Pocket

今回は、京都記念2018の無料予想と過去データ(10年分)と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

国内外のビッグレースを目指すG1級の有力馬が

年明け後の始動戦として出走するケースの多いレース。

今年の、京都記念はダービー馬のレイデオロ、

皐月賞馬のアルアイン、秋華賞馬のディアドラ、

エリザベス女王杯を制したモズカッチャン、

など明け4歳のGⅠ馬が多数出走してくる。

このレースは、前走で出走していたレースの格が結果に直結しやすい。

近年は特に顕著で、2007年以降の3着以内馬は前走G1組が

半数近くを占めている。

それでは、京都記念2018の過去データ(10年分)と予想オッズを分析し

予想していきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【京都記念2018】予想オッズ

1番人気レイデオロ                1.9
2番人気モズカッチャン          3.5
3番人気アルアイン                5.2
4番人気クロコスミア           10.1
5番人気ディアドラ              11.3
6番人気クリンチャー           11.5
7番人気ミッキーロケット     14.2
8番人気プリメラアスール   290.7
9番人気ケントオー            386.5
10番人気アクションスター 818.0

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【京都記念2018】過去データ(10年分)

【人気別】

1番人気 【3.2.1.4】
2番人気 【0.1.4.5】
3番人気 【3.3.1.3】
4番人気 【0.2.2.6】
5番人気 【1.2.0.7】

1番人気が信頼できるデータとなっている。

過去10年以上さかのぼっていっても、

1998年以降、1番人気は連対率60%、複勝率65%という抜群の安定感。

2~3番人気も上々の成績を残しており、

人気馬が総崩れになるようなケースは考えづらい。

人気薄の馬を見てみても、

2008年以降、7番人気以下で馬券絡みを果たしたのは2頭だけ。

2010年以降に至っては壊滅状態となっている。

順当決着の傾向の非常に強いレースである。

 

【枠順別】

1枠 【0.2.0.9】
2枠 【1.0.1.10】
3枠 【1.0.1.10】
4枠 【1.2.2.9】
5枠 【1.1.1.12】
6枠 【3.0.0.15】
7枠 【0.4.1.14】
8枠 【3.1.4.12】

枠順別成績では、6枠、7枠、8枠がいい成績を残している。

しかし、少頭数での開催が混じっているうえ、

開催時期による馬場の影響もありそうで、

有利不利の判断は難しい。

ゆえに、多頭数なら内枠が少し有利。

そうでなければイーブンという、

競馬の基本に忠実なレースである。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.3.7】
先行馬 【7.3.4.25】
差し馬 【2.5.1.22】
追込馬 【0.1.2.37】

<上り3F>

1位   【2.4.3.6】
2位   【2.3.0.3】
3位   【4.1.1.6】
~5位【2.1.4.12】
6位~【0.1.2.67】

<4角位置別>

4角1番手    【2.1.3.4】
2番手以内   【5.1.3.15】
3番手以内   【7.2.3.25】
4番手以内   【8.4.7.32】
5番手以内   【8.6.7.41】
7番手以内   【9.7.9.52】
10番手以内 【10.10.10.72】

2番手以下   【8.9.7.87】
3番手以下   【5.9.7.76】
4番手以下   【3.8.7.66】
5番手以下   【2.6.3.59】
7番手以下   【2.4.2.47】
10番手以下 【1.0.0.24】
13番手以下 【0.0.0.7】
16番手以下 【0.0.0.0.】

逃げ馬、先行勢も好成績を残している。

直線の長い外回りコースでもあり、差しも相応に決まるのだが、

勝率や連対率、複勝率を踏まえると、最も信頼できるのは先行勢

単勝回収率も100%を超えており、母数の多さを勘案すると、

先行が一番狙いやすい脚質であるということみなる。

対照的に追い込み勢は不振。

4コーナーを10番手以下で回った馬の好走は

2008年1着のアドマイヤオーラを最後に1頭もいない。

後方一手の馬は割り引いたほうがいいという傾向にある。

 

【世代別】

4歳   【4.3.2.24】
5歳   【5.1.6.20】
6歳   【1.5.1.24】
7歳   【0.1.0.14】
8歳   【0.0.0.7】
9歳   【0.0.1.1】
10歳 【0.0.0.1】

4歳、5歳の活躍が目立っている

今年は特に4歳馬のGⅠ馬が数頭でてくるので

4歳馬に注目!!

 

【斤量別】

56.0㎏ 【4.1.2.43】
57.0㎏ 【3.4.5.24】
58.0㎏ 【2.1.2.7】
55.0㎏ 【1.2.0.11】
53.0㎏ 【0.1.0.2】

 

【前走別】

<レース別>

有馬記念組 【4.1.3.7】
香港ヴァーズ組 【2.2.0.0.】
天皇賞(秋)組 【1.1.0.0.】
日刊中山金杯組 【1.1.0.4】
スポ京都金杯組 【1.0.1.2】

<距離別>

2500m組 【4.1.3.9】
2000m組 【3.2.0.20】
2400m組 【2.2.3.24】
1600m組 【1.1.1.7】
1800m組 【0.2.0.6】

◆同距離 【0.1.2.18】
◆延長    【4.5.1.33】
◆短縮    【6.4.7.40】

<間隔別>

中7週組         【3.1.1.3】
中10週以上組 【2.4.4.27】
中6週組         【2.2.3.8】
中8週組         【2.1.0.2】
中5週組         【1.0.0.5】

2007年以降の3着以内馬は前走G1組が半数近くを占めている。

ローテについては、有馬記念と香港国際競走からのステップが有力。

前者は複勝率50%超という高値安定の成績。

後者に至っては、連対率100%という

圧巻のパフォーマンスを見せつけている。

 

【京都記念2018】過去データ(10年分)まとめ

◆1番人気が信頼できる。

◆順当決着の傾向の非常に強いレースである。

◆先行が一番狙いやすい脚質である

◆追い込み勢は不振。

◆4歳、5歳の活躍が目立っている。

◆ローテについては、有馬記念と香港国際競走からのステップが有力。

 

過去データ(10年分)を見て

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて紹介します。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク