Pocket

今回は、中山記念2018のGⅡ予想と

調教・最終追い切り後の評価、

コース紹介(中山芝1800m)

を中心とした記事を書いていきたいと思います。

昨年から大阪杯がGIに昇格したことで

前哨戦という位置づけになり、

優勝馬には本番への優先出走権が与えられる。

さらに毎年、ドバイ遠征する馬も

参戦してくることもあり、

GI並みのメンバーが揃うGIIとなりそうだ。

それでは、早速ですが、

中山記念2018GⅡ予想と

調教・最終追い切り後の評価と

コース紹介(中山芝1800m)をしていきたいと思います。

 

まずは、中山芝1800mのコース紹介から!

【中山記念2018】コース紹介(中山芝1800m)

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば。

ゲートオープン後、すぐに急坂が待ち構えている。

最初の1コーナーまでの距離は約m205(Aコース時)。

1~2コーナーの中間までは上り坂。

その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。

最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。

1コーナーまでの距離が短いことと、

上り坂がスタートである要素があるため、

展開が定まりにくい。メンバー次第でもあるが、

ハイ・ミドル・スローあらゆるペースになりうる。

特徴的なのは後半3ハロンの平均がクラス別であまり差がないこと。

上がりの競馬にはなりにくいことを示しており、

序盤から中盤のペースがクラスの差に直結してくる。

特に重賞は古馬G2の中山記念と、

3歳牝馬限定G3のフラワーCとでは

勝ちタイムが大きく違うので注意が必要だ。

枠順は内枠が有利。逃げ、先行馬が残りやすいコースであり、

主導権を握りたいという馬にとっては内枠は大きなアドバンテージ。

中盤のペースが厳しい前掛かりの展開になると、

後方からの追い込みも決まるが、

差し馬が上位を独占するようなケースはまれ。

好位からの抜け出しがベスト。

また、右回りのローカル競馬場芝1800mに

通じるコース適性が要求され、

脚質を問わずこの距離で実績がある馬がよく走る。

このコースを得意とする巧者の馬が出現しやすい。

好走脚質→逃げ(勝率:13.5%)(複勝率:37.6%)

 

【中山記念2018】調教・最終追い切り後の評価

<マイネルサージュ>

(前回) 南W稍 馬なり
→69.4 53.4 39.9 13.8 ⑦

2/18 南W良 馬なり
→68.9 53.6 40.3 13.5 ⑦

2/21 南W良 馬なり
→68.7 53.1 39.9 13.2 ⑧
ポンテファブリチオの内を1.0秒追走同入

2/23 南坂稍 馬なり
→1回 59.1 44.0 29.3 14.4

【調教評価】

手応えはうなっていて、

毛ヅヤもピカピカ。

いい頃と比べても遜色ない状態。

 

<サクラアンプルール>

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 53.3 38.9 25.5 13.0

2/15 南W良 一 杯
→69.3 53.9 39.3 12.8 ④
エスティームの内を0.4秒追走0.2秒遅れ

2/18 南坂良 馬なり
→1回 58.2 42.1 26.5 12.6
コトブキハウンドを0.7秒追走同入

2/21 南W良 馬なり
→69.4 54.7 40.5 13.5 ⑤
サンクトゥスレーンの内を0.6秒追走0.4秒先着

【調教評価】

先週ビッシリ攻めてスイッチオン。

抜け出す時の脚が速く、体の張りも目立つ。

動きが抜群だった札幌記念の時と比べると

伸びが少し小さい感じはする。

 

<ヴィブロス>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.0 38.1 25.3 12.9

2/15 栗CW良 一 杯
→80.5 66.0 50.9 37.1 11.8 ⑤
ポポカテペトルの内を2.5秒追走0.2秒先着

2/18 栗坂良 馬なり
→1回 57.3 42.2 27.7 13.8

2/21 栗坂良 馬なり
→1回 54.7 39.7 25.4 12.6

【調教評価】

残り1Fで手前を変えると、

しっかり伸びた。

すっきりした体で九分以上だ。

 

<ペルシアンナイト>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→84.4 67.7 51.8 38.4 12.3 ⑥

2/15 栗CW良 一 杯
→81.9 66.0 51.6 37.6 11.2 ⑧
トゥザクラウンの内を0.6秒追走同入

2/18 栗坂良 馬なり
→1回 55.4 40.5 26.4 13.2

2/21 栗CW良 馬なり
→84.4 67.2 51.6 37.6 12.0 ⑥
トゥザクラウンの内を0.4秒追走アタマ遅れ

【調教評価】

馬体に迫力が増し、動きも力強くなった。

ひと追いごとに気配も上昇カーブ。

 

<ウインブライト>

(前回) 南W良 馬なり
→84.0 68.6 53.6 39.5 13.7 ⑥

2/8 南W良 馬なり
→85.0 68.6 53.3 38.5 12.7 ⑧
ロンバルディアの外を0.5秒追走同入

2/15 南W良 馬なり
→66.7 51.2 37.0 12.8 ⑦
ロンバルディアの外を0.4秒追走0.4秒先着

2/21 南W良 馬なり
→84.4 68.7 53.6 39.5 13.1 ⑤

【調教評価】

単走でも抜群の集中力で、

フットワークも実に滑らか。

ちょっと硬さがあるので

一定ペースで走らせたい感じはあり、

加速勝負になると見劣りそう。

状態面は申し分ない。

 

<マイネルハニー>

(前回) 南W稍 馬なり
→67.7 52.5 38.5 13.1 ⑤

2/12 南坂稍 馬なり
→1回 59.7 43.5 28.7 14.2

2/15 南W良 馬なり
→67.6 52.8 38.9 13.2 ⑥
ヤマニンリュウセイの内を0.8秒追走同入

2/21 南W良 馬なり
→71.0 55.1 40.3 12.9 ⑦
マイネルレヴリーの内を0.7秒追走0.6秒先着

【調教評価】

追い切りは毎回良い馬で今回も良好。

3歳馬相手に貫禄の違いを見せつけた。

上積みは疑問も、状態は安定している。

走りが小さいのであとは能力的な問題。

 

<ディサイファ>

(前回) 南坂良 一 杯
→1回 53.6 39.2 25.2 12.1

2/14 南坂良 一 杯
→1回 55.1 40.0 25.7 12.6

2/18 北C良 馬なり
→57.3 42.8 14.4 ⑤

2/21 南坂良 強 目
→1回 51.9 37.5 24.4 12.3
サンマルデュークを0.8秒追走同入

【調教評価】

前走時よりも集中して走れており、

ラストの伸びには勢いがある。

幾分上向く。

年齢を考えれば十分動けているほう。

 

<マルターズアポジー>

(前回) 南W稍 馬なり
→53.4 38.7 12.3 ⑨

2/15 南W良 直一杯
→68.4 53.4 39.0 12.6 ⑧

2/18 南W良 馬なり
→43.9 12.8 ⑨

2/21 南W良 馬なり
→68.4 53.6 39.1 12.7 ⑧

【調教評価】

ひと息入ったが、重苦しさは一切なく、

反応も素早い。

いきなり動ける態勢

 

<ショウナンバッハ>

(前回) 南坂良 末一杯
→1回 51.3 37.4 24.7 12.2

2/11 南坂重 馬なり
→1回 52.9 38.6 25.4 12.5

2/15 南坂良 馬なり
→1回 52.9 38.8 25.3 12.3

2/21 南坂良 一 杯
→1回 49.2 36.0 24.0 12.2

【調教評価】

馬場の内めを気難しい面を

見せることなくシャープに伸びた。

前回と同じく坂路の内側を回して

狙って好時計を出してきた印象。

力強さはあまり感じないので、

時計ほど動きは目立ってこない。

状態は良好だ。

 

<アエロリット>

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 52.4 38.0 24.8 12.3

2/15 南W良 馬なり
→83.3 68.0 53.5 39.6 13.4 ⑨

2/18 南坂良 馬なり
→2回 59.0 43.2 28.4 14.1

2/21 南W良 馬なり
→52.9 38.8 12.9 ⑦
ダノンハイパワーの外を0.4秒追走同入

【調教評価】

抑えるのに苦労するほどで、

動きも牝馬離れした迫力

乗り込み量も十分。

柔らかみがあり動けそうな雰囲気。

 

【中山記念2018】予想

人気ブログランキングへ
〇05ウインブライト
▲02サクラアンプルール
☆10アエロリット
△04ペルシアンナイト
×0103060709

 

人気ブログランキングへ

今回も逃げの手。

1800メートルでは昨年の小倉大賞典が好記録。

1000メートル通過57秒6で飛ばして2馬身差をつけた。

手頃な頭数も魅力。

今回は、頭まであるとみる。

 

〇05ウインブライト

中山1800メートルでスプリングSに優勝。

クラシックや古馬一線級相手の

毎日王冠では結果を残せなかったが、

福島記念勝ちに続き中山金杯2着と充実。

相手は揃ったが、立ち回りのうまさを生かせば。

 

▲02サクラアンプルール

中央での4勝中3勝が中山

昨年当レースでは2着。

ロゴタイプ、アンビシャスに先着し、

5着にヴィブロス。

今年のメンバーでも見劣りしない。

GⅠの常連となり、前2走は敗因がハッキリ。

時間をかけて立て直し、本来の実力発揮なら。

 

☆10アエロリット

秋華賞で7着と案外の失速。

前半、力んだ分、初距離が響いた様子だ。

スピードタイプに道悪も災いした。

古馬相手となった昨夏のクイーンSで

強い勝ちっぷりを見せたように

1800メートルは好材料

前に目標がいてレースはしやすい。

一歩早く抜け出してしまえば粘り込みも。

 

△04ペルシアンナイト

1800メートル①②着。

皐月賞2着と中山内回りで機動力を見せた。

マイルCSで頂点に立ったが、

今回の舞台に何ら不安はない。

昨秋緒戦の富士Sは道悪が敗因。

8日に併せ馬で6ハロン82秒2、

15日には同81秒9を一杯に追い切られ、

力を出せる仕上がりに持ってこれた。

今後活躍の場を広げるためにも必勝態勢。

 

<買い目>

馬連

◎-〇▲☆△

三連複

◎-〇▲☆△-印

軸馬は人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

開幕週の中山で距離の1800メートルというのはベストの条件。

ここでも遜色ない。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク