Pocket

今回は、ホープフルステークス2017の無料予想と有力馬の調教・最終追い切り後の評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中央競馬、今年最後のGⅠ、皐月賞と同じコースで今後にも繋がるレースです。

今年の中央競馬、最後のGⅠ的中で締めくくりたいですね。

それでは、有力馬の調教・最終追い切り後の評価をしていきたいと思います。

 

【ホープフルステークス2017】有力馬の調教・最終追い切り後の評価

<ルーカス>

(前回) 南W稍 馬なり
→53.1 38.0 13.1

12/17 南坂良 馬なり
→1回 56.0 40.9 26.0 12.9

12/21 南W良 馬なり
→71.2 55.2 40.3 13.5
ウムブルフの外を0.7秒先行0.2秒先着

12/26 南坂良 末強目
→1回 58.3 42.0 27.1 13.4

【調教評価】

前日に南Wコースの直線で放馬したので、

坂路でやり直し。

チークピーシズを着用していたが、

やはりゴール前では、気の悪さを見せて、

外に切れ込んでいた。

 

<タイムフライヤー>

(前回) 栗坂良 一 杯
→2回 52.9 38.3 24.9 12.5

12/20 栗CW良 馬なり
→73.5 57.8 43.0 13.0

12/23 栗坂良 一 杯
→2回 52.7 38.3 25.2 12.6
マイスターシャーレを0.1秒追走同入

12/26 栗坂稍 馬なり
→1回 60.4 43.6 28.5 13.1
タニノミステリーを1.3秒追走0.4秒遅れ

【調教評価】

馬体をピッタリと並べての追い比べで、気迫が感じられた。

中間もバリバリとやれており、

順調そのもの。毛ヅヤや張りもいい

 

<フラットレー>

(前回) 南W稍 馬なり
→70.3 54.1 40.3 12.9

12/17 南坂良 馬なり
→1回 54.9 40.5 26.8 13.2

12/20 南W良 馬なり
→70.2 53.9 39.3 13.9
ラボーナの内を1.2秒追走同入

12/25 南W稍 馬なり
→71.3 54.7 40.3 13.2
キングドラゴンの外を0.4秒追走同入

【調教評価】

3頭併せの一番後ろから進んで、

直線に向いたところで外へ。

1ハロン過ぎに軽く促すと

ギアが変わったように一気に加速

素晴らしいストライドで駆け抜けてきた

態勢は万全

 

<ジャンダルム>

(前回) 栗CW良 一 杯
→83.0 65.8 51.3 38.1 11.6

12/16 栗CW良 一 杯
→81.4 65.0 50.2 37.2 12.3
クライムメジャーの内を0.5秒追走0.1秒先着

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 55.6 41.1 27.4 13.7

12/24 栗坂良 強 目
→1回 52.5 37.9 24.5 12.1
スヴァルナを0.6秒追走0.5秒先着

【調教評価】

変則開催に備え、この中間は週末に追い切られてきた。

乗り込み量は十分で、仕上がり良好

最終調整は坂路で気合をつけられると

いい反応を見せ、アッサリ先着してきた

 

<サンルヴァル>

(前回) 栗CW良 一 杯
→7F98.1 65.4 51.7 38.3 12.5

12/17 栗坂良 一 杯
→1回 52.5 38.1 24.7 12.4
ディープオーパスを0.3秒追走同入

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 59.2 43.9 29.0 14.5

12/24 栗CW良 直一杯
→85.9 68.6 53.2 38.5 11.4
ディープオーパスの内を0.4秒追走0.2秒先着

【調教評価】

やや気の勝ったタイプだが、

柔軟な走りで高いモチベーション

背が伸びて馬体も大きくなっている

いきなり能力全開か

 

<トライン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.5 38.3 25.0 12.1

12/17 栗坂良 馬なり
→1回 61.2 44.8 29.5 14.2

12/20 栗坂良 末一杯
→1回 54.1 39.6 26.0 12.0

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 60.1 44.0 28.5 13.5

【調教評価】

強い調教は20日(水)の1本だけだが、

体は引き締まっている。

その20日は終いに一杯に追われて好反応

父の産駒らしい素軽さがある。

落ち着きも十分で、心身とも好状態

 

<ステイフーリッシュ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.3 38.3 25.3 12.9

12/20 栗坂良 馬なり
→1回 55.7 41.0 27.2 13.3

12/24 栗坂良 末強目
→1回 52.9 38.3 25.2 12.6
リーゼントロックを1.3秒追走0.2秒先着

【調教評価】

24日(日)は先着したものの、

内にモタれ気味で力感は今ひとつ。

馬体もまだ非力。

 

<シャルルマーニュ>

(前回) 栗坂稍 馬なり
→1回 53.9 38.5 26.0 13.4

12/16 栗CW良 馬なり
→86.7 70.4 54.4 39.4 11.8
キタサンブラックの内を0.5秒先行0.1秒先着

12/20 栗坂良 一 杯
→1回 53.1 38.5 25.4 13.1

12/24 栗坂良 馬なり
→1回 58.5 42.0 26.3 12.3

【調教評価】

少し間隔は開いたが、乗り込みは順調。

張りツヤのいい馬体が目立つ。

脚取りもしっかりしており、

好調キープと見ていいだろう。

 

【ホープフルステークス2017】有力馬の調教・最終追い切り後の評価まとめ

今回は、有力馬の調教・最終追い切り後の評価をしてきました。

その中でも良いと思った馬を、

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

ここを目標に順調。

追い切りはテンの入りが少し遅くなったけど、

終いは速い時計が出た。

スッといい位置で折り合えて

切れる脚を使えるし、根性もある。

同舞台経験があるのもプラス。
現時点で不安要素や心配はない。

期待できる。

The following two tabs change content below.
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク