Pocket

今回は、天皇賞・春2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週からGI戦線が再開され、

6月3日の安田記念まで

6週連続で頂上決戦が

繰り広げられる。

その初戦は最強ステイヤーを

決定する天皇賞・春。

一昨年、昨年と連覇した

キタサンブラックが引退した

今年は4歳の新星、5歳の成長株が

加わり大混戦の様相を呈している。

今年はどの馬が天皇賞・春を制し

最強ステイヤーになるのか、

ここでは出走馬の調教・一週前追い切り

評価し勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・一週前追い切り①

<アルバート>

(前回) 南W良 一 杯
→69.4 53.0 37.9 12.5 ⑤

4/15 南坂重 馬なり
→1回 57.9 42.6 28.2 14.3

4/19 南W重 強 目
→66.1 51.9 37.6 13.7 ⑥
サトノソルタスの外を0.6秒先行同入

4/22 南坂良 馬なり
→1回 63.9 46.8 29.9 14.7

【一週前追い切り評価】

(19日、美浦南W)

この中間は本来の集中力と

勢いが戻りつつあり、

今週は3歳オープンを

アオるくらいの勢い。

間違いなく前走以上の状態。

 

<カレンミロティック>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.8 38.2 25.4 12.9

4/14 栗CW良 馬なり
→84.0 69.0 54.7 40.4 13.2 ⑦

4/18 栗CW不 一 杯
→83.5 67.1 52.3 39.0 12.6 ⑤
ジェネラルゴジップの内を0.3秒先行5F付0.5秒遅れ

4/22 栗CW良 馬なり
→74.5 58.1 42.8 13.3 ⑧

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東CW)

過去天皇賞2着はあるが、

攻め駆けしなくなってから、

成績に冴えがなくなってきた。

この中間も格下馬に先行遅れ。

もう10歳だけに厳しい。

 

<ガンコ>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 54.2 39.3 25.2 12.5

4/13 栗坂稍 馬なり
→1回 53.0 38.1 24.8 12.5

4/19 栗坂重 一 杯
→1回 52.7 38.1 24.5 12.2

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 42.2 28.0 13.7

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東坂路)

しっかりとした脚取りだったし、

時計的にも水準以上。

馬体もキリッと引き締まっており、

無駄がない。

高いレベルで安定したデキ。

 

<クリンチャー>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 52.7 38.5 25.0 12.4

4/11 栗CW良 馬なり
→85.8 69.3 54.4 40.0 12.4 ⑧

4/18 栗CW不 末一杯
→83.8 67.8 53.4 39.5 12.4 ⑥

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 60.5 43.7 28.9 14.7

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東CW)

前走少し掛かったが、

中間は割に折り合いがスムーズ。

もう少し首を使ってほしかったが、

馬体はかなり絞り込んできて、

長距離仕様に。

その分スタミナ強化できそう。

 

<サトノクロニクル>

(前回) 栗CW良 末強目
→52.5 37.8 11.0 ⑦

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 56.2 41.0 26.3 12.8

4/19 栗CW重 直強目
→83.4 68.2 53.3 39.0 11.5 ⑧
カフェブリッツの内を0.3秒追走同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 41.9 26.8 13.1

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

コーナーでやや高脚を

使うシーンもあったが、

毛ヅヤはピカピカで推進力のある走り。

とにかく目下の気迫が凄く、

更に良くなった感じ。

 

<シホウ>

(前回) 栗CW良 直一杯
→83.0 66.9 52.1 38.2 11.8 ⑧

4/15 栗CW不 末強目
→85.4 68.5 53.8 39.0 12.7 ⑥
エリンズロマーネの内を追走0.4秒遅れ

4/18 栗CW不 叩一杯
→83.2 67.2 52.3 38.9 12.2 ⑧
コウザンアプローチの内を0.2秒追走クビ遅れ

4/22 栗CW良 馬なり
→87.7 71.1 55.1 42.8 12.9 ⑧

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東CW)

この馬としてはリラックスしているが、

ハミを掛けて追っても反応が今イチ。

いい時のパフォーマンスはできていない感じ。

 

<シュヴァルグラン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.8 25.0 12.4

4/15 栗CW不 強 目
→69.5 54.3 39.4 13.2 ⑤
ロイヤルパンプの内を1.8秒追走0.2秒先着

4/19 栗CW重 一 杯
→7F98.0 67.0 52.1 37.9 12.1 ④
ポポカテペトルの内を0.6秒追走0.3秒遅れ

4/22 栗坂良 一 杯
→1回 55.5 40.1 25.9 12.6

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

1週前にコースでビッシリ追う、

いつものパターン。

3頭併せの内で見劣ったが、

ゴール前は若干盛り返していた。

まだ反応はひと息も、

毛ヅヤはグングン良化。上昇中。

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①まとめ

今回は、天皇賞・春2018

出走馬の調教・一週前追い切り

評価しました。

調教・一週前追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

路線変更後は4戦3勝。

小細工なしに2番手から

早めに抜け出す競馬で

GIIまで制した。

3000メートル級のレースと

なると未知数。

しかし、父は重馬場の凱旋門賞で

ワークフォースのアタマ差2着に

入ったナカヤマフェスタ。

ステイゴールドからつながる父系の血ならば、

距離の壁を乗り越えても不思議はない。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク