Pocket

今回は、共同通信杯2018の無料予想と過去データ(10年分)の傾向・分析と予想オッズ

を中心とした記事を書いていきたいと思います。

共同通信杯は、昨年の優勝馬スワーヴリチャードが日本ダービー2着、

一昨年の優勝馬ディーマジェスティが皐月賞優勝、

3年前の2着馬ドゥラメンテは皐月賞とダービーを制覇と、

歴代の好走馬はクラシックで活躍することが多い。

きさらぎ賞と同じく3歳GIを占う意味で重要なステップレースとなっている。

まずは共同通信杯の過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを見ていきましょう。

 

まずは、予想オッズから

【共同通信杯2018】予想オッズ

1番人気グレイル                 1.8
2番人気ステイフーリッシュ  5.0
3番人気ゴーフォザサミット  5.5
4番人気サトノソルタス        5.7
5番人気カフジバンガード    12.0
6番人気オウケンムーン       12.9
7番人気アメリカンワールド 23.4
8番人気ブラゾンダムール    66.7
9番人気エイムアンドエンド 75.3

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【共同通信杯2018】過去データ(10年)の傾向と分析

【人気別】

1番人気 【2.2.2.4】
2番人気 【2.3.1.4】
3番人気 【3.1.2.4】
4番人気 【1.0.1.8】
5番人気 【0.2.1.7】

2008年以降の1番人気は【2.2.2.4】と、

クラシックを目指す素質馬の争いにしては

1番人気の信頼度が低い傾向になっている。

理由としては、すでに賞金を持っている馬にとっては

あくまでも目標前の叩き台という感じで、

なにがなんでも1着を取りにいく必要がないからである。

また、東京コース初出走馬や前走2000mからの

距離短縮にもかかわらず1番人気となった馬は、

3着以内とて疑ってかかりたい。

ただし、連対馬はすべて6番人気以内で、

上位人気3頭での決着となったことが3度あるように、

堅い決着も多くみられる。

しかし、頭数が少なくても穴人気が馬券に絡みやすいのが特徴

 

【枠順別】

1枠 【2.1.0.8】
2枠 【1.3.0.8】
3枠 【2.1.1.9】
4枠 【1.0.4.10】
5枠 【2.1.1.12】
6枠 【1.1.1.15】
7枠 【1.2.2.15】
8枠 【0.1.1.18】

2008年以降でDコース使用時の

フルゲート16頭立てになったことは1回のみで、

10~13頭立てで施行されることが多い。

なおかつ大回りの東京コースとあって

内外の有利不利は一見小さそうに思えるが、

スタートから200mも走らないうちに迎える2コーナーでの

ロスが想像以上に大きく、

8枠は【0.1.1.18】と未勝利となっている。

また、馬番別では1~8番なら大きな差もなく

水準以上の成績を残しているのに対し、

10番から外は【1.0.2.32】と苦戦模様

真ん中から内目を中心に狙ってみるのが

良いかと思われる。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.1.1.9】
先行馬 【6.5.5.20】
差し馬 【2.4.2.30】
追込馬 【2.0.2.35】

<上り3F>

1位   【3.3.2.2】
2位   【3.0.3.5】
3位   【3.3.0.9】
~5位【1.2.1.12】
6位~【0.2.4.66】

<4角位置別>

4角1番手    【0.1.1.8】
2番手以内   【2.3.3.17】
3番手以内   【2.5.5.20】
4番手以内   【6.6.6.29】
5番手以内   【6.6.6.35】
7番手以内   【8.9.7.55】
10番手以内 【10.10.9.75】

2番手以下   【10.9.9.87】
3番手以下   【8.7.7.78】
4番手以下   【8.5.5.75】
5番手以下   【4.4.4.66】
7番手以下   【3.4.3.50】
10番手以下 【0.0.2.28】
13番手以下 【0.0.0.7】
16番手以下 【0.0.0.0】

“展開いらず”とされる東京芝1800mコースとはいえ、

さすがに最後の直線525mを逃げ切るのは容易ではない。

のちのダービー馬で2012年に1番人気に支持されたディープブリランテも、

残り100mでゴールドシップに差され2着に敗れている。

また、3歳のこの時期だけに4角10番手以下からの直線一気も難しい

よって、狙いどころの中心は先行・差し馬となる。

2008年以降の勝ち馬10頭のうち上がり3F1位だったのは

3頭にとどまっているが、複勝率は80%。

上がり3F上位3位まで馬が9勝を挙げていることからも、

切れ味は必須と考えたい。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【8.9.10.82】
57.0㎏ 【2.1.0.10】
54.0㎏ 【0.0.0.3】

 

【前走別】

<レース別>

東スポ2歳S組  【2.1.1.2】
ホープフルS組 【1.2.2.6】
朝日杯FS組    【1.2.0.4】
ラジNIK杯組 【1.1.1.6】
若駒S組          【1.1.0.0】

<距離別>

2000m組 【4.4.6.45】
1800m組 【4.3.2.20】
1600m組 【2.3.2.25】
1000m組 【0.0.0.1】
1400m組 【0.0.0.1】

◆同距離 【4.3.2.20】
◆延長    【2.3.2.28】
◆短縮    【4.4.6.47】

<間隔別>

中6週組         【4.0.2.14】
中10週以上組 【3.1.1.13】
中1週組         【1.2.1.7】
中2週組         【1.1.1.17】
中4週組         【1.0.0.17】

最も好走馬を出しているのが、東京スポーツ杯2歳S組

好走条件は3着以内。

続いて成績がいいのがホープフルS組と朝日杯FS組。

ホープフルS組はOP特別時も含めても

基本的に連対している馬が好走しやすい

対して朝日杯FSは施行場所を阪神に移しても好走馬を出しており、

前走で9着以内かつ5人気以内の馬が狙い目だ。

ほかでは2連対の若駒S組(好走条件は3着以内)にも注目。

新馬・500万組よりも、重賞組のほうが結果を出しているのが特徴だが、

2015年優勝のリアルスティール(新馬組)や、

同年2着のドゥラメンテ(セントポーリア賞組)たちのように

超A級の馬でないと、新馬・500万経由で好走するのは難しい。

 

【共同通信杯2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆1番人気の信頼度が低い傾向。

◆穴人気が馬券に絡みやすいのが特徴。

◆8枠は【0.1.1.18】と未勝利となっている。

◆真ん中から内目を中心に狙ってみるのが良い。

◆脚質の狙いどころのは先行・差し馬。

 

今回は、共同通信杯の過去データ(10年分)の傾向・分析をしました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク