Pocket

今回は、天皇賞・春2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週からGI戦線が再開され、

6月3日の安田記念まで

6週連続で頂上決戦が

繰り広げられる。

その初戦は最強ステイヤーを

決定する天皇賞・春。

一昨年、昨年と連覇した

キタサンブラックが引退した

今年は4歳の新星、5歳の成長株が

加わり大混戦の様相を呈している。

今年はどの馬が天皇賞・春を制し

最強ステイヤーになるのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②

<サトノクロニクル>

(前回) 栗CW良 末強目
→52.5 37.8 11.0 ⑦

4/19 栗CW重 直強目
→83.4 68.2 53.3 39.0 11.5 ⑧
カフェブリッツの内0.3秒追走同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 41.9 26.8 13.1

4/25 栗CW不 末強目
→52.4 38.2 11.3 ⑧
クライムメジャーの内0.3秒追走クビ遅れ

【最終追い切り評価】

前走同様に内から追走する形。

道中から折り合いはスムーズ。

ラストの手応えは

見劣ったし若干遅れたが、

相手は攻め動く馬。

切れのある脚さばきで、

ゴール前の推進力も上々。

不良馬場でラスト11秒3

朝イチとはいえ、非常に優秀。

高いレベルで安定。

 

<シュヴァルグラン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.8 25.0 12.4

4/19 栗CW重 一 杯
→7F98.0 67.0 52.1 37.9 12.1 ④
ポポカテペトルの内0.6秒追走0.3秒遅れ

4/22 栗坂良 一 杯
→1回 55.5 40.1 25.9 12.6

4/25 栗坂不 一 杯
→1回 54.6 39.8 25.7 12.8
ジェニシスを0.6秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

右手前で少しもたれ気味だが、

追われてしぶとく伸びて先着。

格下相手に先着させて

もらったというような追い切り。

特に目立つほどではなかったが、

攻め駆けしないタイプと

あってこれでOK。

上積みは十分。

 

<レインボーライン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 41.9 26.0 12.3

4/19 栗坂重 馬なり
→1回 60.7 43.2 27.6 12.9

4/22 栗坂良 一 杯
→1回 52.3 37.9 25.5 13.1
ヤマニンペダラーダを0.1秒追走0.1秒遅れ

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 60.0 43.3 27.9 13.4

【最終追い切り評価】

例によって日曜に追い切られ、

追い日はサーッと。

終い重点とはいえ、

軽い脚取りでリズミカルに登坂。

中間の攻め内容も、

レースが開いていた

前走時より意欲的。

上積みが見込めるだけに、

ここも好勝負が期待できそう。

 

<トウシンモンステラ>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→82.0 64.1 50.6 38.1 12.5 ⑧

4/19 栗CW重 馬なり
→86.3 69.9 54.4 40.3 12.4 ⑥

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 44.1 28.0 12.9

4/25 栗CW不 稍一杯
→80.9 66.1 53.1 40.2 13.8 ⑥

【最終追い切り評価】

3角は内を回ったが、

テンから飛ばしたため、

ラストは目一杯追っても

伸びなかっただろう。

時計は及第点だが、

ややテンションが高いし、

もう8歳で上がり目は薄い印象。

 

<アルバート>

(前回) 南W良 一 杯
→69.4 53.0 37.9 12.5 ⑤

4/15 南坂重 馬なり
→1回 57.9 42.6 28.2 14.3

4/19 南W重 強 目
→66.1 51.9 37.6 13.7 ⑥
サトノソルタスの外0.6秒先行同入

4/25 南W重 馬なり
→68.0 52.4 38.1 12.4 ⑥
サトノソルタスの内2.7秒追走同入

【最終追い切り評価】

軽く促す程度だったが、

重心が沈んで迫力の伸び脚。

直線半ばは少し伸び負けた

ようにも見えたが、

3秒近く追走している

だけに不安はない。

力強い脚捌きで、馬体も充実。

態勢は万全。

馬体もグッと締まった。

 

<トーセンバジル>

(前回) 栗CW不 直強目
→84.5 67.5 52.4 37.6 12.1 ⑤

4/18 栗CW不 強 目
→83.4 66.4 51.4 37.3 12.1 ⑥
ギベオンの内0.4秒追走0.1秒遅れ

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.0 41.9 27.1 13.2

4/25 栗芝不 一 杯
→71.9 54.6 39.2 11.9 ⑤
ダブルバインドの外0.2秒先行0.4秒先着

【最終追い切り評価】

今週は芝コースで3頭併せ。

先行していたとはいえ、

水しぶきが上がるような

悪い馬場状態でも、

ブレのないフォームで

しっかり伸びて最先着。

少しもたつくが、

加速してからの走りは実に豪快。

馬体も無駄がなくなって

研ぎ澄まされてきた印象。

上積みは十分見込める。

 

<スマートレイアー>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 39.3 25.5 12.3

4/19 栗CW重 一 杯
→7F94.1 65.0 51.3 38.1 12.0 ⑧
テンザワールドの外0.8秒追走0.8秒先着

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 44.3 29.6 14.7

4/25 栗坂不 馬なり
→1回 52.7 38.3 24.7 12.4
ウインシャトレーヌを0.7秒追走同入

【最終追い切り評価】

1週前にコースで長目から

ビシッと追って好時計。

最終追い切りは坂路で

サッと伸ばす程度だったが、

それでも水準以上の時計が出た。

格下とはいえ攻め駆け馬を追走し、

歩調を合わせて素軽い脚取り。

海外遠征明けで

大敗した前走時も

攻め気配は良かったが、

引き続きムードはいい。

 

<トミケンスラーヴァ>

(前回) 南W良 馬なり
→84.0 68.0 53.7 39.5 13.3 ⑦

4/11 南W良 馬なり
→71.3 56.2 41.2 14.4 ⑧
ヒューリスティクスの外1.2秒先行1.0秒遅れ

4/18 南坂不 馬なり
→1回 55.6 41.4 27.5 13.8
ノートルスウェに0.5秒先行0.2秒先着

4/25 南W重 馬なり
→69.3 54.4 40.2 13.0 ⑦
ユーロジャイズの内0.4秒追走同入

【最終追い切り評価】

格下馬を追いかけて内へ。

少し手は動いたが、

しっかりした脚取りで

駆け抜けてきた。

軽やかなフットワークから、

直線も持ったままはじけた。

馬体の張りは良く、

体調は良さそう。

出来は安定している。

 

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・最終追い切り評価②まとめ

今回は、天皇賞・春2018

出走馬の調教・最終追い切り評価

しました。

この中で、調教・最終追い切り後で

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走はラストまでしぶとく伸びた。

少しエンジンのかかりが遅いので、

坂の下りを利用できる

京都に替わるのはプラス。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク