Pocket

今回は、ヴィクトリアマイル2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

春のマイル女王決定戦であるヴィクトリアマイル。

2015年に3連単2000万馬券が出たように、

人気薄の激走がよく見られるGI。

ただ、歴代の優勝馬を見ると、

ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど

名牝がズラリと穴人気ばかりが

好走しているわけではない。

馬券的に難解なGIではある。

今年も、春の古馬女王決定戦に

ふさわしい好メンバーが集結。

人気は4歳勢に集まりそうだが、

果たしてどの馬が女王の座に輝くか。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切り

見て勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

【ヴィクトリアマイル2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①

<レッツゴードンキ>

(前回) 栗坂不 強 目
→1回 53.2 38.3 25.3 12.8

5/6 栗坂良 馬なり
→1回 54.9 39.6 25.9 13.1

5/9 栗坂不 一 杯
→1回 55.0 38.9 24.6 11.9

5/11 栗坂良 馬なり
→63.4 46.0 29.3 14.1

【最終追い切り評価】

寸詰まりの体形で、脚の回転も速い。

マイルはギリギリか。

乗り込み量は豊富で

馬体は仕上がっており、

気配はいいのだが。

 

<ミスパンテール>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.9 37.6 24.6 12.4

4/29 栗坂良 馬なり
→1回 54.8 38.9 25.3 12.4

5/2 栗CW良 叩一杯
→80.5 65.3 51.4 38.2 11.8 ⑨

5/9 栗坂不 馬なり
→1回 53.9 38.2 24.8 12.5

【最終追い切り評価】

精神面で成長。

行きっぷりこそいいが

掛かっている感じはなく、

全身をうまく使って

グングンと加速してきた。

馬体もキュッと引き締まっている。

連勝中の勢いが感じられる

 

<ラビットラン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.2 66.6 51.3 37.4 11.6 ⑦

5/2 栗CW良 末強目
→86.9 69.5 54.0 39.6 11.8 ⑧
レッドウィズダムの外追走0.3秒先着

5/6 栗坂良 馬なり
→1回 55.0 39.7 25.6 12.3

5/9 栗CW不 馬なり
→85.8 69.7 54.7 40.3 12.0 ⑧
スマートモノリスの内0.4秒追走アタマ先着

【最終追い切り評価】

腹回りがスカッとした体形で

馬体減がなさそうなのはいい。

一瞬口向きの悪さを出したが、

柔軟な走り。叩いて心肺も強化か。

 

<ジュールポレール>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.7 37.5 24.6 12.2

4/29 栗坂良 馬なり
→1回 57.6 40.8 26.5 13.0

5/2 栗坂良 一 杯
→1回 51.2 36.8 24.2 12.1

5/9 栗坂不 末強目
→1回 51.3 37.0 24.4 12.3

【最終追い切り評価】

先週は目一杯に追われたが、

今週は同じような時計を

余力十分にマークした。

切れのある脚捌きで

体も締まってきた

叩いて上向き。

 

<レーヌミノル>

(前回) 栗CW不 馬なり
→74.6 58.1 42.9 12.5 ⑧

4/25 栗CW不 末強目
→86.5 70.4 55.0 40.9 12.8 ⑥

5/2 栗CW良 叩一杯
→79.5 63.6 49.6 37.2 11.9 ⑨
タガノヴェリテの外を1.4秒追走3F併0.7秒先着

5/9 栗CW不 馬なり
→84.9 68.9 53.4 40.3 12.2 ⑨

【最終追い切り評価】

1週前に目一杯追う、

いつものパターンだが、

今回の方が順調だし、

当週は負荷がかかっている。

折り合いもピタリで、

状態アップ。

 

<レッドアヴァンセ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.2 38.3 24.8 12.4

5/2 栗坂良 一 杯
→1回 51.4 37.4 24.8 12.6
アメリカズカップに0.1秒先行0.6秒先着

5/6 栗坂良 馬なり
→1回 57.0 42.0 27.6 13.9

5/9 栗坂不 強 目
→1回 53.0 37.9 24.5 12.2
アメリカズカップに0.3秒先行0.6秒先着

【最終追い切り評価】

重心が低く安定し、

この馬らしい切れのあるフットワーク

仕掛けられるとスッと

相手を引き離したように、

反応も上々だ。

 

<カワキタエンカ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 57.8 42.1 27.0 12.8

5/9 栗坂不 馬なり
→1回 61.2 44.5 29.1 14.5

【最終追い切り評価】

気性面を考慮して15-15。

GⅠに臨むにあたっては

心許ない調教量だが、

最近はこんな調整で

いい結果が出ている。

体に緩みはなく、

フットワークも軽い。

好調を維持している。

 

<クインズミラーグロ>

(前回) 栗CW良 馬なり
→67.4 51.7 37.6 12.1 ⑥

4/26 栗坂重 馬なり
→1回 54.6 40.0 25.6 12.5

5/2 栗CW良 直強目
→66.3 50.9 37.1 11.6 ⑤

5/9 栗CW不 馬なり
→70.5 54.6 40.1 12.8 ④

【最終追い切り評価】

筋肉が浮いて好馬体で

体重より大きく見せる。

3角は内を回って、

いつものようにやや手控えたが、

モチベーションは高そう。

 

<ソウルスターリング>

(前回) 南W良 馬なり
→67.3 51.3 37.9 12.4 ⑦

5/2 南W良 馬なり
→71.1 54.7 40.1 12.5 ⑨

5/6 南W良 馬なり
→57.2 42.3 12.7 ⑧

5/9 南W重 馬なり
→69.3 52.9 39.5 13.4 ⑦

【最終追い切り評価】

ルメール騎手が騎乗して、

折り合い重視の追い切り。

それでも少し行きたがっていたのは

やはり気になる。

動きは力強く、

体の張りもいいが、

完全復調とまでは言いがたいか。

 

【ヴィクトリアマイル2018】出走馬の調教・最終追い切り評価①まとめ

今回は、ヴィクトリアマイル2018

出走馬の調教・最終追い切り

評価をしました。

調教・最終追い切りを見て

良かったと思う馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

左回りは合うし、

前走のメンバーや

レース内容を考えても、

ここでも引けを取らないと思う。

好位でうまく流れに乗りたい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク