Pocket

今回は、マーメイドステークス2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

2週目に入る阪神では

日曜メインに牝馬限定の

ハンデGⅢマーメイドステークスが行われる。

昨年こそ、ハンデ54から55キロの

実績馬が1~3着を占めたが、

格下の条件馬が軽ハンデを生かして

馬券に絡むことも多く、

狙いが絞りづらい

難解なレースになっている。

ここでは、マーメイドステークス2018

過去10年のデータ分析をし

好走しそうな馬を

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【マーメイドステークス2018】予想オッズ

1番人気キンショーユキヒメ    4.0
2番人気ミリッサ                   4.3
3番人気トーセンビクトリー    5.0
4番人気レイホーロマンス       5.3
5番人気エテルナミノル          8.0
6番人気ミエノサクシード     13.0
7番人気アンドリエッテ        17.4
8番人気エノマン                 18.5
9番人気ワンブレスアウェイ  22.2

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

 

【マーメイドステークス2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気   【2.1.1.6】
2番人気   【1.1.2.6】
3番人気   【2.0.0.8】
4番人気   【0.1.1.8】
5番人気   【0.0.2.8】
6番人気   【1.0.1.8】
7番人気   【1.3.0.6】
8番人気   【1.0.0.9】
9番人気   【1.0.0.9】
10番人気 【0.2.2.6】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【1.0.0.9】
13番人気 【0.1.1.6】
14番人気 【0.1.0.6】
15番人気 【0.0.0.3】
16番人気 【0.0.0.3】

2008年以降の

3番人気以内のトータル成績は【5.2.3.20】。

信頼度は決して高くなく、期待値も低め。

10番人気以下が8頭も

馬券に絡んでいることからもわかるように、

波乱傾向の強さはかなりのものだ。

なにしろ、馬連の3桁配当は

一度もないのだから、

買おうと思えばどこからでも買えてしまう。

「人気薄の激走を積極的に狙ったほうが、

好結果を呼び込みやすい」。

 

【枠順別】

1枠 【2.0.2.9】
2枠 【0.1.1.11】
3枠 【1.0.0.16】
4枠 【0.3.2.13】
5枠 【1.2.2.15】
6枠 【2.1.1.16】
7枠 【2.2.1.15】
8枠 【2.1.1.16】

枠順については、

2013年から5年連続で

連対を果たしている外枠(6~8枠)の

活躍が顕著。

一方で、1枠が2015年から3年連続で

馬券に絡んでいるように、

内枠絶対不利というわけではない。

当然、馬のタイプによって

内外の向き不向きの差は出てくるだろうが、

基本的には枠順の内外を

それほど意識する必要はない。

それよりも当日の

バイアス(内外の有利不利、前後の優劣など)に

気を配ったほうがいいだろう。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.3.0.6】
先行馬 【3.2.1.31】
差し馬 【4.3.5.40】
追込馬 【2.2.4.34】

<上がり3F>

1位   【4.2.2.3】
2位   【1.0.5.6】
3位   【1.2.1.7】
~5位【2.3.1.17】
6位~【2.3.1.78】

<4角位置別>

4角1番手    【2.4.0.4】
2番手以内   【4.4.0.17】
3番手以内   【4.5.1.25】
4番手以内   【4.5.1.36】
5番手以内   【6.7.2.47】
7番手以内   【8.8.3.60】
10番手以内 【8.8.7.80】

2番手以下   【8.6.10.107】
3番手以下   【6.6.10.94】
4番手以下   【6.5.9.86】
5番手以下   【6.5.9.75】
7番手以下   【4.3.8.60】
10番手以下 【2.2.3.35】
13番手以下 【1.1.1.14】
16番手以下 【0.0.0.1】

脚質別成績では、

やや逃げ・先行優勢の傾向にあるようだが、

2008年以降の結果を検証すると、

展開次第でなんでもアリ。

なぜなら、4角先頭馬が2勝を含む6連対

好成績を残している一方で、

4角5番手以下の馬も6勝を含む11連対という

好パフォーマンスを見せているからだ。

そのうえ、2011年1着のフミノイマージンや、

2015年1着のシャトーブランシュなど、

後方から突っ込んで来る

上位入線馬も後を絶たない。

従って、脚質にこだわるのではなく、

各馬の舞台適性を重視すべきと言えよう。

 

【斤量別】

53.0㎏【6.2.3.22】
55.0㎏【2.1.1.14】
56.0㎏【1.1.1.13】
48.0㎏【1.0.0.2】
50.0㎏【0.2.1.12】

2008年以降の斤量別成績を検証すると、

軽ハンデの馬が好成績。

53キロの6勝を含む8連対を筆頭に、

54キロ以下が7勝を含む15連対と、

想像以上に偏った傾向が出ている。

対照的に55キロ超の重ハンデ馬は苦戦が続いており、

馬券に絡んだのはすべてトップハンデ馬。

つまり、「55キロ超の負担重量を課された馬は、

トップハンデ以外は大幅な割引材料」になる。

 

【年齢別】

3歳【0.0.0.3】
4歳【2.1.4.30】
5歳【7.6.4.55】
6歳【1.3.1.18】
7歳【0.0.1.4】
8歳【0.0.0.1】

5歳馬が圧倒的に良い成績を

収めている。

 

【前走別】

<レース別>

パールS組       【3.1.2.18】
メイS組          【2.0.0.2】
ホンコンJT組 【1.0.0.0】
大阪城S組       【1.0.0.0】
愛知杯組          【1.0.0.1】

<距離別>

1800m組 【6.5.3.47】
2000m組 【4.3.0.20】
1600m組 【0.1.5.29】
2400m組 【0.1.1.6】
2500m組 【0.0.1.1】

◆同距離【4.3.0.20】
◆延長【6.6.8.84】
◆短縮【0.1.2.7】

<間隔別>

中3週組         【4.3.3.31】
中2週組         【2.0.2.17】
中10週以上組 【2.0.1.10】
中1週組         【2.0.0.8】
中4週組         【0.2.3.21】

前走レース別成績は、

1600万下のパールS組が

【3.1.2.18】。

一昨年のリラヴァティら最多3勝をあげ、

連対率16.7%・複勝率25.0%。

他では、出走数が多いヴィクトリアマイル組は、

【0.1.3.20】で勝ち星なし。

連対率4.2%・複勝率16.7%と低く、

苦戦傾向にある。

福島牝馬S組も【0.1.0.9】で勝ち星がなく、

連対率・複勝率1%と低い。

<クラス別>

GⅠ        【0.1.3.22】
GⅡ        【1.0.2.8】
GⅢ        【1.2.0.18】
OP特別   【1.2.0.18】
1600万下【3.3.3.38】
1000万下【2.2.1.10】
500万下  【0.0.0.2】

前走レース別成績は、

前走1000万下組が【2.2.1.10】。

12年グルヴェイグら2勝をあげ

連対率26.7%・複勝率33.3%と高い。

格上挑戦となる前走1000万下組に要注意。

前走オープン特別組は、【3.2.1.13】で

昨年のマキシマムドパリら3勝。

連対率26.3%・複勝率31.6%と

前走重賞組より高く、注目

 

 

【マーメイドステークス2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、マーメイドステークス2018

データ分析・過去10年の傾向まとめを

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

今回は前走から2キロ減のハンデ戦

過去の重賞実績を考慮した上で

このハンデはなかなか魅力的。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク