Pocket

今回は、中山牝馬ステークス2018GⅢ予想と

過去データ(10年分)の傾向・分析と

予想オッズを中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山牝馬ステークスはハンデ戦だけに

過去10年で1番人気が1勝、2着2回と不振なように、

波乱含みのレースとなっている。

ここを最後に繁殖入りする馬もいれば、

ヴィクトリアマイルへの叩き台として、

ここから始動する馬もいて、

各馬の思惑も仕上がりもバラバラ。

そのためなかなか一筋縄では収まらない

レースとなっている。

今年も混戦模様の中山牝馬ステークスを

制するのはどの馬なのか。

過去10年のデータ傾向を分析し

馬券のポイントを探っていくことにします。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【中山牝馬ステークス2018】予想オッズ

1番人気フロンテアクイーン    3.6
2番人気マキシマムドパリ       4.1
3番人気トーセンビクトリー    4.5
4番人気カワキタエンカ          6.3
5番人気ワンブレスアウェイ    8.4
6番人気エテルナミノル        10.4
7番人気ゲッカコウ              12.9
8番人気エンジェルフェイス  19.3
9番人気レイホーロマンス     30.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【中山牝馬ステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析

【人気別】

1番人気 【1.2.1.6】
2番人気 【0.1.0.9】
3番人気 【1.0.1.8】
4番人気 【3.2.0.5】
5番人気 【1.0.1.8】

1番人気が成績不振

2008年以降、

1番人気で勝利したのは

2014年フーラブライト1頭のみで、

56キロのハンデを背負った

2016年のルージュバック、

2017年のマジックタイムは

2着止まりであった。

また2~3番人気も【1.1.1.17】と低調

狙いは4~6番人気で、

前走から中4週以上の5~6歳馬に限定すると

【6.2.0.4】という好成績を残している。

7番人気以下は、【0.0.0.12】と低迷している

 

【枠順別】

1枠 【0.0.2.17】
2枠 【3.0.3.14】
3枠 【1.1.1.17】
4枠 【1.3.0.16】
5枠 【1.2.0.17】
6枠 【2.1.1.16】
7枠 【1.3.0.16】
8枠 【1.1.2.17】

急坂からのスタートで

1コーナーまでは200m強しかなく、

なおかつコーナー4回の小回り戦とあって

外枠が不利なコース形態。

2008年以降にこのコースで行われた9回のうち、

(2011年の阪神開催を除く9回)

7枠【0.3.0.14】、8枠【1.1.2.14】

いう成績にとどまっている。

では内枠が有利かというと

必ずしもそうとは限らず、

1枠は【0.0.2.15】と外枠以上に苦戦傾向。

被せられていつもより位置取りが

後ろになってしまうリスクがあり、

【3.0.2.13】の2枠から真ん中あたりまでを

狙うのがよさそうだ。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.1.0.9】
先行馬 【3.2.1.29】
差し馬 【6.5.5.45】
追込馬 【0.3.3.47】

<上がり3F>

1位   【1.3.1.5】
2位   【2.1.1.8】
3位   【2.0.2.6】
~5位【3.1.4.11】
6位~【2.6.1.100】

<4角位置別>

4角1番手    【1.2.0.7】
2番手以内   【2.3.0.17】
3番手以内   【2.3.1.32】
4番手以内   【4.3.1.38】
5番手以内   【6.6.1.45】
7番手以内   【8.6.3.64】
10番手以内 【10.8.6.81】

2番手以下   【9.9.9.123】
3番手以下   【8.8.9.113】
4番手以下   【8.8.8.98】
5番手以下   【6.8.8.92】
7番手以下   【4.5.7.75】
10番手以下 【1.3.3.55】
13番手以下 【0.3.2.27】
16番手以下 【0.1.0.4】

小回りコースを1周するとあって

基本的に前が有利となる中山芝1800m。

このレースは毎年のようにフルゲートとなる

古馬重賞ということもあり

度数としては差し馬が優勢だが、

2012年にレディアルバローザ(8番人気)が

1着となったほか、

2009年のピンクカメオ(15番人気)、

2014年のケイアイエレガント(10番人気)

といった4コーナー先頭馬が穴をあけている

差し馬をケアしつつ、

人気薄の逃げ・先行馬の一発に

期待するというのが

馬券を買う上ではいいと

思われる。

 

【世代別】

4歳 【2.3.1.51】
5歳 【5.4.4.38】
6歳 【3.4.2.29】
7歳 【0.0.2.11】
8歳 【0.0.0.1】

 

【斤量別】

53.0㎏ 【5.2.3.33】
54.0㎏ 【3.4.1.20】
56.0㎏ 【1.2.1.12】
56.5㎏ 【1.0.1.2】
51.0㎏ 【0.2.0.10】

ハンデ別では

53キロが

5勝、2着2回、3着3回、

54キロが

3勝、2着4回、3着1回であり、

ともに前走から斤量の増減が

1キロ以内の馬の好走が顕著となっている。

 

【前走別】

<レース別>

愛知杯組       【3.1.2.18】
初音S組       【1.1.1.10】
東京新聞杯組 【1.1.0.1】
京都牝馬S組 【1.0.4.23】
日経新春杯組 【1.0.1.0】

<距離別>

2000m組 【5.3.3.33】
1600m組 【3.4.5.43】
2400m組 【1.0.1.1】
2200m組 【1.0.0.16】
2500m組 【0.1.0.0】

◆同距離【0.1.0.25】
◆延長   【3.5.5.52】
◆短縮   【7.5.4.53】

<間隔別>

中10週以上組 【4.3.0.40】
中5週組         【3.1.3.16】
中7週組         【2.0.3.17】
中4週組         【1.1.0.5】
中1週組         【0.3.0.9】

前走レース別では

愛知杯組が3勝、2着1回、3着1回で、

2016年から施行時期が変わっても

好相性を見せている。

エリザベス女王杯組は

2013年1着のマイネイザベルが唯一の好走例で、

2012年のホエールキャプチャ、

2017年のパールコードなどが人気を裏切る結果に。

近年は前走で牡馬相手に敗れた馬の巻き返しが

目立つようになっている。

 

【中山牝馬ステークス2018】過去データ(10年分)の傾向・分析まとめ

◆人気馬の成績は不振。

◆脚質では基本的に前が有利になる。

◆4コーナー先頭馬が穴をあけている。

◆外枠不利だが、それ以上に1枠が成績不振。

◆斤量では53キロ、54キロの成績が良い。

◆前走は愛知杯組が活躍している。

 

今回は、中山牝馬ステークス2018の

過去データ(10年分)の傾向を分析しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク