Pocket

今回は、大阪杯2018G1予想と

過去データ(10年分)傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週のメインは、

GI昇格2年目を迎える大阪杯。

天皇賞(春)の重要なステップレースとして

長く関西のファンに親しまれてきた

産経大阪杯が昨年よりG1に昇格。

『大阪杯』として新たなスタートを切り、

歴史的名馬キタサンブラックが

G1昇格最初の勝ち馬に名を刻んだ。

G1昇格以前から年によっては

宝塚記念よりもメンバーが

揃うこともあったほど

レースレベルが高かったが、

今年は昨年以上の好メンバーが名を連ね、

新王者誕生を決めるに相応しい一戦となった。

ここでは、過去データ(10年分)傾向・分析

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【大阪杯2018】予想オッズ

1番人気スワーヴリチャード 3.2
2番人気アルアイン             3.3
3番人気サトノダイヤモンド 3.8
4番人気シュヴァルグラン    9.2
5番人気ミッキースワロー  11.8
6番人気ダンビュライト     14.7
7番人気ペルシアンナイト  15.6
8番人気ウインブライト     23.3
9番人気トリオンフ           25.5

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【大阪杯2018】過去データ(10年)傾向・分析

【人気別】

1番人気 【4.3.2.1】
2番人気 【2.1.1.6】
3番人気 【1.0.1.8】
4番人気 【1.0.4.5】
5番人気 【0.1.1.8】
6番人気 【2.1.1.6】
7番人気 【0.2.0.8】
8番人気 【0.1.0.9】
9番人気 【0.1.0.8】

1人気は勝率40%、連対率70%、複勝率90%

文句なしの成績。

唯一馬券を外したのは

一昨年のラブリーデイだけで軸不動の存在だ。

2人気は連対率30%、複勝率40%と

良いとも悪いともいえない成績。

ただ、昨年は4着に敗れたが、

近5年では【2.1.0.2】と近年好調で侮れない。

3人気以下では、9人気までが好走範囲。

その中では4人気と6人気に注目だ。

4人気は【1.0.4.5】で、

連対となると心もとないが、

馬券圏内にくる可能性は高い。

6人気は【2.1.1.6】で連対率と

複勝率は2人気と互角の成績だ。

 

【枠順別】

1枠 【0.0.0.10】
2枠 【0.0.2.9】
3枠 【1.3.1.9】
4枠 【2.0.1.11】
5枠 【1.3.1.12】
6枠 【1.1.2.15】
7枠 【3.2.1.13】
8枠 【2.1.2.14】

2014年は8頭立てで行われるなど、

過去10年でフルゲートはゼロ。

今年はフルゲート16頭に対して

17頭が登録しており、

久しぶりにフルゲートでの

レースとなるか注目される。

過去のデータを見てみると、

少頭数で内枠の利が少ないのか、

枠番「1」「2」は連対ゼロ。

白い帽子の1枠は過去10年

1度も馬券圏内に入っていない。

馬番では「8」が複勝率5割。

隣の「7」も複勝率4割と

好走馬が多く出ている。

馬券絡みがないのは「1」「10」「12」「14」。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.1.7】
先行馬 【3.5.4.24】
差し馬 【3.1.4.32】
追込馬 【3.3.1.30】

<上り3F>

1位   【3.1.2.5】
2位   【3.2.3.2】
3位   【0.3.2.8】
~5位【3.4.1.13】
6位~【1.0.2.65】

<4角位置別>

4角1番手    【1.1.1.7】
2番手以内   【3.2.2.15】
3番手以内   【3.4.4.27】
4番手以内   【4.6.5.31】
5番手以内   【4.6.6.41】
7番手以内   【7.6.7.59】
10番手以内 【8.8.10.77】

2番手以下   【9.9.9.86】
3番手以下   【7.8.8.78】
4番手以下   【7.6.6.66】
5番手以下   【6.4.5.62】
7番手以下   【3.4.4.45】
10番手以下 【2.3.1.26】
13番手以下 【0.0.0.6】
16番手以下 【0.0.0.0】

好走馬の脚質はバラエティに富んでいて、

昨年はキタサンブラックが

好位を追走して堂々の押し切り勝ち。

15年は後方からレースを進めた

ラキシスとキズナがワン・ツー・フィニッシュを決めた。

内回りコースでの施行で、

過去10年で4角先頭の馬が6頭掲示板に載り、

3頭が馬券絡みと逃げ馬も

それなりに粘り込んでいて、

展開は柔軟に考えたい。

良馬場時は前有利で、

稍重~不良馬場時は

追い込み馬の好走が目立っている。

馬場が悪くなると、スピード一色では

乗りきれないタフな展開に

なりやすいということ。

当日の馬場状態は要チェック。

 

【世代別】

4歳 【5.3.3.18】
5歳 【4.3.2.23】
6歳 【1.3.5.25】
7歳 【0.1.0.15】
8歳 【0.0.0.9】
9歳 【0.0.0.3】

過去10年、

勝ち馬を出しているのは

4~6歳の3世代。

特に4歳馬5勝5歳馬4勝と、

この2世代で9勝を占めている。

勝鞍では前記2世代に劣るが、

6歳馬も2着3回、3着は最も多い5回絡んでおり、

昨年はステファノスが2着に入った。

7歳以上は出走頭数が減るとはいえ、

連対は14年に7歳で2着に入った

トウカイパラダイスただ1頭。

高齢馬は割引が必要だ。

 

【前走別】

<レース別>

有馬記念組    【3.1.3.9】
中山記念組    【3.1.0.13】
京都記念組    【1.2.2.8】
ジャパンC組 【1.1.1.2】
凱旋門賞組    【1.0.0.0】

<距離別>

1800m組 【4.1.0.30】
2500m組 【3.1.3.11】
2400m組 【2.1.1.3】
2200m組 【1.3.3.13】
2000m組 【0.3.1.25】

◆同距離 【0.3.1.25】
◆延長    【4.2.0.38】
◆短縮    【6.5.9.29】

<間隔別>

中10週以上組 【5.2.6.25】
中4週組         【3.1.0.13】
中6週組         【1.3.0.7】
中3週組         【1.0.0.13】
中2週組         【0.2.1.18】

大きなくくりでいえば、

昨秋のGI以来となる組と、

年明けのレースに出走した組に分かれる。

昨秋GI組から見ると、

有馬記念組の馬が好走している。

有馬記念組は、昨年もキタサンブラックが

優勝しており、最注目のローテーションだ。

3着以内に入った馬は、すべて有馬記念で7着以内だった。

グランプリだけにメンバーは強力だが、

そこで負けすぎている馬は

大阪杯では通用しない。

一方の年明けのレースに

出走した組で注目なのが、

中山記念経由と京都記念、金鯱賞経由。

GIに出走したことがない馬は4頭しかおらず、

GI出走歴のある馬が有利だ。

そのGI出走歴のあった馬の中で

GIウイナーは17頭、

GI2~3着歴が3頭、

GI4~6着歴は3頭。

つまり、すでにGIを勝ったことがある馬が

断然強いといえる。

ちなみに、GIウイナー17頭中13頭は

前年にGIを勝っていたのも注目すべき点。

GI勝ちから2年以上経っている馬は、

割り引きが必要。

 

【大阪杯2018】過去データ(10年)傾向・分析まとめ

◆1人気は勝率40%、連対率70%、複勝率90%で文句なしの成績。

◆枠番「1」「2」は連対ゼロ。

◆1枠は過去10年で1度も馬券圏内に入っていない。

◆特に4歳馬5勝、5歳馬4勝と、この2世代に注目。

◆有馬記念組の馬が好走している。

今回は、大阪杯2018の

過去データ(10年)傾向・分析

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク