8 37.6 25.1 12.7

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 54.1 39.3 26.2 13.2

4/19 栗CW重 直強目
→79.8 65.5 51.1 37.5 12.1 ⑤

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 50.6 37.8 25.8 13.2

【最終追い切り評価】

朝一番でジョッキー騎乗。

しかも内目を通ってくる形ではあったが、

50秒6は水曜坂路の一番時計。

上がりは少し要したものの、

見た目には力強い伸びだった。

馬体も充実。

復帰後の成績は冴えないが、

デキは良さそう。

 

<ガンコ>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 54.2 39.3 25.2 12.5

4/19 栗坂重 一 杯
→1回 52.7 38.1 24.5 12.2

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 42.2 28.0 13.7

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 54.4 39.2 25.1 12.3

【最終追い切り評価】

1週前にビシッと

追って当週はサッと。

シャープな脚捌きで

スイスイと駆け上がってきたし、

馬体も大型ながら

研ぎ澄まされている。

今週も右手前のままだったが、

ハミ受けはスムーズ。

今の充実ぶりが

攻め気配からも感じ取れる。

 

<ピンポン>

(前回) 南W良 馬なり
→71.3 55.6 40.4 13.3 ⑨

4/22 南坂良 馬なり
→2回 59.9 43.3 28.8 14.6

4/25 南W重 馬なり
→68.8 53.5 39.1 13.2 ⑧

【最終追い切り評価】

前走後もすぐに

乗り込めたように

疲れは皆無。

しっかりハミを取って、

最後まで集中した走り。

バネを利かせたフットワークで、

仕掛ければ一気に

伸びそうな感じ。

ただ、迫力、切れは物足りない。

 

<クリンチャー>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 52.7 38.5 25.0 12.4

4/18 栗CW不 末一杯
→83.8 67.8 53.4 39.5 12.4 ⑥

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 60.5 43.7 28.9 14.7

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 54.9 39.9 25.7 12.6

【最終追い切り評価】

ここ2走に比べると

時計は控えめだが、

推進力に溢れる走りで、

ゴール前の伸びは迫力満点。

直線半ばで左手前に変えると、

そこから力感十分の伸び脚。

ドッシリとした逞しい

馬体も目につく。

元気が良過ぎるくらいで、

実戦に行っての

折り合いが鍵にはなるが、

状態は文句なし。

引き続き好状態。

 

<ソールインパクト>

(前回) 南W良 強 目
→84.0 68.3 53.8 39.7 13.2 ⑦

4/19 南W重 末強目
→82.9 66.9 52.9 39.3 13.4 ⑥
サーレンブラントの内0.7秒追走0.3秒先着

4/22 南W良 馬なり
→54.7 39.9 14.3 ⑤

4/25 南W重 馬なり
→69.1 54.6 40.3 13.1 ⑦
クロフネフリートの内0.6秒追走同入

【最終追い切り評価】

1週前には追走して好時計で先着。

輸送を控えた今週は終い重点だったが、

内から馬体を合わせると一気に加速。

余力十分の手応えで力強い伸び脚。

気配は上々。

 

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

今回は、天皇賞・春2018

出走馬の調教・最終追い切り評価

しました。

この中で、調教・最終追い切り後で

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

スタミナもあり、距離はこなしそう。

広い京都もプラス材料。

更に最高の枠も引けた。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク