Pocket

 

今回は京阪杯2017の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

ジャパンカップ2017の裏開催として行われる京阪杯2017人気も割れていて、

荒れそうな雰囲気は大いにある。

それでは、早速ですが予想と出走馬分析をしていきたいと思います。

 

 

まずは、京阪杯2017の枠順から

【京阪杯2017枠順】

1枠1番ティーハーフ
1枠2番ラインスピリット
2枠3番アルママイオリ
2枠4番ネロ
3枠5番ヒルノデイバロー
3枠6番ビップライブリー
4枠7番ソルヴェイグ
4枠8番ナリタスターワン
5枠9番メラグラーナ
5枠10番セイウンコウセイ
6枠11番フィドゥーシア
6枠12番ダイシンサンダー
7枠13番タマモブリリアン
7枠14番イッテツ
8枠15番アットザシーサイド
8枠16番ジューヌエコール

このような枠順配置になっております。

 

【京阪杯2017】出走馬分析

<ソルヴェイグ>

京都実績【2.0.1.2】

1200m実績【2.1.2.3】

京都1200m実績【1.0.0.1】

右回り実績【4.1.3.4】

左回り実績【0.0.0.2】

前走は、凄くスタートが速かったのでハナに。
スピード上位で、今回は先手を主張し、主導権を握った。
古馬オープンとしてはさほどきついペースではなく、行き切ってからは楽なペース。
直線でも粘っていた。ゴール前でソラを使うところがあったけど、
ラストはヒルノデイバローに迫られたが、しっかり押し切った。
ソルヴェイグは昨年のスプリンターズS3着馬。
今年は微妙に距離の長い感のあったマイルでもGⅠで勝ち負けに加わり、
地力強化を感じさせる。高松宮記念は雨馬場が合わなかったもの。
スピードタイプで、良馬場なら、ここ2走のように安定して走れる。
前走と同じ舞台で、斤量は1キロ減。攻めも順調に積んできた。重賞3勝目へ。

 

<メラグラーナ>

京都実績【1.0.0.3】

1200m実績【4.1.0.5】

京都1200m実績【0.0.0.1】

右回り実績【6.1.0.7】

左回り実績【1.0.0.4】

前走は、強い勝ち馬は別にして、先行、内有利の決着。
体重は10kg減って絞れていた。
道中は後ろ目に位置して、4コーナーでは外に出されて追い上げにかかった。
差は詰めているものの、上位争いに加わるところまではいかなかった。
4角後方3番手から0秒3差なら力は見せた。
器用さこそないが、GⅢのメンバーなら差し切れるだけの決め手がある。
マイルCSは見送ったが、調整は順調でデキは良さそう。
昨年のこのレースは重馬場で惨敗。道悪は得意ではなく、週末の天気には注意したい。

 

<ネロ>

京都実績【2.0.0.8】

1200m実績【5.5.0.14】

京都1200m実績【2.0.0.3】

右回り実績【4.5.0.15】

左回り実績【1.0.1.4】

ネロはかなりの道悪だった昨年のこのレースで圧勝。
パワー型で、力のいる馬場が合う。
状態や展開が噛み合わず、年明けから成績が振るわなかったが、
前走のJBCスプリントでは、久々のダート戦ながら見せ場タップリの4着。
ベストの芝、それも昨年制した舞台なら更にいい走りを見込める。
あとは58キロをこなせれば。

 

<ヒルノデイバロー>

京都実績【2.3.1.4】

1200m実績【0.2.0.6】

京都1200m実績【0.1.0.3】

右回り実績【6.6.1.8】

左回り実績【0.0.2.5】

前走は、内枠から先行馬を見ながら好位に位置。
流れに乗って進み、直線で先頭に立ったが、
内からサングレーザーに並んでこられ、
ラストはアタマ差で競り負けた。それでも2走続けて2着。
芝では末一手だったヒルノデイバローだが、今春の大阪―ハンブルクC以降、
前で流れに乗れるようになり、つれて成績も安定してきた。
良発表でも緩い馬場だったキーンランドCが12着というほど道悪は不得手。
重馬場だったスワンSの2着は充実の表れと見ていいだろう。
前々走のソルヴェイグとは道中の内外の差。ここでも。

 

<ジューヌエコール>

京都実績【1.0.0.1】

1200m実績【1.0.0.0】

京都1200m実績【未】

右回り実績【3.0.0.4】

左回り実績【1.0.0.0】

前走のスワンSは爪の不安で久々の実戦だったうえ、
1200メートルのあとの1400メートルで収まりがつきづらかったですね。
距離延長で行きたがって終いをなくしてしまった。
休み明けでムキになっていた分もあって最後は余力がなくて反応できなかった。
斤量差があったとはいえ、函館スプリントSのレコード勝ちは高い短距離適性を示すもの。
ひと叩きして1200メートルなら終いの伸びが違うはずだ。
スムーズに折り合えさえすれば。

 

<セイウンコウセイ>

京都実績【2.1.0.1】

1200m実績【3.1.0.2】

京都1200m実績【1.1.0.0】

右回り実績【4.2.0.4】

左回り実績【2.3.0.3】

前走は、道中は中団を追走。外を回って、直線でも外目に進路をとったが、
追われて伸びを欠いた。休み明け2走目でも変わってこなかった。
今年の高松宮記念を制したのはセイウンコウセイ。
その後の3戦、特に前走の負け方は、道悪がむしろ得意な馬だけに物足りなさは残るが、
58キロで1400メートルでは勝手が違ったか。GⅠ勝ち直前の2戦が、
この京都1200メートルでのOP①②着。
斤量も56キロなら条件に不足はない。調整も順調。ここが正念場だ。

 

<フィドゥーシア>

京都実績【1.1.1.6】

1200m実績【5.2.2.6】

京都1200m実績【0.0.1.2】

右回り実績【5.3.2.10】

左回り実績【1.1.0.1】

スプリンターズSのフィドゥーシアは9着とはいえ0秒3差。
坂上でもうひと押し利かなかったが、GⅠでこの着差なら悪くない。
今度は斤量差は小さくなるが、相手関係は随分と楽に。
直線の平坦な京都にも替わる。
最後のひと伸びが違いそう。攻めの動きもいい。

 

<イッテツ>

京都実績【1.0.1.4】

1200m実績【5.1.1.6】

京都1200m実績【0.0.1.2】

右回り実績【6.1.3.11】

左回り実績【0.1.0.3】

イッテツは1200メートルでハナがベストだが、
前走は好位の内に控えても終いひと伸び。
この競馬ができるなら大崩れはするまい。
ヒルノデイバローとは前走で半馬身差。
3走前にはクビ先着した。力は互角だ。
少しレースは開いたが動きは上々。今回も前で流れに乗れれば。

 

<ビップライブリー>

京都実績【2.1.0.2】

1200m実績【未】

京都1200m実績【未】

右回り実績【3.4.0.4】

左回り実績【2.2.1.1】

11走ぶりに馬券の対象から外れた前走のビップライブリーだが、
3着とはクビ差。最内枠を生かし切れたとはいえ、
相手なりの堅実さは重賞でも変わりなかった。
1200メートルは初めてだが、1400メートルで1分19秒台の持ち時計があるほど。
スピードには対応できそう。使い詰めだが、攻めではそれを思わせないほど動いている。今回も崩れまい。

 

【京阪杯2017】予想

◎07ソルヴェイグ
〇16ジューヌエコール
▲05ヒルノデイバロー
☆15アットザシーサイド
人気ブログランキングへ
△0609101112
×01020814

穴馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

<買い目>

馬連
◎-〇▲☆穴

三連複
◎-〇▲☆穴ー印

三連単
◎→〇▲☆→〇▲☆穴△

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク