Pocket

今回は、大阪杯2018G1予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

GI昇格2年目を迎える大阪杯。

天皇賞(春)の重要なステップレースとして

長く関西のファンに親しまれてきた

産経大阪杯が昨年よりG1に昇格。

『大阪杯』として新たなスタートを切り、

歴史的名馬キタサンブラックが

G1昇格最初の勝ち馬に名を刻んだ。

G1昇格以前から年によっては

宝塚記念よりもメンバーが

揃うこともあったほど

レースレベルが高かったが、

今年は昨年以上の好メンバーが名を連ね、

新王者誕生を決めるに相応しい一戦となった。

ここでは調教・最終追い切りを評価し

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【大阪杯2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価②

<トリオンフ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 53.1 38.3 24.2 12.1

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 61.1 43.6 28.1 13.7

3/28 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 39.6 25.5 12.7

3/30 栗坂良 馬なり
→1回 62.5 45.3 29.5 14.2

【調教評価】

馬場が極端に重かった分、時計は平凡だが、

1週前の動きが上々。

今週はサッと伸ばす程度も、

確かな脚取りで駆け抜けた。

実の詰まった逞しい馬体は、

毛ヅヤもピカピカ。

馬体の張りや気合乗りも目立ち、

態勢整う。

申し分のないデキとあり、

GⅠのここでも楽しみ。

 

<サトノノブレス>

(前回) 栗CW良 強 目
→54.7 39.2 11.7 ⑦

3/25 栗坂良 末強目
→1回 55.9 40.4 26.1 12.9

3/28 栗CW良 強 目
→84.2 68.0 52.2 37.6 11.5 ⑧
フォイヤーヴェルクの内を0.4秒追走アタマ先着

3/30 栗坂良 馬なり
→1回 62.5 45.6 29.8 14.4

【調教評価】

手応えは若干見劣ったものの、

切れのあるフットワークでシャープな伸び。

引き続き充実した馬体で

毛ヅヤもピカピカ。

デキは安定。

疲れもなく元気いっぱい。

 

<ウインブライト>

(前回) 南W良 馬なり
→84.4 68.7 53.6 39.5 13.1 ⑤

3/15 南W良 馬なり
→87.1 71.1 55.6 41.0 12.6 ⑨

3/21 南W良 馬なり
→66.9 52.4 38.7 12.9 ⑥
ラヴァクールの外を1.2秒追走0.4秒先着

3/28 南W良 不 明
キリ

【調教評価】

今週は霧の中で確認できなかったが、

先週は併走馬を

子ども扱いにする圧巻の走り。

さらにパワーアップされている。

馬体の張りは際立ち、

動きも力強さに溢れている

好調持続

 

<ヤマカツライデン>

(前回) 栗CW良 一 杯
→79.3 64.9 51.1 37.9 12.2 ⑦

3/28 栗坂良 一 杯
→1回 50.8 37.6 25.1 12.7

【調教評価】

中1週ということもあってか、

珍しく坂路での最終追い。

ビュンと伸びる感じはなかったものの、

50秒8なら時計的には文句なし。

最後も上々の踏ん張りを見せた。

気配は上昇。

馬体も良く見せており、

疲れの心配は皆無。

 

<マサハヤドリーム>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 56.0 41.1 26.3 12.7

3/21 栗坂不 末一杯
→1回 59.7 42.4 26.8 13.2

3/25 栗坂良 一 杯
→1回 56.5 40.9 26.4 13.0

3/28 栗坂良 末強目
→1回 54.8 40.0 25.9 13.0

【調教評価】

安定感のある走り。

前走が大幅な馬体減だったが、

体つきもしっかりとしている。

それほど上昇味はなく、

さすがにGⅠではどうかと思う

この馬なりにいいデキで臨めそう。

 

<ダンビュライト>

(前回) 栗坂稍 一 杯
→1回 51.3 38.1 25.4 13.0

3/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.7 42.7 28.3 14.2

3/28 栗坂良 一 杯
→1回 50.5 37.6 25.5 13.2
レッドアヴァンセを0.2秒先行同入

3/31 栗坂良 馬なり
→60.1 44.6 29.8 14.6

【調教評価】

遅れたり、アオられたりする

ケースが目立っているが、

快勝を収めた前走時でも

攻めの気配はこんな感じ。

50秒5は自己ベストに0秒1劣るだけの優秀なタイム。

張りのいい好馬体も目につき、

いい仕上がりで臨めそう。

好気配。

 

<スワーヴリチャード>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.7 69.5 55.0 40.7 12.5 ⑥

3/22 栗CW不 馬なり
→82.5 67.0 51.6 38.0 11.9 ⑧
ラセットの外を1.5秒追走0.2秒先着

3/28 栗CW良 馬なり
→83.3 67.6 53.2 39.2 12.4 ⑥

【調教評価】

中2週でもあり今週は息を整える

程度の調整だが、

3角で内を回ったし、気合乗りが凄く、

67秒台の時計が出た。

直線はキチッと左手前に替えており、

内にモタれる面も皆無。

体がひと回り大きくなってパワーアップした。

鞍上との息もピッタリ。

 

<メートルダール>

(前回) 南W良 直強目
→83.7 68.2 53.6 39.9 13.3 ⑥

3/25 南W良 馬なり
→56.7 41.5 12.5 ⑧

3/28 南W良 不 明
キリ
アンヴェイルドに同入

3/30 南坂良 馬なり
→1回 68.8 50.6 32.6 14.8

【調教評価】

ひと叩きされたことで体の張りが良くなり、

動きにも躍動感が出てきた。

身のこなしが柔らかくなり、

伸び脚に切れが増した。

直前は霧で確認できなかったが、

前走からの上積みは十分。

 

【大阪杯2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価②まとめ

今回は、大阪杯2018出走馬の

調教・最終追い切り後の評価②をしました。

そのなかで、

調教・最終追い切り良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

鞍上との息はぴったり

大きなストライドで

駆け抜けることができたあたり、

前走完勝の反動はまったくなさそう。

高いレベルで安定している。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク