Pocket

今回は、中山記念2018GⅡ予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

昨年から大阪杯がGIに昇格したことで

前哨戦という位置づけになり、

優勝馬には本番への優先出走権が与えられる。

さらに毎年、ドバイ遠征する馬も

参戦してくることもあり、

GI並みのメンバーが揃うGIIとなりそうだ。

ここでは、過去データ(10年分)の傾向・分析をし

馬券のポイントを探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【中山記念2018】予想オッズ

1番人気ペルシアンナイト     2.1
2番人気ウインブライト        4.9
3番人気アエロリット           6.2
4番人気ヴィブロス              6.4
5番人気サクラアンプルール  6.7
6番人気マイネルハニー        9.7
7番人気マルターズアポジー 15.1
8番人気ディサイファ          57.9
9番人気ショウナンバッハ    61.1

一桁人気の馬の予想オッズはこんな感じになっております。

 

【中山記念2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気 【3.0.1.6】
2番人気 【3.1.2.4】
3番人気 【3.1.2.4】
4番人気 【0.4.2.4】
5番人気 【0.0.1.9】

3人気以内の上位人気馬はほぼ互角の成績となっている。

ただ、信頼度となると話は別で、

1人気は決して高い数字ではないことがわかる。

1番人気は2008年以降3勝、3着1回で、

その3勝は前年覇者カンパニーと、

前走でG1優勝のヴィクトワールピサ、

ドゥラメンテという顔ぶれ。

よほどの実績馬でなければ

疑ってかかってもいい。

昨年も4着に負けているように、

負ける時は馬券圏外になることが多いのが特徴となっている。

対して、2人気と3人気は複勝率の数字を見ればわかる通り、

信頼度は1人気よりも上。

とくに3人気は過去7年で4着以下だったのは2016年のみ。

不良馬場で3連単53万馬券となった

2010年以外の勝ち馬はすべて3番人気以内と、

人気サイドは比較的安定している。

相手もあまり崩れず、

7回で3着以内に1~3番人気の2頭が入り、

4番人気以内の3頭での決着が5回となっている。

人気薄では中山巧者とリピーターを

注目しておくと良い。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.0.10】
2枠 【2.0.2.10】
3枠 【2.2.2.8】
4枠 【2.0.1.11】
5枠 【0.3.2.10】
6枠 【0.2.1.16】
7枠 【2.0.1.17】
8枠 【1.2.1.16】

1コーナーまでは200mほどしかなく、

なおかつコーナー4回の小回り戦とあって外目は苦戦傾向

2008年以降では1~4枠の7勝に対し、5~8枠は3勝

その3勝も格違いだったヴィクトワールピサとドゥラメンテ、

さらにシルポートの大逃げで展開がばらけた

2013年のナカヤマナイトによるものである。

出走頭数が10~12頭あたりに収まった年は

外枠でもそこまで大きなロスにはならない。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.2.2.8】
先行馬 【7.3.4.20】
差し馬 【3.2.3.34】
追込馬 【0.3.1.36】

<上がり3F>

1位   【5.3.1.6】
2位   【0.0.2.5】
3位   【2.2.1.8】
~5位【2.4.3.11】
6位~【1.1.3.68】

<4角位置別>

4角1番手    【0.3.1.6】
2番手以内   【2.4.3.16】
3番手以内   【5.5.5.23】
4番手以内   【7.5.6.28】
5番手以内   【7.5.7.41】
7番手以内   【10.8.8.53】
10番手以内 【10.9.10.77】

2番手以下   【10.7.9.92】
3番手以下   【8.6.7.82】
4番手以下   【5.5.5.75】
5番手以下   【3.5.4.70】
7番手以下   【0.5.3.54】
10番手以下 【0.1.1.29】
13番手以下 【0.1.0.8】
16番手以下 【0.0.0.2】

先行勢に有利な中山芝1800m。

このレースでも2008年以降の

勝ち馬10頭すべてが4角6番手以内であり、

うち5勝は4角3番手以内であった。

4角先頭は急坂で差されやすいため未勝利だが、

4頭が3着以内に入っている。

過去の勝ち馬では

ドゥラメンテ、ジャスタウェイ、カンパニーなどが

中団以降だった近走から脚質転換して

先行策をとっている点も見逃せない。

過去に先行して結果を残しているか否かは要チェックだ。

これに対し後ろからでは厳しく

上がり3F33秒台の脚を使った

2016年アンビシャス、2017年サクラアンプルールも2着止まりとなっている。

 

【世代別】

4歳   【3.1.4.17】
5歳   【3.3.1.18】
6歳   【2.5.1.28】
7歳   【1.1.3.20】
8歳   【1.0.1.11】
9歳   【0.0.0.1】
10歳 【0.0.0.3】

 

【斤量別】

57.0㎏ 【5.4.4.44】
58.0㎏ 【3.2.4.5】
56.0㎏ 【1.3.0.41】
54.0㎏ 【1.0.0.3】
55.0㎏ 【0.1.2.5】

 

【前走別】

<レース別>

有馬記念組       【2.1.0.5】
天皇賞(秋)組 【1.2.0.3】
白富士S組       【1.1.0.10】
香港マイル組    【1.0.1.1】
日刊中山金杯組 【1.0.1.10】

<距離別>

2000m組 【3.3.2.30】
1600m組 【3.2.3.19】
2500m組 【2.1.0.5】
2200m組 【1.1.1.14】
2400m組 【1.0.0.6】

◆同距離【0.2.0.11】
◆延長   【3.3.6.26】
◆短縮   【7.5.4.59】

<間隔別>

中10週以上組 【5.3.4.32】
中8週組         【2.1.1.2】
中3週組         【1.2.1.15】
中6週組         【1.1.1.9】
中2週組         【1.1.0.15】

前走がGIだった馬が好走しており、

その中でも有馬記念組と天皇賞・秋組が中心となっている。

とくに天皇賞・秋組は、

2016年2着のアンビシャス、2014年優勝馬のジャスタウェイを輩出しており、

近年好調のローテーションといえる。

天皇賞・秋での着順を気にする必要はなく、

2ケタ着順でも要注意。

対して有馬記念組はここ4年馬券に絡んでいないものの、

昨年は該当馬がおらず、

過去10年で3着以内3回中2回が優勝と、

やはり侮れない存在。

その3着以内3頭中2頭はGI好走歴(3着以内)がなかった。

もちろんGI好走歴のある馬は注目だが、

好走歴がないからといって軽視もできないということになる。

 

【中山記念2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆人気サイドは比較的安定している。

◆人気薄では中山巧者とリピーターを注目。

◆コーナー4回の小回り戦とあって外目は苦戦傾向。

◆勝ち馬10頭すべてが4角6番手以内と先行勢に有利。

◆前走がGIだった馬が好走している。

◆前走、有馬記念組と天皇賞・秋組が中心。

 

今回は、中山記念2018の過去データ(10年分)の傾向・分析を

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク