Pocket

今回は、中山牝馬ステークス2018GⅢ予想と

有力馬分析、コース紹介(中山芝1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山牝馬ステークスはハンデ戦だけに

過去10年で1番人気が1勝、2着2回と不振なように、

波乱含みのレースとなっている。

ここを最後に繁殖入りする馬もいれば、

ヴィクトリアマイルへの叩き台として、

ここから始動する馬もいて、

各馬の思惑も仕上がりもバラバラ。

そのためなかなか一筋縄では収まらない

レースとなっている。

今年も混戦模様の中中山牝馬ステークスを

制するのはどの馬なのか。

予想と有力馬分析、コース紹介をしていきます。

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

【中山牝馬ステークス2018】枠順

1枠1番エテルナミノル
2枠2番トーセンビクトリー
3枠3番バンゴール
3枠4番マキシマムドパリ
4枠5番キンショーユキヒメ
4枠6番フロンテアクイーン
5枠7番エンジェルフェイス
5枠8番ゲッカコウ
6枠9番シャルール
6枠10番レイホーロマンス
7枠11番ワンブレスアウェイ
7枠12番ブラックオニキス
8枠13番オートクレール
8枠14番カワキタエンカ

 

【中山牝馬ステークス2018】オッズ

1番人気マキシマムドパリ       5.3
2番人気フロンテアクイーン    6.1
3番人気ワンブレスアウェイ    6.6
4番人気トーセンビクトリー    7.2
5番人気カワキタエンカ          7.8
6番人気エテルナミノル          8.8
7番人気エンジェルフェイス    9.0
8番人気レイホーロマンス      15.7
9番人気ゲッカコウ               17.6

 

【中山牝馬ステークス2018】コース紹介(中山芝1800m)

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば。

ゲートオープン後、すぐに急坂が待ち構えている。

最初の1コーナーまでの距離は約205m(Aコース時)。

1~2コーナーの中間までは上り坂。

その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、

緩い下り坂になっている。

最後の直線距離は310mと、

中央4場の中では最短。

なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

1コーナーまでの距離が短いことと、

上り坂がスタートである要素があるため、

展開が定まりにくい。

メンバー次第でもあるが、

ハイ・ミドル・スローあらゆるペースになりうる。

特徴的なのは後半3ハロンの平均が

クラス別であまり差がないこと。

上がりの競馬にはなりにくいことを示しており、

序盤から中盤のペースがクラスの差に直結してくる。

特に重賞は古馬G2の中山記念と、

3歳牝馬限定G3のフラワーCとでは、

勝ちタイムが大きく違うので注意が必要だ。

枠順は内枠が有利。

逃げ、先行馬が残りやすいコースであり、

主導権を握りたいという馬にとっては

内枠は大きなアドバンテージ。

中盤のペースが厳しい前掛かりの展開になると、

後方からの追い込みも決まるが、

差し馬が上位を独占するようなケースはまれ。

好位からの抜け出しがベスト。

また、右回りのローカル競馬場芝1800mに

通じるコース適性が要求され、

脚質を問わずこの距離で実績がある馬がよく走る

このコースを得意とする巧者の馬が出現しやすい

 

【中山牝馬ステークス2018】有力馬分析

<トーセンビクトリー>

昨年当レースを勝ち、札幌ではクイーンS2着。

その後はGⅡ以上の強い相手と戦い

結果が出なかったが、

前走アメリカJCCで牡馬相手に5着と健闘した。

調子自体も上向いてきた。

中山の形態が合い、

牝馬限定戦に替わって連覇の好機。

 

<マキシマムドパリ>

昨秋エリザベス女王杯で4着に好走。

連覇を狙った愛知杯は3着だが、

位置取りが悪くなりながらよく盛り返した。

好調持続と見て良さそう。

本来は安定した先行タイプで中山は向く。

3歳春の菜の花賞では

クイーンズリングの2着していた。

引き続き上位争いは必至だろう。

 

<カワキタエンカ>

ハイペースの桜花賞で頑張りを見せたあと、

1000万を勝てなかったが、

ローズSで2着してオープン入り。

秋華賞でも持ち前のスピードを生かして

5着に頑張った。

4カ月ぶりの洛陽Sは案外だったが、

1度使われたことで息の入りが違うはず。

 

<エテルナミノル>

降級後順調にキャリアを積み、

大きく着順を落としたのは

エリザベス女王杯の1度だけ。

愛知杯が重賞初制覇となった。

後手に回ったターコイズSで

クビ、ハナ、クビ、クビ差の惜しい5着。

中間のゲート練習が実を結んだ形だ。

前走同様のスタートなら小回り中山でも期待できる。

 

<フロンテアクイーン>

格上挑戦のターコイズS2着。

クイーンC、福島牝馬Sに続き、

重賞での2着は3度目になるので、

もともと力の見劣りもなかった。

クビ差のミスパンテールが

京都牝馬Sも連勝し

価値は高まる

距離も守備範囲

詰めは課題でも引き続き注目。

 

<レイホーロマンス>

1000万勝ち直後に愛知杯2着。

軽ハンデの味方が大きかったが、

力をつけていることも間違いないだろう。

小倉で好走しているように小回りにも適性がある。

多少増量されても。

 

<ワンブレスアウェイ>

愛知杯は大外枠から積極的な競馬をしたが、

前半気負った分、末が保たなかった。

初距離の2000メートルも長かったか。

適距離で機動力を生かせば。

 

【中山牝馬ステークス2018】予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ14
好位110713
中位一団
後方09

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇02トーセンビクトリー
▲05キンショーユキヒメ
☆11ワンブレスアウェイ
穴12ブラックオニキス
△0103040708091014

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

<参考買い目>

三連複

◎ー〇▲☆穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク