Pocket

今回は、ヴィクトリアマイル2018無料予想と

有力馬分析とコース紹介(東京芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

春のマイル女王決定戦であるヴィクトリアマイル。

2015年に3連単2000万馬券が出たように、

人気薄の激走がよく見られるGI。

ただ、歴代の優勝馬を見ると、

ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど

名牝がズラリと穴人気ばかりが

好走しているわけではない。

馬券的に難解なGIではある。

今年も、春の古馬女王決定戦に

ふさわしい好メンバーが集結。

人気は4歳勢に集まりそうだが、

果たしてどの馬が女王の座に輝くか。

ここでは、有力馬分析をして

無料予想を書いていきたいと思います。

 

【ヴィクトリアマイル2018】枠順

1枠1番レッツゴードンキ
1枠2番ミスパンテール
2枠3番ラビットラン
2枠4番ジュールポレール
3枠5番レーヌミノル
3枠6番レッドアヴァンセ
4枠7番カワキタエンカ
4枠8番クインズミラーグロ
5枠9番ソウルスターリング
5枠10番アエロリット
6枠11番アドマイヤリード
6枠12番エテルナミノル
7枠13番ワントゥワン
7枠14番リエノテソーロ
7枠15番デアレガーロ
8枠16番リスグラシュー
8枠17番デンコウアンジュ
8枠18番メイズオブオナー

 

【ヴィクトリアマイル2018】オッズ

1番人気リスグラシュー         4.6
2番人気アドマイヤリード      5.4
3番人気アエロリット            5.7
4番人気ミスパンテール         7.4
5番人気ソウルスターリング   9.7
6番人気レッツゴードンキ     11.2
7番人気レッドアヴァンセ     11.4
8番人気ジュールポレール     18.0
9番人気レーヌミノル           26.0

 

【ヴィクトリアマイル2018】コース紹介(東京芝1600m)

スタート地点は向正面直線の右奥。

最初の3コーナーまでの

直線距離は約542m(Aコース時)。

3コーナー手前にさしかかる

ところで緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては

下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

上がり3ハロンの水準は

各クラス34秒台で差があまりない。

その代わり前半3ハロンと

中盤の厳しさの差が、

クラスの差になり、

走破時計に影響を及ぼす。

特に3歳以上重賞は

安田記念、NHKマイルC、ヴィクトリアマイルと

G1が多く組まれているため、

速い時計が出やすい。

スタートからゴールまで

高いレベルのスピードと末脚の

持続力が必要になる。

馬場状態にもよるが

Bコースでの逃げ馬の活躍が目立つ。

枠順はほぼフラット。

多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。

 

好走脚質→逃げ(勝率:11.3%)(複勝率:34.2%)

 

 

【ヴィクトリアマイル2018】有力馬分析

【リスグラシュー】

阪神JF2着の2歳時から活躍し、

牝馬三冠②⑤②着。

無冠でもこれだけの安定感だし、

常に中心に存在した。

前走の阪神牝馬Sは前に有利な流れ。

アタマ、クビ差までよく追い上げた。

東京1600メートルの東京新聞杯では

牡馬のサトノアレスを負かし、

2歳時にはアルテミスSに優勝。

この舞台では勝ち味の遅さは

微塵も感じられない。

1週前の坂路で49秒9。

東京への輸送を踏まえ態勢は整った。

GⅠで2着3回。悲願達成へ。

 

【アエロリット】

桜花賞5着のあと東京1600メートルの

NHKマイルCに優勝。

稍重の翌週Vマイルとは馬場差もあったが、

時計は1秒6速かった。

一昨年はNHKマイルCの

1分32秒8に対して

Vマイルは1分31秒5。

4歳世代の優秀さが垣間見える。

4カ月半ぶりの中山記念はクビ差2着。

ゴール前は盛り返す脚を見せたし、

大阪杯2着のペルシアンナイトに

先着したあたり、

対戦レベルも高かった。

①②①着の東京では一段上の性能を発揮。

叩いた上積みも見込める。

 

【アドマイヤリード】

昨年当レースに優勝した。

阪神牝馬S2着からの臨戦。

4度目のGⅠ挑戦で結果を出した。

今年の阪神牝馬Sは4着だが、

3着リスグラシューとクビ差だし、

2キロ重い斤量とゴール前で

狭くなったことを思えば内容は互角。

連覇へ見通しが立った。

阪神JF出走時が398キロ。

3歳春の時点でも線の細さを

否定できなかったが、

前走434キロの馬体を

大きく減らすことがなければ。

 

【ソウルスターリング】

桜花賞では3着だったが、

阪神JFとオークスに優勝し、

世代トップクラスの能力は

疑いようがない。

昨秋は毎日王冠、天皇賞(秋)、

ジャパンCの路線を歩んだが、

一線級牡馬の壁は厚かった。

阪神牝馬Sは流れが緩く

脚をタメることができなかった。

走り慣れた東京、

マイルにも問題はないので改めて。

 

【ミスパンテール】

4連勝中。

ターコイズSから京都牝馬S、

阪神牝馬Sと、牝馬限定重賞を

席巻している。

桜花賞16着、オークス10着と完成前の

3歳春にもチューリップ賞で

ソウルスターリングの2着、

リスグラシューには先着していた。

ここへきて高い素質が開花した。

前走は逃げ切りだったが、

レースぶりは自在。東京でも。

 

【レッツゴードンキ】

6歳世代の桜花賞馬。

3年連続出走の高松宮記念は⑧②②着。

短距離馬としての地位は

確固たるものにした。

Vマイルは4歳時10着、5歳時11着で

3度目の挑戦。

マイル自体に問題はないので気負わなければ。

 

【デアレガーロ】

兄姉に活躍馬が多く、

着実に上昇を辿っている。

京都牝馬Sでミスパンテールに

0秒1差で食い下がり、

重賞でも楽しみに。

スムーズに折り合いが

つけば更に切れる脚を使えそう。

 

【デンコウアンジュ】

阪神牝馬Sで復帰し、

2着した前年と同様のローテーションで臨む。

昨年4着の福島牝馬Sで今年は3着。

逃げたカワキタエンカに

クビだけ及ばなかった。

東京1600メートルに限れば①②④着。

確実に末を伸ばしてくる。

 

【ジュールポレール】

昨年は阪神牝馬S3着から当レースでも3着。

今年の阪神牝馬Sはゴール前の

不利がなくても着順は変わらなかっただろうが、

着差は詰まっていた可能性がある。

兄にマイルGⅠ勝ちのサダムパテック。

もう一段の成長があっていい。

 

 

【ヴィクトリアマイル2018】無料予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ07
好位10051402
中位16一団
後方13

<印付き予想>

◎16リスグラシュー
〇10アエロリット
▲04ジュールポレール
☆06レッドアヴァンッセ
人気ブログランキングへ
△0102050709111415

穴馬はは人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

馬場(状態)は問わないので、

長い直線を生かして、

スムーズに末脚を発揮できれば。

馬券内の可能性は

大いにある。

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴-印

馬連

◎-〇▲☆穴

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク