Pocket

今回は、大阪杯2018G1の予想と

調教・一週前追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週のメインは、

GI昇格2年目を迎える大阪杯。

天皇賞(春)の重要なステップレースとして

長く関西のファンに親しまれてきた

産経大阪杯が昨年よりG1に昇格。

『大阪杯』として新たなスタートを切り、

歴史的名馬キタサンブラックが

G1昇格最初の勝ち馬に名を刻んだ。

G1昇格以前から年によっては

宝塚記念よりもメンバーが

揃うこともあったほど

レースレベルが高かったが、

今年は昨年以上の好メンバーが名を連ね、

新王者誕生を決めるに相応しい一戦となった。

ここでは調教・一週前追い切りを評価し

勝ち馬を探っていきたい。

 

 

【大阪杯2018】調教・一週前追い切り評価①

<アルアイン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→67.2 50.5 37.2 11.7 ⑧

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 60.8 43.4 28.5 14.1
トーセンブレイヴを0.1秒先行0.1秒先着

3/22 栗CW不 末一杯
→83.9 68.3 53.1 38.7 11.6 ⑦
シロニイの内を1.6秒追走0.3秒先着

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 56.2 40.5 26.5 13.5

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

併せた前の2頭を大きく追いかける形だったが、

ぬかるんだ馬場を物ともせずに、

最後もグイグイ伸びて先着。

ひと叩きして馬体が引き締まってきたし、

動きの切れもアップ。上積みは大きそう

 

<ウインブライト>

(前回) 南W良 馬なり
→84.4 68.7 53.6 39.5 13.1 ⑤

3/15 南W良 馬なり
→87.1 71.1 55.6 41.0 12.6 ⑨

3/21 南W良 馬なり
→66.9 52.4 38.7 12.9 ⑥
ラヴァクールの外を1.2秒追走0.4秒先着

【一週前追い切り評価】

(21日、美浦南W)

未勝利馬相手ではあったが、

1秒以上追いかけて、

ほとんど手綱を動かさずに先着。

滑らかな加速で、集中力も文句なし。

いい状態を保っている。

 

<ゴールドアクター>

(前回) 南W良 強 目
→79.8 66.0 52.5 39.2 13.6 ⑤

3/18 南坂良 馬なり
→2回 56.9 41.4 26.9 13.1
コスモクウェンチを0.3秒追走同入

3/21 南W良 強 目
→65.6 51.6 38.9 12.9 ⑤
ツインプラネットの内を1.0秒追走同入

3/25 南坂良 馬なり
→2回 59.0 42.3 28.1 13.6

【一週前追い切り評価】

(21日、美浦南W)

脚いろは見劣ったが、

追走して必死に食い下がって同入。

それなりに速い時計も出て、

確実に復調しつつある。

 

<サトノダイヤモンド>

(前回) 栗CW良 末強目
→84.1 68.8 53.4 39.1 11.9 ⑦

3/20 栗坂重 馬なり
→1回 63.1 45.4 29.5 14.4

3/22 栗坂不 馬なり
→1回 64.3 45.8 29.4 14.4

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 55.7 41.1 26.4 13.1

【一週前追い切り評価】

(25日、栗東坂路)

サッと上がってきた。

馬体が逞しく、

体を大きく使ってダイナミックな走り。

良化中。

 

<サトノノブレス>

(前回) 栗CW良 強 目
→54.7 39.2 11.7 ⑦

3/22 栗坂不 馬なり
→1回 63.0 45.8 29.4 14.2

3/24 栗坂稍 馬なり
→1回 62.7 45.1 29.3 14.2

3/25 栗坂良 末強目
→1回 55.9 40.4 26.1 12.9

【一週前追い切り評価】

(25日、栗東坂路)

サッと上がってきた。

ラストは仕掛けて12秒台

取り立てて目立つほどではないが、

順調そう。

 

<シュヴァルグラン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.0 39.5 25.8 12.9

3/18 栗坂良 末一杯
→1回 55.2 40.2 26.0 12.7
ピボットポイントを1.0秒追走0.1秒遅れ

3/22 栗CW不 叩一杯
→7F97.3 65.7 51.0 37.7 12.5 ④
インヴィクタの内を1.2秒追走同入

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 54.6 40.1 26.4 13.2

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

もともと稽古はムラがあるタイプだが、

格下馬に完全に見劣った。

時計は速いが内を回ってのもの。

ただ、この馬は稽古の動きはそう関係ない。

筋肉が浮いた好馬体だということが大事。

悪くはない。

 

<スマートレイアー>

(前回) 海外遠征

3/18 栗坂良 馬なり
→1回 55.0 39.6 26.0 13.2

3/22 栗P良 一 杯
→74.9 61.0 48.0 35.6 11.3 ⑦
トーセンクリスの内を1.1秒追走アタマ先着

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 44.1 28.8 14.4

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東P)

大きく追走する形で前半から速いペースで飛ばしたが、

直線もしっかり伸びて芝並みの好時計をマーク。

僅かに先着した程度だったが、

これだけ動けば上出来。

馬体もこれで仕上がってきそう。

 

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.7 69.5 55.0 40.7 12.5 ⑥

3/22 栗CW不 馬なり
→82.5 67.0 51.6 38.0 11.9 ⑧
ラセットの外を1.5秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(22日、栗東CW)

折り合いピタリ。

内にモタれる面は皆無。

四肢が柔軟でダイナミックなフォーム。

馬体も絞り込んだ印象で高いレベルで安定。

 

【大阪杯2018】調教・一週前追い切り評価①まとめ

今回は、調教・一週前追い切り①を評価しました。

調教・一週前追い切りを見て

良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

中間の調整順調で、

G1制覇は目前

馬体も絞り込んだ印象で

高いレベルで安定している。

右回りだからと、

割り引く必要もない。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク