Pocket

今回は、ユニコーンステークス2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

4月21日から行われてきた東京開催は

残り2週となったが、

今週は最後の平地重賞となる

3歳ダートGⅢユニコーンSが行われる。

1996年の第1回のシンコウウインディに始まり、

97年タイキシャトル、98年ウイングアロー、

99年ゴールドティアラ、2000年アグネスデジタル、

03年ユートピア、05年カネヒキリ、13年ベストウォーリア、

15年ノンコノユメ、16年ゴールドドリームと、

優勝馬の約半分が後にGIを制している出世レース。

世代のダートの猛者が一挙に集結するレースだけあり、

この一戦を勝った馬は将来の飛躍が

約束されているといっても大げさではない。

今年は、どの馬がユニコーンステークスを制し、

今後のダート界の主役候補となるのか!?

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りから

好走しそうな馬を探っていきたいと思います。

 

【ユニコーンステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①

<エングローサー>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 55.7 40.5 26.6 13.1

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 56.7 41.4 26.8 12.9

6/6 栗CW不 一 杯
→81.4 65.7 50.8 37.8 12.3 ⑦
ビップデヴィットの外を1.1秒追走0.8秒先着

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 56.7 40.7 26.5 12.9

【一週前追い切り評価】

距離延長を意識し、コースでハードに追う。

3頭併せで最先着を果たし、

外を回って長く脚を使っていた印象。

スタミナ面は強化できている。

 

<グリム>

(前回) 栗CW不 直強目
→83.0 67.9 52.7 38.0 12.0 ④

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 58.0 43.5 29.3 14.7

6/6 栗CW不 馬なり
→84.4 67.9 52.1 38.3 12.3 ⑦
ロードレガリスの外を0.5秒先行同入

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 59.2 43.2 28.4 13.3

【一週前追い切り評価】

折り合い重視の併せ馬。

前走から大きく変わった

印象こそはないが、

時計以上に素軽い走り。

余力十分で、馬も元気。

 

<バイラ>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 56.4 40.7 25.1 12.5

5/27 栗坂良 馬なり
→1回 54.5 39.2 25.2 12.7

5/31 栗CW良 馬なり
→83.8 68.0 53.0 38.7 12.7 ⑦
タガノデジェーロの外を1.7秒先行同入

6/6 栗CW不 一 杯
→78.7 64.7 51.4 38.3 12.9 ⑨
タガノデジェーロの外を1.7秒追走3F併0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

コースでびっしり追って6ハロン78.7秒。

未勝利馬に遅れたのは誤算だったが、

最後までしぶとく食い下がっていた。

このひと追いで変わってきそう。

 

<ハヤブサマカオー>

(前回) 栗CW不 一 杯
→82.0 66.7 52.4 39.3 12.8 ⑧

5/31 栗CW良 一 杯
→79.2 65.0 51.6 39.6 13.5 ⑧

6/7 栗P良 一 杯
→78.7 62.8 49.1 36.5 12.0 ⑨

6/10 栗P良 馬なり
→58.7 42.7 12.8 ⑧

【一週前追い切り評価】

ウッドでは甘くなる傾向だが、

ポリトラックだと勢いは

鈍らずスピーディーな加速。

1度使った分の上積みはありそう。

 

<ホウショウナウ>

(前回) 栗CW重 直強目
→81.4 65.9 51.4 38.7 13.3 ⑧

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 60.4 42.8 26.5 13.1

6/6 栗CW不 一 杯
→84.1 67.2 52.4 39.0 13.3 ⑨
メイショウタチマチの外同入

6/10 栗CW良 馬なり
→86.6 70.8 55.7 41.3 12.9 ⑥
サンライズクロンヌの内を0.3秒追走3F併同入

【一週前追い切り評価】

けいこは目立たない馬。

先週も若干もたついたが、

順調にメニューを消化し、

久々好走の反動はなさそう。

 

<グレートタイム>

(前回) 栗CW良 馬なり
→82.9 66.3 51.3 38.0 11.9 ⑦

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 42.2 27.6 13.5

6/6 栗坂不 馬なり
→1回 54.8 39.2 25.3 12.9
ビービーシールズを0.4秒追走同入

6/10 栗CW良 馬なり
→39.7 12.1 ⑦
ビービーシールズの内を0.3秒追走同入

【一週前追い切り評価】

終始楽な走り。

落ち着きも十分で、

状態は高いレベルで安定している。

 

<コマビショウ>

(前回) 栗坂良 末強目
→1回 52.8 38.5 25.3 12.6

6/1 栗坂稍 馬なり
→1回 54.9 39.4 25.2 12.5

6/7 栗坂不 馬なり
→1回 53.3 38.8 25.2 12.8
メイショウスミトモを0.1秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

馬場の荒れた後半の

時間帯であったが、

スムーズな加速で併走馬を引き離した。

 

<ソウルセイバー>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.0 38.7 25.1 12.6

6/6 栗坂不 強 目
→1回 56.2 40.6 25.8 12.8

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 42.2 27.4 13.6

【一週前追い切り評価】

ダイナミックな走りで力強さは十分。

しまいに切れるタイプではなく、

時計も及第点。

 

<タイセイアベニール>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 54.5 38.7 25.1 12.3

6/3 栗坂良 馬なり
→1回 61.0 42.3 26.5 13.0

6/6 栗坂不 強 目
→1回 54.4 39.5 25.8 12.5

6/10 栗坂良 末一杯
→1回 59.6 40.5 25.9 12.5

【一週前追い切り評価】

ラスト1ハロンで一気に加速し、

上々の伸びを見せた。

乗り込み量も豊富で疲れは感じさせない。

 

<ダンケシェーン>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 56.0 39.9 24.9 12.2

5/30 栗CW良 一 杯
→80.3 65.1 51.6 38.9 12.9 ⑨
アルレーサーの外を0.5秒追走3F併クビ先着

6/6 栗坂不 馬なり
→1回 51.6 37.5 25.0 12.7

【一週前追い切り評価】

もともと調教から動くタイプ。

外々を回り、余力を残してのフィニッシュ。

スピード能力の高さを示した。

 

 

【ユニコーンステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①まとめ

今回は、ユニコーンステークス2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価①

しました。

この中で、調教・一週前追い切り

良かったと思う馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

併せ馬になったら抜かせない

勝負根性があり、レースセンスも良い。

前走勝利の同じ舞台での

大崩れは考えにくい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク