Pocket

今回は、中山牝馬ステークスのGⅢ予想と

出走馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山牝馬ステークスはハンデ戦だけに

過去10年で1番人気が1勝、2着2回と不振なように、

波乱含みのレースとなっている。

ここを最後に繁殖入りする馬もいれば、

ヴィクトリアマイルへの叩き台として、

ここから始動する馬もいて、

各馬の思惑も仕上がりもバラバラ。

そのためなかなか一筋縄では収まらない

レースとなっている。

今年も混戦模様の中中山牝馬ステークスを

制するのはどの馬なのか。

調教・最終追い切りを見て

予想していきたいと思います。

 

【中山牝馬ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価

<エテルナミノル>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→83.0 66.7 52.1 39.0 12.6 ⑧

2/28 栗CW良 一 杯
→81.1 66.1 52.0 38.0 12.3 ⑥
レーヌミノルの外を0.4秒先行5F付0.2秒遅れ

3/7 栗CW良 馬なり
→85.7 69.6 54.4 40.0 12.3 ⑤

【調教評価】

ここ2週が軽快な動きで、

1週前に併せ馬でビシッと追って

直前は単走でサッと。

スムーズに折り合って

軽快なフットワーク。

仕掛けてからの反応もシャープ。

引き続き好調

馬体もフックラと見せる。

 

<トーセンビクトリー>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→85.6 68.6 52.6 37.7 11.8 ⑧

2/28 栗CW良 一 杯
→66.9 51.6 37.7 11.8 ⑦
デニムアンドルビーの内を1.2秒追走0.5秒遅れ

3/4 栗坂良 一 杯
→1回 54.9 39.4 24.8 12.1

3/7 栗CW良 叩一杯
→67.2 51.6 37.0 11.8 ⑥
サトノワルキューレの内を0.4秒追走同入

【調教評価】

仕掛けるとグンと

反応して鋭い伸びを見せた

乗り込みも十分で気配は良好。

 

<バンゴール>

(前回) 南W良 馬なり
→69.2 53.2 39.0 12.9 ⑦

3/1 南W不 馬なり
→83.4 66.9 52.1 38.9 13.5 ⑧
リミットブレイクの内を1.0秒追走1.0秒先着

3/4 南坂良 馬なり
→1回 56.8 40.8 26.4 12.8

3/7 南W良 馬なり
→54.0 39.8 12.5 ⑧
アルジャンテの内を0.6秒追走同入

【調教評価】

バネの利いたフォームは健在で、

毛ヅヤもピカピカ

ここ数戦では一番の出来にある。

 

<マキシマムドパリ>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 56.9 41.0 26.3 12.5

2/28 栗坂良 強 目
→1回 53.6 39.3 25.4 12.6

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 43.8 28.7 14.5

3/7 栗坂良 末強目
→1回 52.6 38.2 24.8 12.2

【調教評価】

入念に乗り込まれて、

馬体は無駄なく仕上がった。

身のこなしが柔らかく、

朝一番ながら動きの方も

キビキビと活気にあふれたていて

素軽さ満点。

ラストも俊敏に反応していた。

文句ないデキ

 

<キンショーユキヒメ>

(前回) 栗CW稍 一 杯
→83.3 66.6 51.5 37.8 11.9 ⑧

2/28 栗CW良 一 杯
→80.8 64.3 50.2 37.1 12.3 ⑥

3/4 栗坂良 馬なり
→1回 60.3 43.4 28.1 14.0

3/7 栗CW良 一 杯
→81.4 65.8 51.4 38.4 12.1 ⑦

【調教評価】

攻め駆けするタイプとはいえ、

ラストまで迫力のある走り。

出来に不安なし。

 

<フロンテアクイーン>

(前回) 南W良 直強目
→70.3 54.5 39.9 13.5 ⑨

2/28 南W良 馬なり
→87.8 71.4 56.5 41.8 13.2 ⑧
ヒラボクプレミアムの内を0.6秒追走同入

3/4 南坂良 馬なり
→1回 55.7 39.9 25.6 12.4

3/7 南W良 直強目
→69.0 53.4 38.9 13.0 ⑧
ロジチャリスの外を0.6秒先行0.2秒遅れ

【調教評価】

相手もケイコは動く馬。

脚取りはしっかりとしており、

身のこなしに切れがあり、

太目感はなく、力の出せる仕上がりにある

状態は高いレベルで安定。

 

<エンジェルフェイス>

(前回) 栗CW稍 稍一杯
→66.8 50.9 37.2 12.1 ⑧

3/2 栗芝稍 強 目
→68.4 51.3 36.7 11.7 ①

3/7 栗芝稍 馬なり
→67.7 52.8 39.6 12.5 ③

【調教評価】

手綱を押さえたままリズムを重視。

力感十分の脚さばきで

馬体にも迫力がある。

 

<ゲッカコウ>

(前回) 南W良 馬なり
→70.5 54.6 40.6 13.4 ⑧

2/28 南W良 直強目
→70.0 55.0 40.2 12.9 ⑧

3/4 南W良 末強目
→68.1 52.3 38.5 13.0 ⑦

3/7 南W良 馬なり
→69.5 54.6 40.6 13.4 ⑥

【調教評価】

太め感なく仕上がっているが、

前走から大きく変わった

印象はない。

 

<シャルール>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 53.3 38.1 24.6 12.3

2/28 栗坂良 馬なり
→1回 52.8 38.2 24.8 12.4

3/4 栗CW良 馬なり
→86.0 70.7 55.5 41.3 14.6 ⑧

3/7 栗坂良 一 杯
→1回 52.6 38.2 24.9 12.5

【調教評価】

やや間隔はあいたが、

乗り込みは順調。

今週も最後までしぶとく伸びた。

 

<レイホーロマンス>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.9 38.9 25.0 12.3

2/25 栗坂良 馬なり
→1回 57.0 41.9 27.5 13.4

3/2 栗CW良 一 杯
→80.2 64.8 50.0 37.0 11.8 ⑨

3/7 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 40.3 25.9 12.9

【調教評価】

持ったままの手応えで

軽快にフィニッシュ。

乗り込みは十分で、

態勢は整う。

 

<ワンブレスアウェイ>

(前回) 南W良 馬なり
→67.2 52.3 39.5 13.3 ⑥

2/28 南W良 馬なり
→69.5 53.5 39.6 12.7 ⑧

3/4 南W良 馬なり
→67.0 51.6 37.3 12.9 ⑥
フリージングレインの内を1.7秒追走同入

3/7 南W良 馬なり
→67.7 52.5 38.5 12.9 ⑥
フリージングレインの内を1.2秒追走同入

【調教評価】

いつも攻めは動くタイプで

今回も首を上手に使って、

リズムのいい走りを見せた

走る気がみなぎっていて、

抑えるのに苦労するほどだった。

体も大きく使えている。

脚捌きも滑らかで体調面の不安は感じられない。

 

<ブラックオニキス>

(前回) 南W良 馬なり
→57.3 41.9 13.2 ⑨

2/25 南W良 馬なり
→54.8 39.6 12.8 ③

3/2 南W稍 一 杯
→84.9 69.3 54.3 39.5 12.9 ⑧
ゴールドアラシの内を0.8秒追走0.6秒先着

3/7 南W良 直一杯
→66.9 52.9 39.0 13.0 ⑤
ゴールドアラシの内を1.7秒追走1.0秒先着

【調教評価】

攻め駆けするタイプで、

中間も鋭い伸び脚を連発

体もふっくらと見せている。

 

<オートクレール>

(前回) 南W良 一 杯
→53.4 38.8 12.4 ⑨

2/28 南W良 一 杯
→67.4 52.5 39.1 13.8 ⑦
コスモピクシスの内を2.6秒追走0.4秒遅れ

3/4 南坂良 馬なり
→1回 57.4 42.4 27.8 13.2

3/7 南W良 馬なり
→69.5 53.8 39.9 13.2 ⑨

【調教評価】

馬体はキープしているが、

好調時と比べると素軽さがひと息。

上がり目は薄い

 

<カワキタエンカ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 55.9 40.2 25.6 12.7

2/23 栗坂良 馬なり
→1回 56.6 41.8 27.6 13.7

3/1 栗坂良 馬なり
→1回 60.6 44.6 29.4 14.3

3/7 栗坂良 馬なり
→1回 56.4 41.7 27.2

【調教評価】

ひと叩きされ、

動きに素軽さが出てきた。

馬体の張りも目立ち、

気配上昇。

 

【中山牝馬ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、中山牝馬ステークス2018の

出走馬の調教・最終追い切り後の評価をしました。

調教・最終追い切りが良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走は、この馬にしては珍しくイレ込んでしまい
レースでも折り合いを欠いてしまった。
前走は、ノーカンでOK。
1度使ったことにより、落ち着きも出るし
中山コースのこの距離は合うイメージ。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク