Pocket

今回は、大阪杯2018G1予想と

調教・一週前追い切り評価②、

特別登録馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週のメインは、

GI昇格2年目を迎える大阪杯。

天皇賞(春)の重要なステップレースとして

長く関西のファンに親しまれてきた

産経大阪杯が昨年よりG1に昇格。

『大阪杯』として新たなスタートを切り、

歴史的名馬キタサンブラックが

G1昇格最初の勝ち馬に名を刻んだ。

G1昇格以前から年によっては

宝塚記念よりもメンバーが

揃うこともあったほど

レースレベルが高かったが、

今年は昨年以上の好メンバーが名を連ね、

新王者誕生を決めるに相応しい一戦となった。

ここでは調教・一週前追い切りを評価

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、特別登録馬を見ていきます。

【大阪杯2018】特別登録馬

アルアイン
牡4 57.0 川田 池江

ウインブライト
牡4 57.0 松岡 畠山

ゴールドアクター
牡7 57.0 吉田隼 中川

サトノダイヤモンド
牡5 57.0 戸崎 池江

サトノノブレス
牡8 57.0 幸 池江

シュヴァルグラン
牡6 57.0 三浦 友道

スマートレイアー
牝8 55.0 四位 大久保

スワーヴリチャード
牡4 57.0 M.デムーロ 庄野

ダンビュライト
牡4 57.0 浜中 音無

トリオンフ
セ4 57.0 田辺 須貝

ペルシアンナイト
牡4 57.0 福永 池江

マサハヤドリーム
牡6 57.0 北村友 今野

マルターズアポジー
牡6 57.0 柴田善 堀井

ミッキースワロー
牡4 57.0 横山典 菊沢

メートルダール
牡5 57.0 松山 戸田

ヤマカツエース
牡6 57.0 池添 池添兼

ヤマカツライデン
牡6 57.0 菱田 池添兼

大阪杯は17頭の登録があります。

【大阪杯2018】調教・一週前追い切り評価②

<ダンビュライト>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→1回 51.3 38.1 25.4 13.0

3/14 栗坂良 馬なり
→1回 52.4 38.2 24.7 12.4
アサクサゲンキを0.2秒先行0.1秒遅れ

3/21 栗坂不 一 杯
→1回 53.3 38.9 25.9 13.5
インディチャンプを0.1秒先行クビ遅れ

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.7 42.7 28.3 14.2

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東坂路)

アオられてしまったが、

併せた相手はかなり攻め駆けするし、

ジョッキー騎乗でもあったので心配なし。

馬場状態を考えれば、

この時計は上等これで上向きそう

 

<トリオンフ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 53.1 38.3 24.2 12.1

3/21 栗坂不 一 杯
→1回 54.5 39.2 25.8 13.2
アドマイヤゴッドを0.5秒追走0.6秒先着

3/23 栗坂重 馬なり
→1回 65.3 46.8 29.9 14.3

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 61.1 43.6 28.1 13.7

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東坂路)

反応鋭くグイッと先着。

15日には51秒1の自己ベストタイムも出している。

馬体もボリューム感タップリで、

なかなか迫力がある。

申し分のないデキで臨めそう。

 

<ペルシアンナイト>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.4 67.2 51.6 37.6 12.0 ⑥

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 59.9 43.5 27.6 13.5

3/22 栗CW不 馬なり
→81.7 65.9 51.0 37.5 11.8 ⑦
マウントゴールドの内を0.5秒追走同入

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 41.5 26.6 12.8

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

朝イチの馬場で行きっぷり良く、

相手を子供扱い。

馬体もピカピカでビジュアルがいい。

時計も速くかなり好調

 

<マサハヤドリーム>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 41.1 26.3 12.7

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 57.5 41.2 26.5 12.9

3/21 栗坂不 末一杯
→1回 59.7 42.4 26.8 13.2

3/25 栗坂良 一 杯
→1回 56.5 40.9 26.4 13.0

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東坂路)

終い重点で追われた分、

重い馬場も苦にせず、

しっかりとした脚取りで伸びた。

前走が大幅な馬体減だったが、

特に細くも映らない。

 

<ミッキースワロー>

(前回) 南W良 馬なり
→67.4 52.7 38.7 12.6 ⑦

3/11 南W稍 馬なり
→74.3 58.5 43.5 14.2 ⑦

3/15 南W良 馬なり
→82.1 66.9 52.5 39.5 13.0 ⑦
ミッキーワインの外を1.4秒追走0.8秒先着

3/22 南P稍 馬なり
→80.1 64.8 50.7 37.5 12.2 ⑦
ダイワリベラルの外を1.4秒追走同入

【一週前追い切り評価】

(22日、美浦南P)

木曜日は雨の影響で深くなった

ウッドコースを避けてポリコースでの追い切り。

滑らかな脚捌きで、楽々と同入。

体の張りも良く、

力は出せる状態になっている。

 

<メートルダール>

(前回) 南W良 直強目
→83.7 68.2 53.6 39.9 13.3 ⑥

3/18 南坂良 馬なり
→1回 63.3 46.4 30.0 14.4

3/22 南P稍 強 目
→64.4 50.0 36.8 12.1 ⑤

3/25 南W良 馬なり
→56.7 41.5 12.5 ⑧

【一週前追い切り評価】

(22日、美浦南P)

雨で深くなったウッドコースを

避けてポリコースへ。

頭の高い走りながら、

前脚を掻き込んで力強さは満点。

毛ヅヤも良く、

ひと叩きで雰囲気は明らかに上向いた。

 

<ヤマカツエース>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.0 66.0 51.7 38.6 11.6 ⑧

3/21 栗坂不 馬なり
→1回 57.7 41.5 27.1 13.7

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 58.3 42.0 27.1 13.3

【一週前追い切り評価】

(21日、栗東坂路)

レース間隔が詰まっているので、

サッと伸ばす程度でも問題ないだろう。

ただ、馬体はまだ絞り切れない様子。

脚捌きも少し硬く、

叩いて急上昇といった感じはない。

 

【大阪杯2018】調教・一週前追い切り評価②まとめ

今回は、調教・一週前追い切り②を評価しました。

調教・一週前追い切りを見て

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は正攻法の競馬で強い内容

余裕のある勝ちっぷりだったので反動はなく、

この中間は放牧へ出さず、厩舎で調整。

1週前は併せ馬で調教し、

馬場が悪いなか、しっかり動いていた。

GⅠでメンバーは強いけど、

4歳で伸びしろは大きい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク