Pocket

今回は、京王杯スプリングカップ2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

京王杯スプリングカップは

1着馬に安田記念の優先出走権が

与えられる重要な一戦だが、

京王杯SC→安田記念と連勝したのは

2005年アサクサデンエンまで

さかのぼらなければならず、

過去10年を見ても勝ち馬が

同年の安田記念でも馬券に絡んだのは

11年ストロングリターン(2着)、

17年レッドファルクス(3着)の2頭だけ。

本番よりも1400メートルのこの距離に

特化した馬を選択した方が

馬券にはつながる可能性がある。

今年は、京王杯スプリングカップを

制するのはどの馬なのか

ここでは、過去10年のデータ分析をし

勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【京王杯スプリングカップ2018】予想オッズ

1番人気サトノアレス            3.0
2番人気ダンスディレクター   3.8
3番人気グレーターロンドン   4.1
4番人気セイウンコウセイ     10.6
5番人気ウインガニオン        11.1
6番人気キャンベルジュニア  12.2
7番人気シュウジ                 17.4
8番人気ダイメイフジ           22.2
9番人気ムーンクエイク        23.0

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【京王杯スプリングカップ2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気 【1.0.1.8】
2番人気 【2.2.3.3】
3番人気 【1.2.1.6】
4番人気 【2.0.1.7】
5番人気 【1.2.0.7】

2008年以降、1番人気は1勝、3着1回

のみとなっており、

疑ってかかりたい。

これに対し2番人気は2勝、2着2回、3着3回と

善戦している。

人気サイドから入る場合、

1番人気は軸としては、信頼度は低い。

どちらかと言えば2番人気の

ほうを選択すべきだろう。

相手は4勝、2着4回、3着2回の3~5番人気から

拾うのが効率良し。

なお、単勝オッズ64.4倍だった

2012年13番人気3着インプレスウイナーを

除くとヒモ穴は概ね単勝オッズ50倍付近までに

収まっているので、穴を狙う場合は

人気順だけでなくオッズも

併せてチェックしておきたい。

 

【枠順別】

1枠 【0.1.1.15】
2枠 【0.1.2.16】
3枠 【1.2.1.15】
4枠 【0.0.3.17】
5枠 【2.1.0.17】
6枠 【3.2.1.14】
7枠 【4.2.2.15】
8枠 【0.1.0.25】

東京芝1400mは向正面にゲートが置かれ、

最初のコーナーまでは350m程度。

そのため大外は不利であり、

2008年以降、8枠は26頭が出走して

2017年クラレントの2着が

唯一の好走例となっている。

しかもこの年は近年で最も少ない13頭立てだった。

もっとも大外でなければ外寄りでも問題なく、

6~7枠が7勝、2着4回、3着3回。

馬番では10~12番で6勝と、

馬番8番以内が1勝止まりなのとは対照的である。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.1.2.7】
先行馬 【2.2.1.33】
差し馬 【6.4.4.53】
追込馬 【2.3.3.41】

<上がり3F>

1位   【3.3.1.4】
2位   【2.1.2.11】
3位   【0.2.0.4】
~5位【3.0.2.18】
6位~【2.4.5.97】

<4角位置別>

4角1番手    【0.1.1.8】
2番手以内   【2.1.3.17】
3番手以内   【2.1.3.28】
4番手以内   【2.1.3.40】
5番手以内   【2.3.14.44】
7番手以内   【6.4.6.66】
10番手以内 【9.7.8.83】

2番手以下   【10.9.9.126】
3番手以下   【8.9.7.117】
4番手以下   【8.9.7.106】
5番手以下   【8.7.7.94】
7番手以下   【8.6.4.81】
10番手以下 【1.4.3.57】
13番手以下 【0.3.2.32】
16番手以下 【0.1.0.8】

東京の芝重賞とあって逃げ切りは容易ではなく、

2008年以降、逃げ馬は2着1回、3着2回と未勝利。

ただし、オメガヴェンデッタが3着に

残った2015年のように、

前半3F36秒0という、

良馬場の芝1400m古馬重賞では

ありえないようなペースなることもある。

過去10年の上がり3F順位別では

1~2位が5勝、2着4回、3着3回であるのに対し、

5位以下も5勝、2着4回、3着7回と健闘している。

瞬発力一辺倒というわけではなく、

位置取りと切れる末脚のバランスが問われる印象。

よって、7勝をあげている

4角6~9番手がベストなポジションである。

 

【世代別】

4歳 【2.0.3.42】
5歳 【5.3.4.30】
6歳 【1.3.3.36】
7歳 【1.3.0.15】
8歳 【1.1.0.10】
9歳 【0.0.0.1】

年齢別では4歳が2勝、3着3回であるのに対し、

5歳が5勝、2着3回、3着4回と優勢。

また7歳以上も2勝、2着4回と奮闘している。

 

【斤量別】

56.0㎏ 【5.6.5.59】
57.0㎏ 【2.2.3.57】
58.0㎏ 【2.1.2.3】
55.0㎏ 【1.1.0.5】
59.0㎏ 【0.0.0.2】

 

【前走別】

<レース別>

高松宮記念組    【4.1.3.23】
東京新聞杯組    【1.3.0.0】
ダービーCT組 【1.1.1.8】
阪神牝馬S組    【1.1.0.7】
ダービー卿T組 【1.0.1.14】

<距離別>

1600m組 【4.6.4.59】
1200m組 【4.2.4.51】
1400m組 【1.2.2.19】
1800m組 【1.0.0.4】
2000m組 【0.0.0.1】

◆同距離【1.2.2.19】
◆延長   【4.2.4.51】
◆短縮   【5.6.4.64】

<間隔別>

中6週組         【4.2.3.28】
中5週組         【3.1.2.25】
中10週以上組 【1.3.1.13】
中4週組         【1.1.0.22】
中1週組         【1.0.2.10】

前走レース別では高松宮記念、

ダービー卿チャレンジトロフィー、

マイラーズカップ、

そして東京新聞杯組の好走が目立つ。

だがこれらのステップは、

いずれもコース変わりや

距離短縮・延長を伴っており、

2008年以降、前走からの連勝馬はいない。

一方で5着以下だった馬が

4勝、2着2回、3着4回と巻き返しているほか、

前走オープン特別出走馬や昇級馬の激走も多い。

 

【京王杯スプリングカップ2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、京王杯スプリングカップ2018

データ分析・過去10年の傾向を見てきました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

美浦ウッドで4Fからの3頭併せという

“堀流”の最終調整。

内に潜り込むと、

それぞれに脚色優勢で

最先着を果たした。

3カ月ぶりの前走を

使われた上積みは大きい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク