Pocket

今回は、大阪杯2018G1予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

GI昇格2年目を迎える大阪杯。

天皇賞(春)の重要なステップレースとして

長く関西のファンに親しまれてきた

産経大阪杯が昨年よりG1に昇格。

『大阪杯』として新たなスタートを切り、

歴史的名馬キタサンブラックが

G1昇格最初の勝ち馬に名を刻んだ。

G1昇格以前から年によっては

宝塚記念よりもメンバーが

揃うこともあったほど

レースレベルが高かったが、

今年は昨年以上の好メンバーが名を連ね、

新王者誕生を決めるに相応しい一戦となった。

ここでは調教・最終追い切りを評価

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【大阪杯2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価①

<ミッキースワロー>

(前回) 南W良 馬なり
→67.4 52.7 38.7 12.6 ⑦

3/15 南W良 馬なり
→82.1 66.9 52.5 39.5 13.0 ⑦
ミッキーワインの外を1.4秒追走0.8秒先着

3/22 南P稍 馬なり
→80.1 64.8 50.7 37.5 12.2 ⑦
ダイワリベラルの外を1.4秒追走同入

3/28 南W良 不 明
キリ

【調教評価】

直前は霧の中で確認できなかったが、

1週前にはポリトラックで

破格の時計をマーク。

中間の攻め気配は際立ち、

目下ピークと思わせる状態。

体の張りは素晴らしく、

フットワークも力強さに溢れていた。

態勢は整ったと見たい。

ここを目標に隙はない。

 

<サトノダイヤモンド>

(前回) 栗CW良 末強目
→84.1 68.8 53.4 39.1 11.9 ⑦

3/22 栗坂不 馬なり
→1回 45.8 29.4 14.4

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 55.7 41.1 26.4 13.1

3/28 栗CW良 末一杯
→85.4 68.8 54.0 39.8 11.7 ⑧
サトノシャークの内を0.5秒追走0.3秒先着

【調教評価】

コンビを組む戸崎騎手を背にスムーズに折り合う。

ラスト50メートルほど追われると、

重心の低いフォームでグイグイ伸びていた。

11秒7の数字も非常に優秀だし、

競馬を使ったことで馬体の張りが戻り、

筋肉が浮いて無駄のない好馬体。

ひと叩きして中身が更に充実か。

動きにもグンと躍動感が増す。

 

<ヤマカツエース>

(前回) 栗CW良 一 杯
→81.0 66.0 51.7 38.6 11.6 ⑧

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 58.3 42.0 27.1 13.3

3/28 栗CW良 一 杯
→80.3 64.7 50.6 37.4 12.0 ⑦

3/31 栗坂良 馬なり
→63.4 45.0 28.7 14.0

【調教評価】

今週はビシッと追われて

5ハロン64秒台の好時計。

この馬らしい重心の低いフォームで

脚勢も最後までしっかり。

馬体も絞れてきた。

好タイムをマークと着実に気配は上昇中。

 

<シュヴァルグラン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.0 39.5 25.8 12.9

3/22 栗CW不 叩一杯
→7F97.3 65.7 51.0 37.7 12.5 ④
インヴィクタの内を1.2秒追走同入

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 54.6 40.1 26.4 13.2

3/28 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.8 25.0 12.4
インヴィクタを0.5秒追走0.1秒先着

【調教評価】

4週続けて一杯に追われており、

攻め量は十分過ぎるほど。

その甲斐あって、馬体は緩みなくできている。

ひと追いごとに動きは良化。

そんなに攻め駆けする方ではないので

スパッとは切れなかったが、

渋太く脚を伸ばして先着。態勢は整った。

 

<ペルシアンナイト>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.4 67.2 51.6 37.6 12.0 ⑥

3/22 栗CW不 馬なり
→81.7 65.9 51.0 37.5 11.8 ⑦
マウントゴールドの内を0.5秒追走同入

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 41.5 26.6 12.8

3/28 栗CW良 馬なり
→52.3 37.2 11.7 ⑦
アルアインの外を2.2秒先行同入

【調教評価】

3頭併せの中。

アルアインとは互いに馬なりではあったが、

ゴール前はこちらの方が勢いを感じた。

確かに毎回良く見せるが、

ひと頃の折り合いを欠くシーンもないし、

落ち着きがあるのがいい。

休み明けを叩いて気合乗りが上昇。

フットワークに本来の伸びやかさが戻った。

毛ヅヤもピカピカ。

 

<スマートレイアー>

(前回) 海外遠征

3/22 栗P良 一 杯
→74.9 61.0 48.0 35.6 11.3 ⑦
トーセンクリスの内を1.1秒追走アタマ先着

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 44.1 28.8 14.4

3/28 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 39.3 25.5 12.3
メモリーコロネットを1.1秒追走0.1秒先着

【調教評価】

ウッドの馬場が悪過ぎたためか、

1週前は珍しくPコース。

そこでも軽快に動いていたが、

坂路での最終追い切りもスピード感タップリ。

年齢を感じさせない若々しい馬体で軽快に登坂。

中間の気配も良く好仕上がり。

海外遠征明けでもこの気配なら要注意。

 

<ゴールドアクター>

(前回) 南W良 強 目
→79.8 66.0 52.5 39.2 13.6 ⑤

3/21 南W良 強 目
→65.6 51.6 38.9 12.9 ⑤
ツインプラネットの内を1.0秒追走同入

3/25 南坂良 馬なり
→2回 59.0 42.3 28.1 13.6

3/28 南W良 不 明
キリ
ツインプラネットの内同入

【調教評価】

丹念に乗り込まれる。

徐々にこの馬らしさが

出ていただけに追い切りは

確認したかった。

しかし、まだ反応が鈍く、

好調時のうなるような走りは見られない。

変わり身は薄い。

 

<アルアイン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→67.2 50.5 37.2 11.7 ⑧

3/22 栗CW不 末一杯
→83.9 68.3 53.1 38.7 11.6 ⑦
シロニイの内を1.6秒追走0.3秒先着

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 56.2 40.5 26.5 13.5

3/28 栗CW良 馬なり
→50.1 36.4 11.7 ⑥
ペルシアンナイトの内を2.2秒追走同入

【調教評価】

大きく追走する形でも

楽な手応えのままで

推進力溢れる動き。

熱心に調整されて

馬体の張りも良くなってきた。

伸び脚に一層迫力が加わった。

上積みは十分。

 

【大阪杯2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価①まとめ

今回は、大阪杯2018の

出走馬の調教・最終追い切り後の

評価をしました。

その中で調教・最終追い切り

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

先週の併せ馬では

豪快に追走先着できていたし、

2カ月半ぶりを感じさせない

好状態にあると見ていい。

馬場の適性も向いているし

いい競馬を期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク